アイフルSuLaLi(スラリ)の審査基準を解説!審査に落ちるのはどんな人?

アイフルSuLaLiの審査基準

アイフルは少額の利用ができるアイフルSuLaLi(スラリ)という商品を提供しています。

この商品を利用すると、アイフルからの借入が少額ですが可能です。

小さい金額でもいいから借りたいと思っている方には、アイフルSuLaLi(スラリ)を利用したほうがいいかもしれません。

このアイフルSuLaLi(スラリ)ですが、アイフルが提供している他のキャッシングと審査基準は変わりません。

しかし一部ではありますが他との違いが生じている部分があるので、審査基準をしっかり理解してからアイフルSuLaLi(スラリ)へ申込むようにしましょう。

※本ページにはPRが含まれます。

アイフルSuLaLi(スラリ)の審査基準は厳しい?

アイフルSuLaLi(スラリ)の審査基準はそこまで厳しいものではありません。

ただ、アイフルSuLaLi(スラリ)は審査の条件は設けているので、まずここをクリアしなければいけません。

仕事をしっかり行っており、仕事による安定した収入を確保しているのであれば条件はクリアです。

安定した収入を確保しつつ、借金を他社で作っていない状況であれば、アイフルSuLaLi(スラリ)の審査に通過する見込みがあると考えて良いでしょう。

※スラリは他社の借り入れがない方のみ申込可能です。すでに他社から借入済みの方は申込できません。

ただ、アイフルの審査を受ける前に他社でかなり大きな問題を作っており、アイフルSuLaLi(スラリ)を利用できない場合があります。

アイフルは信用情報等をしっかり見ているので、信用情報が悪いと判断されれば基準を満たしても審査に落とされる場合があります。

基準をしっかり満たしつつ、過去の利用状況までしっかり整えてから申込を行いましょう。

借金が多かったり収入がない、更には過去の信用情報に問題があると判断されれば、審査に落とされる可能性は十分にあります。

しっかり審査に必要な情報は整えておきましょう。

アイフルSuLaLi(スラリ)の申し込み条件

アイフルSuLaLi(スラリ)の申込み条件としては、以下の要素を満たさなければなりません。

  • 安定した収入を持っている
  • 他社借入がない
  • 信用情報が悪くない
  • 年齢制限に引っかかっていない

以上の条件を満たさなければなりません。

安定した収入としては、限度額が10万円しか用意されない点を考えると30万円以上が必要です。

ただ、30万円では返済されるか微妙なところなので、より安定した収入と判断されるには最低でも年収100万円程度は確保しておきましょう。

また、アイフルSuLaLi(スラリ)を利用できるのは他社借入が一切ない人に限られています。

その影響から借金を持っているとアイフルSuLaLi(スラリ)の審査に落とされてしまいます。

審査を通過したい場合、借金をすべて完済しておかなければなりません。

初めてお金を借りる際にアイフルSuLaLi(スラリ)を選んだのであれば、ほぼ影響はないでしょう。

信用情報は過去の利用が影響しています。

過去にキャッシングを利用していない人は問題ありませんが、過去に利用して返済していないなどの問題が起きている場合、アイフルSuLaLi(スラリ)の審査に落とされてしまいます。

確実に信用情報を整えてから審査を受け、問題なく返済できるという部分を見せましょう。

なお年齢制限として満20歳以上でなければ審査を受けられません。

19歳以下の人はどのような条件を整えてもアイフルSuLaLi(スラリ)の審査は受けられず、年齢制限によって審査に落とされるので注意してください。

アイフルSuLaLi(スラリ)の必要書類

アイフルSuLaLi(スラリ)では本人確認のできる書類だけを提出します。

収入証明書の提出は原則不要なのです。

しかし、本人確認の必要はありますので、本人確認のための身分証明書は提出してください。

運転免許証が一番提出しやすい書類ではありますが、他にもパスポートやマイナンバーカード、住基カードも提出できます。

写真の入った書類を提出したほうが、審査の時間を削減できます。

できれば写真入りの身分証明書を出しておきましょう。

アイフルの審査通過率はどれくらい?

アイフルの審査通過率は大体45%です。

約2人に1人が審査に落ちているというのは、驚きですね。

ただ、アイフルの審査に落ちた人の中には、借金の常習犯や無職の方が結構な数含まれているとも考えられます。

会社員で毎月安定収入があり、審査対策をしっかりやっている人の半分以上が落ちている…というわけではないので誤解しないようにしましょう。

ただ、それでも収入・ステータスが高ければ必ずアイフルSuLaLi(スラリ)の審査に通る訳ではないので注意しましょう。

アイフルSuLaLi(スラリ)の審査に落ちる原因

審査通過率がそんなに低くないアイフルSuLaLi(スラリ)ですが、問題を起こしている人、明らかに対応が悪いと判断されれば審査に落とされてしまいます。

確実に審査を通過したいのであれば、これから紹介する審査に落とされる原因は1つ1つ取り除いておきましょう。

属性の評価が悪い

申込みをしている属性が悪いとアイフルSuLaLi(スラリ)の審査に落とされてしまいます。

アイフルが求めている条件に該当していないと判断されれば、審査を通過させてお金を貸すのは難しいと判断されるため、審査に落とされてしまうのです。

アイフルは一応基準として必要な情報を求めています。

基準に該当していない人がいれば審査に落とされてしまうのは当然のことです。

アイフルが求めている情報をしっかり提示して、アイフルSuLaLi(スラリ)を利用できるように属性を整える必要があるでしょう。

キャッシング審査の”属性”とは?

キャッシング審査で利用される属性という言葉ですが、これはキャッシングの申込みをしている際の情報です。

特に個人情報を指す言葉として利用されており、個人情報はもちろんのこと、会社に関連している情報なども属性として判断されます。

この属性がいいと判断されればキャッシングを利用可能となり、悪いと判断されれば審査に落とされてしまいます。

属性がいいと思われなければお金を借りられません。

お金を借りるためには属性を整えて、キャッシングを利用しても大丈夫と判断される必要があります。

属性をいいと判断する基準は会社によって異なるため、審査を受ける会社の条件に合わせて整えなければなりません。

属性が悪いまま審査を受けていると審査に落とされてしまい、借りる会社がなくなってしまいます。

お金を借りるにはキャッシングの属性をしっかり整えるようにして、確実に審査を通過できるようにしましょう。

収入が足りないのはもちろんのこと、大量に借金を抱えている人、仕事をしていない人は審査を通過できないので気を付けてください。

信用情報に不利な情報が残っている

過去に利用していた情報は信用情報機関に残されています。

キャッシングはもちろんのこと、銀行のカードローンについても情報が残されているので、全ての情報を最終的に調べられると判断してください。

この信用情報に不利なものが残されており、確認して利用させられないと判断されれば審査に落とされます。

信用情報に残される不利な情報としては以下の通りです。

  • 過去に借金を返済していない情報がある
  • 過去に返済を遅らせていた情報がある
  • 債務整理等で借金を整理していた

以上の情報が残されていると、審査に落とされてしまいます。

1つでも情報が残されていると、アイフルSuLaLi(スラリ)の審査はもちろんのこと、他のキャッシングの審査も通過できません。

信用情報は一定の期間が経過すると削除されますが、その期間が年単位のケースが多く、すぐに消えるものではありません。

もし不利な信用情報が残されているなら、1年くらいは待たなければ審査を通過できないと考えておきましょう。

なお、信用情報は自分で問い合わせて確認できます。

不安に思っている方はお金を払って信用情報機関から情報を確認するといいでしょう。

必要書類に不備がある

提出した身分証明書に問題があり、審査の確認ができない場合、審査に落とされてしまいます。

多くの場合は審査に落とされるようなことはなく、もう1度提出するようにお願いされるのですが、その連絡を無視していた場合は審査に落とされます。

必要な書類は鮮明に写っていなければなりません。

カメラで撮影している場合でも、スキャナでコピーを取った場合でも、ぼやけて見えない場所があると再提出が必要です。

また、一部分が欠けていても再提出を求められるので注意してください。

さらに、提出した書類が身分証明書として認められなかった場合、再提出を求められます。

この場合は別の書類を提出しなければなりません。

別の書類を提出しなかった場合、身分の証明ができないので審査に落とされてしまいます。

収入が安定していない

安定した収入を確保していない場合、審査に落とされてしまいます。

安定した収入というのは、毎月給料として受け取っている金額です。

この金額が安定しているならいいですが、不安定な収入の受け取り方をしていると審査に落とされてしまいます。

一時的に高い収入を確保しているものの、明らかに残りの月はほとんど収入を得ていないと判断されれば審査に落とされてしまいます。

アイフルSuLaLi(スラリ)の場合、収入証明書によって確認は行いません。

従って安定していない収入でも審査を通過できる場合はあります。

ただ、収入が安定しない職業だと、どうしても審査に落とされてしまう可能性があるのです。

他社借入が年収の1/3を超えている

他社の借入が年収の3分の1を超えていた場合、審査に落とされてしまいます。

キャッシングには総量規制が存在し、年収の金額から3分の1以上は借りられないようにしています。

既に他社借入が3分の1を超えているようであれば、新しく借りる枠を作れないので審査に落とされてしまいます。

また、他社借入が3分の1を超えていないものの、収入に対して明らかに借入額が多いと判断されれば審査に落とされます。

アイフルSuLaLi(スラリ)は少額の借入ですが、審査を通過できないほどの借入を持っていれば審査は通過できないのです。

なお借金の額を偽っても、信用情報を見れば全てわかるので意味がありません。

むしろ偽った分だけ審査に落とされる可能性は高くなってしまいます。

アイフルSuLaLi(スラリ)の審査に落ちてしまったら?

もしアイフルSuLaLi(スラリ)の審査に落とされてしまったら、これから紹介する方法を採用して次の審査に備えておきましょう。

間違っても失敗するような方法を取らないようにしてください。

短期間に複数へ申し込むのはNG

短期間にもう1度申込みを行おうとする方法は絶対に避けてください。

もう1度審査に申し込んだとしても審査に落とされてしまい、信用情報を悪くしてしまいます。

信用情報には審査に落とされている情報が残されています。

審査に落とされた情報が1つ増えているだけでも、審査では悪い影響が及んでしまいます。

そうした状況でもう1度審査を付けると、審査に落とされていた情報だけで危ないと判断され、アイフルSuLaLi(スラリ)の審査には落とされてしまいます。

信用情報を整えるためにも、短期間で連続した審査を受けないようにしてください。

審査に落ちた原因に合わせて対策を練ろう

なぜ審査に落とされたのか、しっかりと考えてアイフルSuLaLi(スラリ)へもう1度申込みを行いましょう。

収入が原因で落とされていたなら、収入を安定させなければなりません。

安定した収入を確保しなければ審査に落とされます。

借金が多い場合は年収から3分の1以上の借入を避けなければなりません。

残されている借金が多いなら返済が最優先です。

他にも仕事をしているように見せられなかった場合は仕事をすること、信用情報が悪いならしばらく待って信用情報が削除されるまで様子を見たほうがいいでしょう。

審査に落ちた原因はアイフルから知らされないものです。

自分でどの部分に原因があったかしっかり考えて、審査を通過できるようにしましょう。

どうしてもお金が必要なら中小消費者金融も考えよう

どうしてもアイフルSuLaLi(スラリ)の審査を通過できなかった人で、お金を借りたいと考えているなら中小の消費者金融を検討してください。

中小の消費者金融はアイフルのような大手消費者金融の審査に落ちた人をターゲットにしている側面もあり、審査が大手と一味違います。

ただ、借りられる金額はかなり小さくなります。

アイフルSuLaLi(スラリ)でも審査に落とされる場合、中小でも貸してくれる金額は10万円程度と考えておきましょう。

欲張った借入は期待できないと考えておくのです。

まとめ

アイフルSuLaLi(スラリ)は少額を希望する方や女性におすすめのカードローンです。

審査を通過すれば、10万円という限度額ではありますが借入は可能です。

もしアイフルSuLaLi(スラリ)の審査に落とされているようなら、原因を特定して対策を練りましょう。

対策をしっかり行わないと何度も審査に落とされてしまい、借入先がなくなってしまいます。

失敗した部分の対策を踏まえて次の審査を受けましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする