楽天銀行スーパーローンで即日融資を受けられる?口座開設は必要?

楽天銀行スーパーローンで即日融資

カードローンを検討している人の中には、楽天銀行スーパーローンに興味を持っている人も多いでしょう。

確かに知名度が大手都市銀行に劣らないほど高く、楽天市場や銀行口座を利用している人には親しみやすいかもしれません。とは言え、実際にお金を借りるとなると別問題。申し込む前に基本的な情報を把握しておいた方が安心です。

そこで今回は、楽天銀行スーパーローンで即日融資が受けられるのか、融資を受けるために口座開設は必要なのかなど、詳しい情報を集めてみました。

楽天銀行カードローンの審査基準は甘い?学生やアルバイトにもおすすめ!

※本ページにはPRが含まれます。

楽天銀行スーパーローンは2018年から即日融資ができない!

お金が借りられるカードローンを大きく分類すると、銀行系と消費者金融系、信販会社系の3種類に分けられます。

中でも、特に厳しい規制が設けられているのが銀行系のカードローンです。

確かに、以前は銀行系のカードローンにも関わらず即日融資が受けられるタイプもありました。ですが、銀行の業界団体である全国銀行協会の規制方針が見直された結果、2018年からはネット銀行を含む全ての銀行に対してカードローンの即日融資ができなくなりました。

ユーザーの多さや知名度の高さから、一般的な銀行カードローンよりも親しみを感じている人も多いでしょう。

とはいえ、そもそも楽天銀行スーパーローンはネット銀行である楽天銀行が取り扱っている金融商品です。しかも、楽天銀行は全国銀行協会の準会員ですから、当然ながら協会が定めた規制方針を厳守しなければなりません。

つまり、どんな優良ユーザーであっても楽天銀行スーパーローンで即日融資を受けることはできないのです。

今日中にお金を借りたいなら消費者金融がおすすめ

銀行系のカードローンには安心感という大きなメリットがありますが、規模に関わらず即日融資は受けられません。

どうしても今日中にお金が必要、直ぐにでも借入をしたいという場合は消費者金融系のカードローンに申し込んでみましょう。

もちろん、全ての人が無条件で即日融資を受けられる訳ではありませんが、銀行カードローンと違って即日融資に関する規制が課せられていない分、借入を申し込んだその日に融資が受けられる可能性が高いのです。

中には、土日や祝日であっても最短30分で審査結果が出るケース、または申し込んでからたった1時間ほどで融資が受けられるケースなどもあり、銀行系のカードローンとは比較にならないほどスピーディーな対応が特徴です。

楽天銀行スーパーローンから最短でお金を借りる4つのポイント

楽天銀行スーパーローンは即日融資こそできないものの、早ければ借入を申し込んだ翌日に融資が受けられる人もいます。

その一方で、借入を申し込んでから融資を受けるまで2週間以上もかかったという人もいるのです。

なぜ人によって審査にかかる時間が違うのか、その理由の1つに2018年から導入された反社確認の義務化が挙げられます。

銀行が融資の審査を行う場合、警察庁で構築された反社会的勢力データベースへの照会が義務づけられているのです。

だからと言って、黙って待っているしかないとも限りません。

ここでは、楽天銀行スーパーローンに課せられている規制を守りつつ最短でお金を借りるにはどうしたら良いのか、4つのポイントに分けて説明しましょう。

平日の早い時間帯に審査を受ける

楽天銀行スーパーローンからお金を借りるには、新規で申し込む時に受ける審査と融資の手続き両方を済ませておく必要があります。

特に、新規申込時の審査は時間がかかるため、平日の早い時間帯に行った方が良いでしょう。

銀行業務は一般企業より業務時間がシビアですから、夕方に申し込むと翌日まで一晩ムダになってしまうケースも珍しくありません。

平日の早い時間帯に新規申込を済ませた場合、早ければ同日の夕方には審査が通過した旨の連絡が入ります。

すると、新規で申し込んだ日の夕方には融資の手続きまで行えますので、最短である翌日に融資が受けられる可能性が高まるのです。

在籍確認を早めに済ませる

銀行側が申込者の勤め先に電話をすることを「在籍確認」と言い、楽天銀行スーパーローンの審査に欠かせない過程です。

申込者が申告した会社で働いていると電話で確認できれば、安定した収入を得ていると判断されます。

つまり、在籍確認が済むまでは楽天銀行スーパーローンから融資が受けられませんので、早めに済ませておくことが肝心なのです。

在籍確認のタイミングは本人確認の際に電話して欲しい時間帯をリクエストできますが、仕事に不測の事態はつきもの。

取引先から急な呼び出しを受けたり会議が長引いたりすると、電話に出られないケースもあるでしょう。

在籍確認を迅速に済ませるには、申し込み当日であるのはもちろん確実に対応できる時間帯を伝えておきましょう。

カードローンの審査は在籍確認が必要?電話連絡なしで融資を受ける方法はある?

楽天銀行の口座を開設している

店舗を構えている銀行や消費者金融であれば、店頭の窓口でローンカードの現物を受け取ることが可能です。

場合によっては、無人契約機で受け取ることもできるでしょう。

ですが、楽天銀行スーパーローンは店舗を構えていないネット銀行の商品ですから、窓口や無人契約機などでローンカードを受け取ることはできません。

つまり、楽天銀行スーパーローンのローンカードを受け取るには後日郵送されてくるのを気長に待つしかないのです。

できるだけ早くATMでキャッシングしたいという場合は、楽天銀行の口座を事前に開設しておきましょう。

楽天銀行の口座を開設しておけば、楽天銀行スーパーローンの融資金を口座に振り込んでもらえます。

したがって、たとえローンカードが届いていなくても楽天銀行のキャシュカードさえあれば、口座に振り込まれた融資金を引き出せるのです。

楽天銀行の口座へ振込キャッシングをする準備ができている

一般的なカードローンの場合、たとえ同じ銀行の口座であっても振込融資が受けられるのは営業時間内のみ。

早いところでは、平日の14時までしか振込融資を行ってくれません。

一方、楽天銀行スーパーローンから楽天銀行口座への振込融資は24時間365日。一般的なカードローンに比べて利便性が格段に高いのが特徴です。

ただし、楽天銀行スーパーローンから楽天銀行口座へ振込融資を受けるには、振込先の指定口座が楽天銀行になっているのが条件。

この手続きさえ済ませておけば、利用限度額の範囲内で即座に融資が受けられるのです。

ちなみに、楽天銀行の口座を持っていない人でも利用できますが、他銀への振込融資を受けるには時間制限がありますので注意が必要です。

なお、同じ楽天銀行でも口座とスーパーローンの審査は別物。口座を開設しているからといって必ずしも審査に通るとは限りません。

楽天銀行スーパーローンの審査は土日におこなわれないので注意!

楽天銀行はネット銀行ですから、インターネット経由であれば曜日や時間に関わらず申し込むことは可能です。

ですが、楽天銀行スーパーローンの審査が行われているのは平日のみ。土日や祝日は審査自体が行われていませんので注意が必要です。

もちろん、インターネット経由であれば土日や祝日に申し込んだ場合でも「受け付けました」という返信メールが届きますが、これはあくまで自動返信によって処理されています。

土日や祝日に新規申込を行っても営業日である平日まで実際の審査は行われませんので、待ち時間だけが長引いてしまいます。

少しでも早くお金を借りたいと思っているなら、時間のロスを省いて待ち時間を短縮するのが賢い方法です。

土日や祝日に新規申込をするよりも平日の早い時間帯に申し込んだ方が待ち時間が短くて済む分、効率的と言えるでしょう。

休業日を挟むと融資までの期間が長引くので気をつけよう

通常の土日はもちろんですが、特に年末年始やゴールデンウィークなど暦上の休日は楽天銀行の休業日にあたります。

そのため、大型連休の直前に申し込んだ場合、審査がスタートするのは連休明けの平日です。

つまり、次の営業日までは全く審査が進まず待ち時間だけがムダに長引いてしまいます。

お金を借りようとしている人にとって、融資を申し込んでから実際にお金を受け取るまでの期間は、長ければ長いほど不安が募るモノ。平常心を保つのは簡単ではありません。

だからこそ、できるだけ待ち時間が短縮できるように休業日を挟まないように申し込みましょう。

楽天銀行スーパーローンの融資が長引いてしまう4つの理由

楽天銀行スーパーローンで借入の権利が与えられるのは、初めて申し込んだ時に必ず行われる新規の審査に通過した人だけです。

新規の審査に通った人は、最も大きな山場を乗り越えたと言えるでしょう。

ですが、たとえ新規の審査に通ったからといって誰もがスムーズにその後の融資を受けられるとは限りません。

中には、新規の審査に通ったにも関わらず融資を受けるまでに数週間も待たされたという人もいるのです。

ここでは、融資が長引いてしまう代表的な4つの理由について説明しましょう。

長期休暇を挟んだため審査が進んでいない

楽天銀行スーパーローンで何度となく融資を受けているのに今回に限って審査が長引いている、それは長期休暇が影響しているのかもしれません。

楽天銀行スーパーローンは、一定の条件さえ満たしていれば学生や主婦であっても利用できる可能性を秘めた数少ない銀行系のカードローンです。

そのため、そもそものユーザー数が他の銀行系カードローンよりも多めだと言われています。そ

の上、社会人だけでなく学生にとっての長期休暇も融資審査の進み具合に大きな影響を与えているようです。

申込が混み合う長期休暇を挟まないように、余裕をもったスケジュールで借入を申し込むように気を付けましょう。

申込者が殺到し審査が混雑している

楽天銀行スーパーローンの融資が長引いてしまう要因として、申込者が殺到して審査が混雑しているケースが挙げられます。

全てのカードローンに言えることですが、出費が増える時期ほど融資の申し込みが集中する傾向にあります。

年末年始や引っ越しシーズンはもちろん、クリスマスやバレンタインといったイベント時にもカードローンの需要が高まります。

また、時間的な要因も審査が滞る理由です。

同じ平日でも正午前後は昼休みに申し込む人が急激に増え、夕方5時以降は大学帰りの学生や仕事帰りの人から申込みが集中します。

つまり新規申込の審査時と同様に、融資の申込みをする時も平日の早い時間帯が理想的なのです。

少しでも早くお金を借りたいという場合は、融資の申込みが集中的に増える時期や時間帯を避けた方が良いでしょう。

会社内でトラブルなどの優先事項が起きた

楽天銀行スーパーローンに限ったことではありませんが、会社内で何等かのトラブルが発生した場合、融資の審査よりもトラブルの解決へ向けて総力が注がれるのは当然でしょう。

申込みから融資を受けるまでの待ち時間は、借入を心待ちにしているユーザーにとって心地よい時間とは言えませんが、むしろ会社内のトラブルを放置したまま次々と融資を行っている方が問題。

特にシステム障害であれば、一刻も早い復旧こそがユーザーの利益に繋がると言えるでしょう。

ただし、定期的に行われるシステムメンテナンスについてはあらかじめ告知されますので、支障が出ないように借入の計画を立てておくことは可能です。

審査基準ギリギリなので通すか落とすか悩んでいる

おおよその審査基準には合格しているが一部の基準に対する評価がギリギリだった場合、お金を貸す側の銀行としては通すか落とすか悩ましいと思うのも当然でしょう。

楽天銀行スーパーローンの長期ユーザーの中には、ある日突然、出金できなくなったという人もいるのです。

特に、支払いの延滞トラブルには要注意。楽天銀行スーパーローンに対してはもちろん、たとえ他社のカードローンであってもリスク要因と見なされてしまいます。

また、楽天銀行スーパーローンの審査はローンカードの発行後にも定期的に行われています。

この審査は「モニタリング調査」または「途上与信」とも呼ばれており、他社に比べて頻度が高いだけでなく厳しいとも言われているのです。

クレジットカードの利用状況に不審な点がある、楽天銀行スーパーローン以外のカードローン会社で限度額を広げているなども不利な評価に繋がります。

即日融資を受けたい方は消費者金融カードローンがおすすめ!

銀行系のカードローンは、規模の大小に関わらず即日融資が受けられないシステムになっています。

なぜなら、2018年から義務づけられている警察庁の反社会的勢力データベースへの照会に、最低でも1日は必要だからです。

明日では間に合わないという場合は、即日融資が受けられる消費者金融カードローンがおすすめです。

消費者金融カードローンには銀行系のような即日融資に関する規制が設けられていません。

しかも、消費者金融カードローンの多くは土日祝日でも融資が受けられるケースが多く、審査さえ通れば平日まで待たなくても済みます。

最近では在籍確認が必要ないタイプも登場していますので、検討してみる価値はありそうです。

また、大手消費者金融の中には楽天銀行の口座を開設している人に対して特別なサービスを提供しているところもあります。

既にカードを持っている場合、振込を依頼してから最短1分で楽天銀行の口座に融資金が振り込んでもらえる上、振込手数料もかかりません。

しかも、振込依頼は24時間OKですから時間的に余裕がない人に注目されています。

銀行カードローンと消費者金融の審査の違いを図解で解説!

自動契約機を使えば最短1時間で融資を受けられる

楽天銀行スーパーローンは店舗を持たないネット銀行が提供している商品です。

そのため、融資の申し込みはインターネット経由に限定されています。

一方、一般的な消費者金融カードローンで融資を申し込む場合は店頭窓口や電話、郵便やインターネットなどさまざまな方法が用意されています。

つまり、その日の都合に合わせて申込方法を選ぶことができるのです。

特に便利なのが無人契約機とも呼ばれている「自動契約機」。タッチパネルの画面で操作ができるだけでなく、誰でも安心して使えるようにオペレーターと電話で相談できるようになっています。

銀行のATMに似ていると言った方がイメージしやすいかもしれません。大手消費者金融カードローンの中には、自動契約機を使って最短1時間で融資を受けられるケースもありますので、即効性を求める人におすすめです。

高い金利も無利息期間サービスでカバーできる

消費者金融カードローンに抵抗を感じている人に理由を聞くと、金利の高さと答える人も多いでしょう。

確かに、銀行系カードローンよりも消費者金融カードローンの方が高めの金利に設定されています。

ですが、そんなデメリットをサービスで補おうと次々と新しいプランが登場しているのです。

特に、ユーザーから高く評価されているのが、高い金利を無利息期間でカバーするサービスでしょう。

たとえ銀行系カードローンよりも金利が高くても、短期間で返済できる見込みがあるなら圧倒的に有利。

もちろん、無利息期間が終わる前に完済できれば利息を払う必要はありません。

楽天銀行スーパーローンは楽天ユーザーにおすすめ

楽天銀行スーパーローンは、数ある銀行系カードローンの中でも金利が低めな上、対象者も幅広く設定されている魅力的なカードローンと言えるでしょう。

特に、際立っているのは、何と言っても楽天ユーザーとの相性の良さ。

審査に通るのが大前提ではありますが、あらかじめ楽天銀行の口座を開設している人なら24時間365日いつでも振込融資が受けられる他、入会特典として楽天スーパーポイントがもらえるという嬉しいメリットまであるのです。

さらに、楽天銀行口座を持っているだけで返済日が増えるというのも見逃せないポイント。

通常、楽天銀行スーパーローンの返済日は1日・12日・20日の3日間が選択肢となっています。

ところが、楽天銀行口座を持っている人に限り27日でも返済が可能となり、選択肢が4日間に増えるのです。

とはいえ、あくまで銀行が提供している金融商品ですから即日融資には対応していません。

融資金を受け取るまでに1~3日ほどの猶予がある人なら楽天銀行スーパーローンに、一方どうしても即日融資が必要という人なら消費者金融系のカードローンに申し込んでみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする