プロミスの増額方法を徹底解説!増額審査に通って利用限度額を引き上げる

プロミスの増額審査

プロミスの利用限度額は、上限が最大500万円と決まっています。

ただ、新規借入の再は必ず500万円の融資を受けられる訳ではありません。利用限度額は申込者の希望も鑑みますが、最終的には審査の結果によって決定します。

最初に希望通りの金額が融資されなかった場合も、途中で増額申請をして、利用限度枠を増枠させることもできます。

しかし、増額をするためには増額審査を受けて通らなければいけません。どうすればスムーズに増額審査へ通ることができるのでしょうか?詳しく解説していきます。

プロミスの審査基準を徹底解説!審査に落ちる人と通る人の違いとは?

プロミスの増額審査で見られるポイント

プロミスの増額審査で見られるポイントは以下の通りです。

  • 利用条件をクリアしているか
  • 年収が増えているか
  • 他者借入が増えていないか
  • 信用情報に傷がないか
  • プロミスの返済を延滞をしていないか

詳しくは次から見ていきましょう。

利用条件をクリアしているか

プロミスのカードローンには以下の利用条件が設定されており、条件に当てはまらなくなった場合はそもそもカードローン自体が利用できなくなります。

  • 満20歳以上69歳以下
  • 本人に安定した収入がある

なお一般的に安定した収入があると認められるためには、少なくとも以下の条件を全て満たしている必要があります。

  • 月収8万円以上
  • 月々の収入に大きなバラつきがない
  • 今後も収入が得られる見込みがある
  • 連続して3ヶ月以上収入を得ている

プロミスの増額審査を受ける前に、利用条件をクリアしているか確認しておきましょう!

年収が増えているか

カードローンの限度額は信用情報や属性などによって決まりますが、限度額に一番大きな影響を与えるのが年収です。

そのため、限度額を上げるためには年収が契約時よりも上がっていなければなりません。

例えば転職直後や異動をした際は年収が下がるケースが多く、増額審査に通らない可能性が高いです。

プロミスの増額審査を受ける前に、年収が上がっているか確認しておきましょう!

他者借入が増えていないか

プロミスの増額審査では返済能力を確認するために、他社の借入状況がチェックされます。

基本的に他社借入が多ければ多いほど審査に通りづらくなり、以下のどちらかに当てはまる場合、増額審査に通るのは難しいでしょう。

  • 借入件数が3件を超えている
  • 年収の3分の1を借りている

理由など詳しくは次から見ていきましょう。

借入件数が3件を超えている

借入件数が多いと以下などに理由で増額審査に通りづらくなります。

  • 今後債務整理をする可能性が高いと判断される
  • ローンの管理能力が低いと判断される
  • プロミスへの返済額が少なくなる

一般的に借入件数が3件を超えると、増額審査の通過率は大きく下がります。

現在他社借入件数が3件以上ある場合は、返済を進めて借入件数を減らしてから、プロミスの総額審査を申込みましょう!

年収の3分の1を借りている

プロミスは消費者金融であるため、年収の3分の1以上の融資を法律で禁止されています。

そのため現在他社借入を含めて年収の3分の1まで借りている場合は、追加で融資を受けることができず、増額審査に落ちてしまいます。

プロミスの増額審査を申込む前に、自身の年収と他社借入残高を確認しておきましょう!

信用情報に傷がないか

プロミスの増額審査では返済能力を見積もるために、信用情報がチェックされます。

そのため、過去に以下などの金融事故を起こして信用情報に傷がついている場合、プロミスの増額審査に通るのは難しいでしょう。

  • クレジットカードの支払い延滞
  • カードローンの返済の遅れ
  • カードの強制解約
  • 携帯電話料金の滞納
  • 保証会社経由の家賃滞納
  • 保証会社などの代位弁済
  • 奨学金の返済滞納
  • 連帯保証人の返済滞納
  • 任意整理などの債務整理

ただし金融事故には保存期間が設定されているため、金融事故の解消から一定期間が経過していれば、信用情報の傷は消えます。

上記の金融事故に心当たりのある場合は、プロミスの増額審査を申込む前に、自身の信用情報を確認しましょう!

信用情報を確認する方法

信用情報はCICやJICCなどの信用情報機関へ照会を依頼することで確認できます。

プロミスはCICとJICC両方の信用情報を元に増額審査を実施しています。

そのため審査に通るかどうか知りたい場合は両機関の信用情報を確認しましょう。

各機関の信用情報の確認方法は以下の通りです。

CICの信用情報の照会方法

CICの信用情報の照会方法は以下の通りです。

  1. ①CICにクレジット契約で利用した電話番号から電話を掛ける
  2. ②受付番号を控える
  3. ③クレジットカードで照会費用(1件につき1000円)を払う
  4. ④受付番号を入力
  5. ⑤WEBで信用情報を確認する

上記の通りCICの信用情報を確認するためには、クレジット契約に使用した電話番号が必要です。

そのため契約時から電話番号が変わっている場合は、郵送や窓口から照会を依頼しましょう。

なお、①〜⑤までの手続きは全て1時間以内におこなう必要があります。

なるべく時間のある時に照会手続きをおこないましょう!

JICCの信用情報の照会方法

JICCの信用情報の照会方法は以下の通りです。

  1. ①「スマートフォン開示受付サービス」のアプリをダウンロード
  2. ②アプリからメールを送信
  3. ③パスワードを入力
  4. ④氏名・生年月日・住所・電話番号を入力
  5. ⑤本人確認書類を送信
  6. ⑥開示手数料の支払い
  7. ⑦郵送される照会結果の確認

なお上記の通りJICCの場合は信用情報の照会をインターネットで申込むと、照会結果の到着を待つ必要があります。

早くJICCの信用情報を確認したい場合は、JICCの窓口で直接申請しましょう。

プロミスの返済を延滞をしていないか

増額審査では、今までのプロミスの利用状況もチェックされます。

そのため過去にプロミスで延滞していた場合は、増額審査に通るのは難しいでしょう。

プロミスの延滞に心当たりのある場合は、増額審査ではなく他社への新規借入をおすすめします。

プロミスの増額審査と他社借入はどちらがおすすめ?

プロミスからお金を借りているものの、もっとお金を借りたい場合は、増額審査に通過すれば枠を増やすことができます。

ただ、増額審査をしなくても、アイフルやアコムといった他のカードローンからお金を借りることもできますよね?

いったい、増額審査と他社借入はどちらがおすすめなのでしょうか?

借入額を増やしたいならプロミスの増額審査がおすすめ

より大きな金額を借りたいのであれば、プロミスの増額審査をおすすめします。
どのカードローンも新規の借入時は利用実績ができていないので高額を借りることはできません。

金額だけを見ると、プロミスの増額審査を受けるほうがずっと高額融資を受けやすいです。

スピードなら他社借入のほうが早い?

新規借入時は最短即日融資のプロミスでも、増額審査の際は少し時間がかかることがあります。

これは、新規の審査よりも見られる項目が多くなるためです。

今日中にどうしてもお金を借りたいということであれば、他社の消費者金融カードローンから融資を受けることをおすすめします。

信用情報の面から他社借入はおすすめできない

ただ、他社借入は信用情報が傷つくので、あまりおすすめはできません。

新規のカードローン審査でも、他社借入がある人は「お金にだらしない多重債務者」という印象を与えてしまい、審査で不利になります。

多重債務のリスクを考えると、増額審査を受けるほうがリスクを抑えられます。

プロミスの増額審査の注意点

プロミスの増額審査を受ける際には、以下の点に注意が必要です。

  • 収入証明書が必要になる
  • 新規契約よりも時間がかかる
  • 在籍確認が再度実施されることがある
  • 土日に増額審査は受けられない

詳しくは次から見ていきましょう。

収入証明書が必要になる

本人確認書類だけでプロミスを契約した人でも、増額審査では原則収入証明書の提出が必要になります。

そのため、増額審査を申込む前に以下などの書類をしっかりと準備しておきましょう!

  • 源泉徴収票(最新版)
  • 確定申告書(最新版)
  • 税額通知書(最新版)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)

新規契約よりも時間がかかる

プロミスの増額審査は早くとも2日以上かかるケースが多いです。

急いで追加融資を受けたい場合は、他社の新規借入を検討しましょう!

在籍確認が再度実施されることがある

以下に当てはまる場合は、増額審査の際に在籍確認が実施される可能性があります。

  • 契約から数年が経過している
  • 契約してから勤務先が変わっている

そのため上記に当てはまる場合は以下などの対策を取りましょう。

  • プロミスに相談する
  • 職場の人間に電話対応を頼む

詳しくは次から見ていきます。

プロミスに相談する

まずは在籍確認についてプロミスへ電話を掛けて相談をしましょう。

場合によっては以下などの特別対応が受けられます。

  1. 在籍確認を実施する前に申込者に連絡する
  2. 申込者が指定した時間帯に在籍確認を実施する
  3. 在籍確認の電話を書類提出で代替する

③の対応を受けるためには相当の理由が必要ですが、①や②の対応に関しては希望すれば受けられる可能性が高いです。

また在籍確認について相談をする際には、審査担当者(在籍確認の電話を掛けてくる人)の名前を聞いておきましょう。

在籍確認の電話を掛けてくる人の名前を把握していると、職場の人間に電話対応を頼みやすくなります。

職場の人間に電話対応を頼む

在籍確認の相談が完了次第、職場の人間に電話対応を頼みましょう。

その際は以下のように頼むと、プロミスを利用していることが職場の人間にバレません。

「用件や社名を話さない〇〇(審査担当者)さんから電話が掛かってきたら、個人的なクレジットカードの件だから自分に回すか『後で本人から折り返させる』って伝えて欲しい」

在籍確認対策をしっかりと整えて、スムーズに増額審査を受けましょう!

土日に増額審査は受けられない

意外と知られていないですが、プロミスの増額審査は平日9:00~18:00が受付時間となっています。

この点は新規の借入と異なる部分なので、十分注意しましょう。

プロミスの増額審査に通るには日頃の利用状況も大切

プロミスの増額審査に通るために、直前に対策をしても通過できるものではありません。

増額審査ではプロミスを借り入れてから今までの利用状況を細かく見られ、1回でも延滞があれば審査通過はかなり難しくなります。

プロミスの増額審査に通るには、最初から返済は絶対遅れないという強い意識が大切になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする