ビアイジの審査に通る人とは?審査基準を徹底紹介!

ビアイジの審査基準

「大手消費者金融の審査に落ちてしまったけれど、どうしてもカードローンを利用したい!」そういった時はありますよね。

大手カードローンの審査に落ちてしまった場合は、中小消費者金融へ申込むと良いでしょう。

中小消費者金融の中でもビアイジは特に柔軟な審査を実施しており、信用情報に傷がある場合でも審査に通る可能性があります。

このページではビアイジの審査基準について解説していきます。

急な出費でお金が必要になってキャッシング会社に頼りたくても、審査が厳しく簡単に借り入れができないだろうと諦めている人は少なくありません。 ...

ビアイジの審査基準

ビアイジの審査基準は以下の3点です。

  • 利用条件に当てはまるか
  • 他社借入が多くないか
  • 信用情報に傷がないか

詳しくは次から見ていきましょう。

利用条件に当てはまるか

ビアイジには利用に際して以下の条件を設定しており、当てはまらない場合は問答無用で審査に落ちてしまいます。

  • 20歳以上
  • 安定した収入と返済能力がある
  • 対象地域(北海道・青森県・岩手県・秋田県・山形県・岡山県・島根県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県)に住んでいる

なお、一般的に安定した収入があるとカードローン会社に認められるためには、少なくとも以下の条件を全て満たしている必要があります。

  • 月収8万円以上
  • 月々の収入に大きなバラつきがない
  • 今後も収入が得られる見込みがある
  • 連続して3ヶ月以上収入を得ている

ビアイジの審査を申込む前に、利用条件に当てはまるかよくチェックしておきましょう!

他社借入が多くないか

ビアイジの審査では返済能力を見るために他社の借入状況がチェックされます。

銀行や大手消費者金融系カードローンよりは厳しく見られませんが、以下に当てはまる場合、ビアイジであっても審査に通るのは難しいでしょう。

  • 借入件数が4件を超えている
  • 年収の3分の1を借りている

理由など詳しくは次から見ていきましょう。

借入件数が4件を超えている

カードローンなどの借入件数が4件を超えていると以下などのように判断されるため、審査に通りづらくなります。

  • ローンの管理能力が低い
  • ビアイジに回せる返済額が少なくなる
  • 今後債務整理をする可能性が高い

具体的にビアイジが「借入件数が4件以上ある場合、カードローンは利用できない」と審査基準を公表している訳ではありませんが、債務整理をする多重債務者が平均4件のカードローンを利用していることを考えると、4件という数字は審査の成否を決める1つのボーダーラインだと予想できます。

現在借入件数が4件以上ある場合は、おまとめローンを利用するか返済を進めてからビアイジの審査を申込みましょう!

年収の3分の1を借りている

ビアイジは消費者金融であるため、貸金業法という法律によって年収の3分の1(総量規制)以上の融資を禁止されています。

そのため、現在他社から年収の3分の1の額を借りている場合は融資を受けることができないため、ビアイジの審査に落ちてしまいます。

現在他のローンを利用している場合は、他社の借入残高と自身の年収を計算してからビアイジの審査を申込みましょう!

信用情報に傷がないか

最初に説明した通り、ビアイジは信用情報に傷があったとしても審査に通る可能性があります。

しかし審査に通る可能性がある、というだけで以下の金融事故を起こしているとビアイジの審査に通りづらいのは間違いありません。

  • クレジットカードの支払い延滞
  • カードローンの返済の遅れ
  • カードの強制解約
  • 携帯電話料金の滞納
  • 保証会社経由の家賃滞納
  • 保証会社などの代位弁済
  • 奨学金の返済滞納
  • 連帯保証人の返済滞納

なお信用情報には保存期間が設定されているため、金融事故の解消から一定期間が経過していれば信用情報の傷が消えている可能性があります。

上記の金融事故に心当たりのある場合は、ビアイジの審査を申込む前に、信用情報を確認しましょう!

提携機関の信用情報を確認しよう!

信用情報は個人信用情報機関に照会を依頼することで確認できます。

日本には以下の3機関が信用情報を取り扱っていますが、ビアイジの審査に通るかどうか知りたい場合は全ての機関へ照会を依頼することをおすすめします。

  • CIC (指定信用情報機関)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

なぜならビアイジは上記の3機関全てと提携を結んでおり、審査の際は全ての信用情報を確認しているためです。

各機関毎の信用情報の確認方法は次から詳しく見ていきましょう。

信用情報の確認方法

各機関毎の信用情報の確認方法は以下の通りです。

【CIC】

  1. ①CICにクレジット契約で利用した電話番号から電話を掛ける
  2. ②受付番号を控える
  3. ③クレジットカードで照会費用(1件につき1000円)を払う
  4. ④受付番号を入力
  5. ⑤WEBで信用情報を確認する

【JICC】

  1. ①「スマートフォン開示受付サービス」のアプリをダウンロード
  2. ②アプリからメールを送信
  3. ③パスワードを入力
  4. ④氏名・生年月日・住所・電話番号を入力
  5. ⑤本人確認書類を送信
  6. ⑥開示手数料の支払い
  7. ⑦郵送される照会結果の確認

【KSC】
なおKSCはWEBや来店での照会に対応しておらず、郵送のみの対応になります。

以下の3点を信用情報センターに送付して信用情報を取り寄せましょう。

  • 開示請求申込書(KSCの公式サイトよりダウンロード可能)
  • 定額小為替証書1000円分(郵便局にて購入可能)
  • 本人確認資料(運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど)

なお、送付先は以下のとおりです。

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-5-1
一般社団法人全国銀行協会
全国銀行個人信用情報センター

ビアイジの審査に通りやすくする方法

ビアイジの審査に通りやすくする方法としては、以下などが挙げられます。

  • 希望借入額を下げる
  • 店頭窓口で契約する

詳しくは次から見ていきましょう。

希望借入額を下げる

カードローン会社にとって高額の融資をおこなうことは、貸し倒れの際の損失額を増やすことに他なりません。

そのため、希望借入額を高く設定している申込者は厳しく審査される傾向にあります。

一方希望借入額を10〜30万円程度に低く設定している場合は、多少返済能力が低い人でも審査に通る可能性があります。

確実にビアイジのカードローンを利用したい場合は、できるだけ希望借入額を抑えて審査を申込みましょう!

店頭窓口で契約する

確実にビアイジの審査に通りたい場合は店頭窓口で契約するのもおすすめです。

店頭窓口であれば、審査担当者にカードローンの使い道やどうしても必要なことなどを直接話せるためです。

まずは最寄りの店舗の所在地を調べることから始めましょう!

ビアイジの審査は甘くない!しっかりと対策しよう!

このページでは中小消費者金融系カードローンのビアイジの審査基準について解説してきました。

ビアイジは大手消費者金融や銀行よりも申込者に寄り添った柔軟な審査を受けることができますが「融資を受けられる地域が指定されている」「3機関全ての信用情報を確認している」など決して審査基準が甘いという訳ではありません。

カードローンの申込み履歴も信用情報に記録される以上、申込むカードローンは吟味するべきです。

しっかりと審査基準を確認した上で、申込むカードローンを決めましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする