プロミスの返済方法は?おすすめの方法とかかる手数料を徹底解説

プロミスの返済方法

カードローンを利用する前に気になるのは返済方法や返済の流れですよね。

このページではプロミスの返済方法や返済の仕方について解説していきます。

また、プロミスの返済が遅れるとどういったデメリットがあるかも紹介していくので、そちらもチェックしておきましょう!

プロミスの審査基準を徹底解説!審査に落ちる人と通る人の違いとは?

プロミスの返済はどんな仕組み?返済方法を知ろう

プロミスの返済は他のカードローンと同様に、元金+利息で返済をしていきます。

毎月返済をした結果、元金が0になれば返済は完了となります。

元金をスムーズに減らすためには、約定返済と随時返済という2種類の返済方法を知っておく必要があります。

毎月の約定返済

約定返済とは、月々の返済を期限内におこなうことを義務付けられたものです。

返済の滞納とは、主にこの約定返済の滞納のことを指します。

約定返済額は、残高に応じて変化していきます。

残高額 計算式 返済回数
30万円以下 残高×年3.61% 最大36回
30万円超~100万円以下 残高×年2.53% 最大60回
100万円超 残高×年1.99% 最大80回

※1,000円未満は切り上げ計算

約定返済額は返済すればするほど減っていきます。負担は減りますが、元金の減り方も緩やかになっていくので、いつまで経っても完済できないのがデメリットです。

随時返済でプロミスの返済期間を短縮できる

約定返済の他に、プロミスは随時返済という方法を用意しています。

約定返済とは別に、いつでも好きな額を返済できる方法のことで、これを実施すれば、元金をダイレクトに減らすことができます。

つまり、どんどん随時返済をしていけば、その分だけ返済期間は短縮され、トータルの利息も減るのです。

ただ、随時返済でお金を使いすぎて約定返済ができなくなれば、契約解除などのペナルティが待っています。

まずは約定返済が優先ということを頭に入れておきましょう。

プロミスの返済はいつまでにおこなうの?

プロミスの約定返済日は、月5日、15日、25日、末日の中から都合の良い日を選択するようになります。

返済は、上記のうちから決めた期限までにおこなえば問題ありません。

多くの方は給料日の直後に返済期限を設定し、不足を防いでいるようです。

ただ、給料日と同日や直後に設定すると、万が一給与が期日通りに支給されなかった時に大きなリスクがあるので注意しましょう。

プロミスの返済の仕方まとめ

返済方法 利用可能時間 手数料 特長
インターネット返済 24時間365日 無料 即時反映できる
口座振替(口フリ) 登録口座の銀行営業日 無料 返済忘れを防げる
店頭窓口から返済 平日10:00~18:00 無料 安心して返済できる
プロミスATM 店舗によって異なる
  • 110円(1万円以下)
  • 220円(1万円以上の取引)
利便性が高い
マルチメディア端末 24時間365日 無料 ガイドが見やすく便利。手数料完全無料
銀行振込 振込手数料がかかる

プロミスの返済は、このように様々な返済の仕方があります。

基本的には、自分の最寄のATMや銀行に合わせて返済方法を決定することをおすすめします。

ただ、注意しておきたいのが営業時間と手数料の違いです。

1回あたりの手数料は少額に思えますが、何十回も返済をすると考えるとトータルで大きな負担にはなるので注意しましょう。

プロミスのおすすめ返済方法!口座振替とインターネットバンキングを活用しよう

プロミスには豊富な返済方法があり、約定返済と随時返済で違う方法を組み合わせて返済することができます。

この時意識したいのが、約定返済は期限が決まっているのでスピーディに返済できるかどうかであり、随時返済は楽に・お得に手続きできるかどうかです。

まず、約定返済でおすすめしたいのが口座振替です。スピーディに振り込みが反映されるので、期限までに余裕を持って手続きすることができます。

随時返済の場合は、インターネットバンキングを活用することをおすすめします。

口座振替は最低限の返済額しか引き落としされないので、随時返済を考えている場合は口座振替以外の返済方法を必須で考えていかなければいけません。

インターネットバンキングからスムーズに手続きすることで、効率よく返済できるようになります。

プロミスの提携ATMと返済方法の違いを知っておく

プロミスの提携ATMは以下の通りです。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 横浜銀行
  • 東京スター銀行
  • 第三銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
  • ゆうちょ銀行
  • クレディセゾン

意外と少ないですが、上記の銀行がATMに入っていないケースはほぼないので、どこのATMでも安心して返済に利用することができます。

注意してほしいのが親和銀行、広島銀行、八十二銀行の3行です。

こちらもプロミスと提携してはいますが、借入だけで返済には対応していないので注意しましょう。

まずはどんな提携ATMがあるのか、最寄はどこで営業時間は何時までなのかを知っておきましょう。

24時間利用可能のATMでも、設置店舗が営業時間を設けている可能性があるので注意が必要です。

銀行振込で返済する流れ

  1. 公式サイトから会員ページにログイン
  2. 振り込み先口座番号を確認
  3. ATMで振り込み操作
  4. 控えを受け取る

自動引き落とし(口座振替)で返済する流れ

  1. 公式サイトから会員ページにログイン
  2. 「口フリ(口座振替)」というメニューをクリック
  3. 金融機関を指定
  4. 申込

お金に余裕ができたらプロミスを一括返済するのがおすすめ

前述の通り、プロミスはその仕組み上、いつまでたっても完済することはできません。

そのため、頃合いを見て一括で返済をする必要があります。

一括返済はいつのタイミングでも実施可能です。随時返済と同じく元金のみを減らせるので、最初のうちに一括返済をしてしまうのが最もお得になります。

また、返済を続けると利息の端数が出てATMからピッタリ返済できなくなるので、どちらにせよ一括返済をする必要性はあります。

一括返済をする際はプロミスの電話窓口に問い合わせて、その旨を伝えましょう。

その後、やり方が共有されるので、それにそって返済をします。

随時返済、一括返済を上手く活用するのが、プロミスの返済をお得におこなうカギとなります。

プロミスの返済が遅れそうな時は必ず連絡しよう!

ここまでプロミスの返済方法や返済の流れについて解説してきました。

しかし、時にはプロミスの返済が遅れてしまいそうになることもあるでしょう。

そういった場合は必ずプロミスへ連絡することをおすすめします。

詳しくはこのページでも解説していきますが、返済の遅れを放置すると信用情報に傷がつき、最終的には給与などの財産が差押えられます。

申込者からの連絡さえあれば、プロミスにも返済の意思が伝わるため、親身になって今後の返済プランを立ててくれます。

プロミスへの返済が間に合いそうにない・プロミスへの返済が遅れている場合は、一刻も早くプロミスへ電話を掛けましょう!

プロミスの返済遅れを防ぐ方法

プロミスの返済遅れを防ぐ方法としては、以下などが挙げられます。

  • 普段から現金を残しておく
  • プロミスから追加で借りる
  • 支払日を伸ばす利息だけを返済する

詳しくは次から見ていきましょう。

普段から現金を残しておく

返済遅れを防ぐためには、いざという時のための現金を残しておくことが効果的です。

例えば普段の買い物にもクレジットカードを使えば、生活の質を落とすことなく手元に現金を残せます。

ただし、クレジットカードを利用する際は一括払いか2回払いを選択しましょう。

それ以上の分割払いやリボ払いを選択すると、多くの手数料が掛かり、借金が増えてしまうからです。

普段からプロミスの返済が遅れないように対策をしておきましょう!

プロミスから追加で借りる

どうしても返済が遅れてしまいそうな場合は、プロミスで追加の借入をすることも検討しましょう。

追加で融資を受ければその分借入日を伸ばすことができるためです。

ただし借金を返すための借金は根本的な解決にならない上に、今後の返済額が増えてしまいます。

「あと1週間で給料が入る!」といった緊急の対処法として覚えておきましょう!

支払日を伸ばす

プロミスは返済期日前に限り、以下の方法で返済日を最大30日間先送りにできます。

  • インターネット会員サービス「ご返済日変更申込」
  • プロミスコール(0120-24-0365)
  • 自動契約機
  • プロミスの店頭窓口

なお返済日を先延ばしにした場合、遅延損害金※は発生しませんが、通常の利息は発生します。

※遅延損害金とは、延滞した場合に適用される利息のこと。

プロミスの場合は延滞した日から利息が17.8%から20.0%に上がる。

なるべく早くの返済を心がけましょう!

利息だけを返済する

どうしてもプロミスへ返済するお金を用意できない場合は、利息分だけでも返済しましょう。

例えば10万円を借りている場合月々の最低返済額は4000円になり、内訳は以下の通りです。

4000円の内訳
1463円 利息
2357円 元金への返済

つまり、1000円未満切り上げで利息分に2000円さえ払えば、返済の遅れになりません。

利息は借入金額×金利(0.178)÷365×月々の日数で計算できます。

プロミスへの返済が遅れてしまいそうな時は、利息分だけでも払えないか計算してみましょう!

なお利息分だけの返済をするにあたっては特に連絡なども必要ありませんが、元金を払わないといつまで経っても借金が減りません。

なるべく早い段階で最低返済額を返していきましょう!

プロミスの返済が遅れるどうなる?

プロミスの返済遅れが続くと以下などのデメリットが生じます。

  • 遅延損害金が発生する
  • 催促の電話が掛かってくる
  • 催促状が家や職場に届く
  • 信用情報に傷がつく
  • 財産が差し押さえられる

詳しくは次から見ていきましょう。

遅延損害金が発生する

先ほども説明した通り、プロミスの返済が遅れると遅延損害金が発生します。

遅延損害金は借入残高×0.2÷365×延滞日数で計算できます。

以下に遅延損害金のシミュレーション結果をまとめました。

借入残高 延滞期間 遅延損害金
5万円 1ヶ月 822円
2ヶ月 1657円
3ヶ月 2506円
10万円 1ヶ月 1644円
2ヶ月 3315円
3ヶ月 5013円

借入残高や延滞期間が増えれば遅延損害金も膨らんでいきます。

返済期日を過ぎてしまっている場合でも、なるべく早く返済しましょう!

催促の電話が掛かってくる

プロミスの返済期日を1日でも過ぎるとプロミスから催促の電話が掛かってきます。

昨今は法律やコンプライアンスの整備が進んでいるため、恐喝紛いな電話は掛かってきませんが、電話に出るまで毎日掛かってきます。

場合によっては同じ日に何度も電話が掛かってくることもあるでしょう。

なるべく早い段階でプロミスからの電話に出て、今後の相談をすることをおすすめします。

催促状が家や職場に届く

返済の滞納から1週間近くが経過すると自宅に催促状が届きます。

この催促状はWeb完結を利用していても回避することができません。

そのため家族にプロミスの利用を秘密にしている場合などは、催促状が届く前に返済しましょう!

信用情報に傷がつく

返済を滞納してから61日以上が経過すると、延滞したことが信用情報に記録されます。

延滞情報が記録されると、いわゆる信用情報に傷がついた状態になり、以下などが利用できなくなる可能性が高いです。

  • 新規カードローン契約
  • 新規クレジットカード契約
  • 携帯電話の分割払い契約
  • 賃貸物件の契約

また延滞情報は滞納の解消から5年は残り続けます。

どんなに遅れても61日を超える前に、返済しましょう!

財産が差し押さえられる

返済の滞納を続けると最終的にはプロミスから訴えられ、裁判所から支払命令が下されます。

それも放置し続けると給与や貯金、自家用車などが差押えられます。

なお財産隠しを防ぐために、差押えの実施は滞納者に通知されないことが多いです。

そのため「お金を下ろそうとATMに行ったら貯金が全てなくなっていた」「出勤しようとしたら車が動かせなくなっていた」といったケースが起こり得ます。

また、一度財産が差押えられると速やかにオークションよって現金化されるため、買い戻すことは困難です。

手放したくない財産がある場合は、差し押さえを受ける前に、返済しましょう!

プロミスを利用する前に返済プランを立てておこう!

このページではプロミスの返済方法や返済の流れ、滞納した時の対処法などを解説してきました。

プロミスは返済方法を多く用意しており、利用しやすいカードローンですが、滞納には多くのデメリットがあります。

そのため公式サイトでシミュレーションをしてから、プロミスを利用しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする