キャッシング即日融資で必要な書類とは?収入証明書は必要?

即日キャッシングに必要な書類

キャッシングの即日融資は、書類を提出しなければ通過できません。この時に必要な書類は2つありますが、1つは提出しなくてもいい場面があります。

ここではキャッシングの即日融資で必要な書類について説明するほか、なぜ書類が提出となっているのか、提出する方法は何かなどを取り上げます。

本当に即日融資ができる!おすすめ消費者金融カードローンランキング

目次

キャッシングの即日融資で必要な書類は2種類

キャッシングの即日融資で必要とされる書類は2つあります。

1つは本人確認書類で、この書類を出さなかった場合、本人だと証明できないため、即日融資に落とされてしまいます。本人確認書類はしっかりと提出し、本人だと証明できるようにしましょう。

もう1つは収入証明書です。収入証明書は、本人の収入がしっかり確保されているという証明を出すために重要となります。

しかし、収入証明書は、限度額によって提出すべきかどうかが変わりますので、場合によっては必要のないケースがあります。

書類は事前に準備するなどして、しっかり提出できるような状況を作らなければなりません。提出できなかったために即日融資に落とされる状況だけは避けましょう。

本人確認書類は全てのキャッシング即日融資で必要

本人確認書類は、個人の情報を確認するために重要となります。

本人確認書類を出さなかった場合、申込者が本人なのか判断できないため、即日融資に落とされてしまいます。

本人が申し込んでいるという証明が出せなければ、消費者金融はお金を貸せないのです。

キャッシングの即日融資で必要な本人確認書類は、有効期限を迎えていないものに限られています。

有効期限が切れているものは対象から外されますので、絶対に提出しないでください。また、何らかの形で情報が変更されている場合は、変更後の本人確認書類を準備したほうがいいでしょう。

収入証明書は原則50万円以上の借入で必要

収入証明書は、収入の数字が本当に正しいのか、毎月の収入はしっかり得られているのかを判断するために必要です。

この書類を出さなかった場合、収入の数字は虚偽だと判断される場合があります。

また、消費者金融のルールとして、確認しなければキャッシングができないため、収入証明書も絶対に必要な書類となります。

収入証明書ですが、必ず提出する義務はありません。50万円以下の限度額だった場合は、原則として不要となります。

提出しなくても借りられる状況が生まれるため、収入証明書を出せない人は限度額を下げてしまうといいでしょう。

ただ、50万円を超える借入となった場合は、収入証明書を出さなければなりません。

収入証明書が必要な場合は、提出しない限り融資を進められず、即日融資できない点に気を付けておきましょう。

本人確認書類で利用できるもの一覧

本人確認書類ですが、利用できるものは限られています。

個人情報が書かれている書類であれば、すべて対象となるわけではありません。対象とされている書類をしっかりと準備して、確実に証明できる状況を作っておきましょう。

ここからは本人確認書類で利用できるものを紹介します。

運転免許証があると証明がスムーズで便利

運転免許証は、本人確認書類として多く用いられている書類です。運転免許証には、個人情報が記載されているほか、写真も用意されています。

写真付きの証明書としては、一番理想的な書類と言えるでしょう。

運転免許証を持っているだけで、本人確認書類は簡単に準備できるものと判断しておきましょう。

証明もスムーズに終わるため、確認作業に時間がかかるという問題も避けられるでしょう。

パスポートなど他の書類も証明力が高い

パスポートは、写真付きの証明書としても使われており、キャッシング即日融資で提出しても大丈夫です。

パスポートの場合も、期限切れでなければほぼ確実に書類の確認が終わります。

また、最近発行されているマイナンバーカードについても、書類として利用できます。

マイナンバーカードは、取得の難易度もあまり高くないため、運転免許証を持っていない人でも簡単に取得できます。

写真付きの証明書がない人は、マイナンバーカードを利用するといいでしょう。

写真付き証明書がない時の対処法

写真付きの証明書がない人は、健康保険証を出してください。

この書類を出すだけで、一応キャッシングに応じてくれる会社もあります。

ただ、健康保険証に加えて、追加で住所の証明ができる書類を出すように求められます。

公共料金の支払い明細などを準備して、一緒に提出するように心がけてください。

収入証明書で利用できるもの一覧

収入証明書は、本人確認書類よりも入手が困難となるものが多数あります。

入手できないような収入証明書は避けて、自分が手に入れられる書類の中で一番使いやすいものを選ぶといいでしょう。

ここからは収入証明書として利用できるものを紹介します。

会社員なら源泉徴収票を提出するのが一般的

会社員の場合は、源泉徴収票を提出するのが一般的です。毎年年末になると、源泉徴収を実施して、その証明を受け取っています。

この書類には、収入などの情報がすべて記載されているため、簡単に情報の証明が可能となっているのです。

会社員の人は、源泉徴収票を捨てないで残しておきましょう。

キャッシング以外にも、ローン即日融資などで使うことで、書類を確実に提出できるようになります。

個人事業主なら確定申告書を提出するのが一般的

個人事業主は、源泉徴収を実施しませんので、源泉徴収票は受け取れません。その代わりとして確定申告を行っています。

確定申告時に作成した確定申告書は、税務署が認めてくれれば書類として提出できます。

この時は、控えも一緒に送付しておき、控えにハンコなどを押してもらい返してもらいましょう。

こうして税務署が認めた書類として残しておけば、収入証明書として簡単に提出できます。

収入証明書は50万円以下の借入で提出が必要なこともある

収入証明書は50万円以下の借入では原則不要となりますが、提出を求められる可能性もあります。

その場合は、基本的に収入面での不安を感じられる人、もしくは即日融資時に何らかの不安を与えている人です。

収入証明書を求められた場合は、50万円以下の限度額でも即日融資時に提出するようにしましょう。

提出しない場合は、キャッシングの即日融資は通過できなくなります。

即日融資中はいつでも提出を要求される可能性がある

キャッシングの即日融資中は、いつでも提出を要求されるため、確実に即日融資が終わるまでは提出のために準備したほうがいいでしょう。

即日融資の内容次第では、即日融資を通過させるために収入証明書を出さなければならない場合もあります。

即日融資中に不安に感じられる項目が多ければ多いほど、収入証明書の提出は要求されやすくなります。

不安な部分が多数ある人は、即日融資を受ける際に書類を準備しておきましょう。

転職したての人は追加で提出を要求されやすい

転職したばかりで、収入が安定していないと判断される人は、追加で提出を求められるケースがあります。

転職したばかりの人は、収入の安定性が確保されないほか、収入が本当に正しいのか判断できません。

そのため、転職後に得られている給与明細などを提出しなければ、即日融資を通過できなくなってしまいます。

いつでも提出できるように直近数か月分の収入証明書を準備しておく

いつでも提出できるように、数か月分の給与明細などを準備しておき、確実に提出できる状況を作っておきましょう。

また、源泉徴収票や確定申告書は捨てないで残しておき、必要とされるときに提出できるようにしましょう。

提出できる書類がなければ、即日融資はできなくなってしまいます。

即日融資を確実にするためにも、数か月程度の給与明細や収入証明に該当する書類は残しておきましょう。

キャッシングの即日融資で必要書類を提出する理由

キャッシング即日融資で必要な書類を提出する理由は、反社会的勢力に対して融資させないためです。

また、犯罪歴のある人も同様に、融資をさせないような方針を取っているため、確認作業のために書類を出すように求められます。

また、申込者の返済能力を確認するために収入証明書の提出が必要となります。

こうして得られた書類を参考にしながら、最終的に限度額を決めるようにしています。

犯罪者・反社会勢力への融資を防止するため

犯罪者や反社会的勢力は、不適切な方向にお金を使う可能性が高くなっているほか、本来であれば融資をしてはいけない会社です。

融資後の問題を避けるために、データベースなどの照合に必要な本人確認書類を求めているのです。

過去に犯罪歴や反社会的勢力とのつながり、さらには反社会的勢力に所属していると判断されれば、その時点で即日融資は通過できなくなります。

それだけ本人確認書類は重要な書類となります。

申込者の返済能力をチェックして限度額を決めるため

申込者の返済能力を最終的に判断するため、収入証明書の提出が必要となります。

収入証明書の提出により、限度額の設定が確実に可能となり、安定した限度額が作成できるのです。

キャッシングを提供する消費者金融にとって、貸しすぎという問題は避けなければなりません。

貸しすぎ防止のためにも収入証明書は絶対に必要となっているのです。

キャッシングで必要書類を提出する方法は3種類

キャッシングの書類を提出する方法ですが、3つの手段から会社側が選択した方法を採用しています。

ただ見せればいいだけの場合もありますが、中には送付が必要な方法もありますので、どの方法を利用しているかしっかりと確認しておきましょう。

提示のみ

1つ目の方法として、社員や担当者が確認するだけという方法があります。書類を提示するだけで確認が終わるため、非常に簡単に終了する方法です。

基本的に、店頭で契約する際に必要とされる方法です。

店頭でキャッシングの契約を検討している人は、本人確認書類を持っていくようにしましょう。

提示+送付

書類を提示したうえで、送付するように求められる場合があります。これはキャッシングでも、自動契約機などで必要とあれる方法です。

書類を提示したうえで、その書類のコピーを送付しなければ、確認作業が終わりません。

送付が必要とされる場合は、必ず送付する手続きを実施しておきましょう。

受理+送付

最後の方法は、書類を受理して送付するという方法です。インターネットでの契約等は、こちらの方法を利用しているケースが多くなっています。

書類のコピーを送付して受理してもらい、確認作業をするという方法が採用されています。

こちらは事前にコピーを準備しておかないと、対応が遅れてしまう点に注意しておきましょう。

必要書類はWebでアップロード提出するのがおすすめ

必要な書類ですが、申込の方法によって多少提出の方法が変わります。

ただ、インターネットを経由した方法で契約したいと考えているなら、WEBでアップロードするのが一番いい方法です。

この方法のメリットは、専用のアップローダーに書類のコピー等を出すだけで、簡単に確認作業につなげられる点です。

負担もあまり大きくありませんので、誰でもできる方法となります。一方で、事前に準備しなければ書類を送付するまでに時間がかかります。

必要な書類をどのように提出するか、この方法はキャッシングを提供する会社によって異なります。

しっかりと書類の提出方法は確認しておきましょう。

提出する写真の部分・枚数まとめ

提出する写真ですが、基本的に本人確認書類は表面と裏面が必要となります。

両方が提出できない場合は、正しい情報がわからないと判断され、即日融資に落とされる可能性が高くなります。本人確認書類は、基本的に2枚程度の写真が求められます。

収入証明書ですが、必要な部分を撮影できていれば1枚だけで問題はありません。

収入証明書の内容が正しく写せない場合、もしくは写真に入りきらない場合は2枚に分けて撮影してもいいでしょう。

基本的にこちらは1枚だけ撮影しておけば大丈夫なので、まずは1つの写真にすべての情報が入るか確認してください。

キャッシングの即日融資で必要書類が提出できない時の対処法

キャッシング即日融資で書類が提出できない場合は、相談してください。

相談によって必要な書類が出せないと話して、代わりの方法を提供してもらいましょう。

場合によっては、金融機関が設定した書類により、確認作業を認めてくれる可能性があります。

また、キャッシング即日融資で代用できる書類について、教えてくれる場合もあります。

書類の代用ができれば、即日融資を確実に通過できる可能性があるかもしれません。

代わりの書類を教えてもらうのも重要なポイントです。

金融機関へ事前に相談する

どのような場合でも、金融機関へ相談するように心がけてください。

相談しなかった場合、即日融資に落とされてしまうほか、契約までに時間がかかる恐れもあります。

金融機関は、相談によって代理の書類を検討してくれる場合もあります。

代わりに提出できる書類として、いくつかの選択肢を与えてくれるため、この選択肢に該当する書類を出せば問題なく即日融資は通過できるでしょう。

代用できる書類はないか問い合わせる

代用できる書類はないか、念のため問い合わせておきましょう。もしかすると、即日融資を通過できる書類があるかもしれません。

金融機関が定めている書類の中で、自分が提出できるものはないか確認しておきましょう。

場合によっては、何も提出できないケースがあります。

その場合は別の金融機関を検討するなどして、正直に書類が提出できないと告げたほうがいいかもしれません。

書類を準備できるかどうかが即日融資結果を左右することも

書類を準備できるかどうか、ここは即日融資結果に大きく影響しています。

書類を提出できれば、即日融資を通過できる可能性は劇的に高まりますが、提出できない場合は即日融資に落とされる可能性のほうが圧倒的に高くなってしまいます。

確実に即日融資を通過するためには、提出できる書類を事前に準備するように心がけましょう。

また、即日融資を通過するための書類が準備できない場合は、金融機関へ問い合わせ、別の書類がないか聞いておくと安心です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする