アイフルの審査は学生でも通る?学生が親にバレず借りるために知っておきたいポイント

学生のアイフル審査

サークルの飲み会が急に入った、教科書が思ったよりも高かった、という風に学生の方でも急にお金が欲しくなる時があると思います。

そんな時に、即日融資が出来る大手消費者金融のアイフルから借り入れを検討してみてはいかがでしょう。

アイフル

契約限度額 800万円以内
金利 3.0%~18.0%(実質年率)
遅延損害金 20.0%(年率)
返済方法 残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期日 返済日の翌日から35日以内に返済(サイクル制)
又は毎月の約定日に返済(約定日制)
申込み条件 申込時の年齢が満20歳以上69歳以下の方定期的な収入と返済能力のある方
利用目的 不問
担保・保証人 不要

当ページでは、学生がアイフルの審査に通る為に必要な事、審査に通りづらい人の特徴等、アイフルの学生の審査についてフォーカスをし、情報を提供していきます。

学生でも借りれる審査の甘いカードローンはどこ?初心者は学生ローンがおすすめ!

学生がアイフルの審査に通る3つの方法

定期的に安定した収入を得ること

アイフルの審査の基準について、ホームページによると「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方」とあります。

定期的な収入とは「毎月安定して、バラつきなく収入がある」事です。

例えば、「先月は長期休暇でいっぱい入れたから、20万円は稼いだけれど、今月はサークルとテストが忙しくて3万円程度しか稼げなかった」といった場合は、定期的な収入とは言えません。

「取り敢えずたくさん稼いでいれば審査に受かる」と思ってらっしゃる方もいるのですが、重要なのは稼いだ額では無く、安定しているかどうかです。

そう考えると「5万円程だけど、毎月収入がある」といった具合にシフトを組むと審査には有利であると言えるでしょう。

必要な書類を不足無く用意する

アイフルの審査に申し込むと、本人確認書類(身分証明書)の提出が求められます。

身分証明書として認められる代表的な物は、「運転免許証」「パスポート」「マイナンバーカード」等です。

1つ注意点として、学生証は認められない場合が多いです。

パスポートやマイナンバーカードは卒業後も使う機会は多いので、「まだ交付してもらってない」という方はこれを機会に作っても良いでしょう。

また、借入額が50万円を超える場合は。収入証明書(所得証明書)が必要になります。

収入証明書として認められる代表的な物は、「給与明細書」「源泉徴収票」等です。

どちらもバイト先の管理部門等から発行してもらえると思いますので、高額借り入れを検討している方は準備しておきましょう。

在籍確認を必ず取れる様にする

在籍確認とは、申し込み者の勤務先に「本当にこの人はこの勤務先に勤めているのか」を確認する電話の事を指します。

アイフルは消費者金融ですが、銀行のカードローンと同じく、必ず在籍確認がなされます。

在籍確認自体は時間や手間のかかるものではありません。

本人がその場で電話口に出る事が出来れば、直ぐに終わります。

また、同僚や上司の方から「○○は弊社の社員ですが、生憎本日はお休みを頂いてます」等といった、在籍自体が分かる受答えをして頂いてもOKです。

「どうしても消費者金融を検討している事を職場の人間にバレたくない!」とお考えの方もいらっしゃると思います。

基本的にアイフルの審在籍確認は「(担当者名)と申しますが、(申込者名)様はいらっしゃいますでしょうか」といった風に、アイフルという社名を控えた上で電話をしてくれます。

しかし、それでも不安な場合は、審査の申し込みの後、アイフルに「在籍確認について相談したい」と電話をする事をおすすめします。

何らかの方法を提案してくれるかもしれません。

大手の銀行のカードローンと違って、こういった対応に一定の柔軟性があるのが、アイフルの強みの1つと言えるでしょう。

20歳未満の学生でもアイフルの審査に通るのか

20歳未満の学生は審査に通らない

今まで学生がアイフルの審査を受ける為の事を書いてきました。

しかし「そもそも20歳未満の学生はアイフルの審査を受ける事が出来るのか」という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

結論から申し上げると、100%不可能です。

例え安定した収入を持ち、在籍確認をこなし、必要書類を完璧に用意したとしても、20歳未満であれば審査の対象自体にならないのです。

20歳未満の学生でも利用出来るお金を借りる方法

20歳未満の方であれば、学生ローンや奨学金制度の利用をおすすめします。

学生ローンならば、審査の基準も多少下がりますし、「20歳未満の時は学生ローンを使い、20歳を超したら社会人向けのローンを利用する」といった運用をすると、低金利化等、お得な特典が付く場合が多いです。

奨学金制度は申し込む期間や、借り入れの方法等、制限は少なくありませんが、利用出来るのであれば、金利の面で非常にお得な方法であると言えます。

20歳未満の学生の方は一度ご検討する事をおすすめします。

アイフルの審査に不利になる人の特徴

携帯電話等の利用料金を滞納している

今まで、「アイフルの審査に受かる為の条件」についてご説明してきました。

しかし、「上の条件を満たしていれば必ずアイフルの審査に受かるのか」というとNOと言わざるを得ません。

携帯電話や他社のカードローン、各種公共料金等は滞納していないでしょうか。

1ヶ月なら問題ありませんが、2ヶ月以上滞納してしまうと、長期延滞者としてブラックリストに登録されている可能性があります。

不安な場合はアイフルに申し込む前に、信用情報の開示請求を行いましょう。
もし、延滞が記録されていた場合はアイフルは勿論、他社の新規借り入れも厳しいと言わざるを得ません。

収入に対して希望金額が高すぎる

アイフルは消費者金融なので、貸金業法という法律に基づいて業務を行っています。

その内の決まりの1つとして、総量規制というのがあり、年収の30%以上は借り入れをする事が出来ません。

また、この総量規制は各金融機関ずつに設定されるものではありません。

例えば、年収120万円の方は36万円が限度額になりますが、アイフル以外の金融機関から既に20万円の借り入れをしていた場合、アイフルの限度額は16万円です。

また、36万円が限度額だからと言って、そのまま希望限度額を36万円と書くと審査に不利になります。

「後々もっと借りるかもしれないから」といって限度額をそのまま書くより、必要な金額を希望した方が良いでしょう。

親や友人に審査を知られない人にアイフルをおすすめ出来る理由

インターネットを利用して審査を申し込める為

アイフルは審査の申し込みにいくつかの方法を用意しています。

その内の1つがインターネットを利用した申し込みです。

インターネットなら、申し込みから結果通知までメールで完結することが出来ます。

自動契約機を利用して審査を申し込める為

親や友人に審査を知られない方にとっては、自動契約機での申し込みもおすすめです。

インターネット申し込みをフリーWi-Fi等でするのは、個人情報漏えいのリスクがありますし、月々の通信制限がパケットが厳しい学生の方もいらっしゃると思います。

自動契約機ならば、そういった事とは無縁に安心して契約を結ぶ事が出来ます。

アイフルの審査に落ちてしまった場合のおすすめの金融機関

アコム

アコム

契約限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%(実質年率)
遅延損害金 20.0%(年率)
返済方法 定率リボルビング返済方式
返済期日 1回の支払につき35日以内又は毎月払い
返済期間 最終借入日から最長9年7か月
返済回数 1回~100回
申込み条件 20歳以上で、安定した収入と返済能力のある方
利用目的 不問
担保・保証人 不要

アイフルの審査に落ちてしまった場合は、同じ消費者金融のアコムをおすすめします。

アコムはアイフルと商品の形態(金利、条件等)が似ていますので、充分検討の価値があると言えます。

しかし、審査に落ちたからと言って、直ぐに他社に申し込むのは止めましょう。

「お金に非常に困っている人なのでは」と判断され、審査が不利になる可能性があります。

およそ半年間程期間を空けるのがベターと言えます。

アコムの審査を徹底解説!審査に落ちる人の7つの共通点

プロミス

プロミス

限度額 500万円
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
遅延損害金 20%(実質年率)
返済方法 残高スライド元利定額返済方式
返済期日 5日・15日・25日・末日から選択
申込み条件 申込時の年齢が満20歳以上69歳以下の方
本人に安定した収入のある方
利用目的 生活費に限る
担保・保証人 不要

プロミスもおすすめの消費者金融の1つです。

プロミスの利点としては、無利息サービス等、利息に関する特典が多いことです。

こちらも審査を申し込む際は、半年程の期間を空ける事を忘れないで下さい。

プロミスの審査基準を徹底解説!審査に落ちる人と通る人の違いとは?

学生がアイフルの審査に臨むにあたって重要な事

これまで、学生がアイフルの審査を受ける時について、説明してきました。

重要なのは、しっかり自身の事を調べてから審査に臨む事だと言えます。

適当に審査に申し込んで当然の様に審査に落ちてしまうのはあまりに勿体ないです。

このページがアイフルの審査を検討している学生の為になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする