オリックス銀行カードローンの審査は土日も申込可能?

オリックス銀行カードローンの土日審査

オリックス銀行のカードローンは、知名度の高い銀行が発売している個人向けローンであり、利用限度額が800万円と大きく、提携先のATM手数料が無料など、信頼性と利便性の高さを兼ね備えていることで人気です。

また、口座を持っていない人もローンの申込が可能で、手続きがすべてWeb上で完結できるという点にも魅力があります。

そこで気になるのが、急に資金が必要になりがちな土日に、カードローンの審査申込や、カードの即日発行は可能なのかという点です。

オリックス銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?審査基準を徹底解説

オリックス銀行カードローンは土日も審査申込できる

オリックス銀行は実店舗を持たず、Web上のみで運営を行っている、いわゆる「ネットバンク」の一つです。

すべての手続きはWeb上で行われるため、店舗の営業時間に縛られることがありません。

そのため通常の銀行は休業日となる土日であっても、カードローンの申込は可能です。

平日は何かと忙しくて落ち着かないから、申込はゆっくりできる休日にしたいという人や、実店舗に出向いて手続きをするのは面倒だし、気後れするという人も、自宅で気軽に申込できます。

公式サイトから24時間365日申込を受け付けている

オリックス銀行のカードローンは、公式サイトから審査の申込手続きを行うことができます。

休業日や営業時間は設定されておらず、申込は24時間365日いつでも受け付け可能です。トップページにある赤いボタンを押すことで申込手続きのページに移動できます。

また、トップページには金利や利用限度額、提携ATMについても掲載されているので、まずは概要として読んでおきましょう。

ページ下部には返済シミュレーターへのリンクがあるので、仮に希望額の借入を行った場合の返済回数や、利息の支払い額がどれくらいになるかを知ることができます。

カードローンの審査申込にあたっての詳細な条件や、審査に必要な書類、審査結果の通知方法などについては、「商品説明はこちら」のリンクから確認可能です。

オリックス銀行カードローンは土日審査を実施していない

オリックス銀行カードローンの審査申込は、公式サイトから時間や曜日に関係なく行うことができますが、実は審査そのものは、基本的に土日には実施していないのです。

商品説明ページの下部にある「よくあるご質問」のコーナーにも、土日祝日をはさむ場合、あるいは申込状況などによっては審査に時間がかかる旨、回答があります。

ただし、これはオリックス銀行が特別というわけではありません。

2018年1月以降、犯罪防止の観点から、銀行はローンの審査に際して、警察庁が持つ反社会的勢力のデータベースに問い合わせするよう義務付けられたことが主な理由です。

そのため、銀行でのカードローン申込については、平日であっても正式な審査結果の通知は最短で翌日となっています。

土日の申込は翌営業日に回される

銀行のカードローンは申込の後、保証会社による仮審査を経て銀行による本審査へと進みます。

ここに2018年1月からは警察庁データベースへの問い合わせが加わりました。

そして、このデータベースからの回答が「最短翌営業日」であるため、土日の申込についての審査は、翌営業日に回されることになるのです。

仮に、保証会社と銀行の審査がすでに終わっていたとしても、データベースからの回答がなければ審査手続きを完了することはできません。

オリックス銀行カードローンは即日融資できない!最短で借りるにはどうすれば良い?

長期休暇中の申込はかなり後回しされる

ゴールデンウィークなど長期休暇には、家族で海外旅行に出かけてみたりなど、大きな出費を予定している人も少なくありません。

これは逆に言えば、それだけ長期休暇の前には、カードローン審査の申込を行う人が増えるということでもあります。

銀行側にとっては取扱い件数が一気に増えるわけなので、この時期に申込した場合は申込順で後回しとなり、実際の審査が行われるまでにかなりの時間がかかる可能性があることに注意してください。

土日の審査申込は意外におすすめ?その理由とは

土日にオリックス銀行カードローンの審査申込を行った場合、その日のうちに回答を得て、カードを発行してもらうということはできません。

しかし、審査手続きは休み明けの営業開始と同時に始まり、在籍確認などもすぐに実行されるので、結果として審査はスピーディーに進められるのです。

もしも、融資そのものは土日に受けられなくてもいいが、申込は自分の好きな時間に済ませて、できるだけ早くオリックス銀行のカードが欲しいということであれば、土日の申込も一つの考えだと言えます。

翌営業日に優先的に審査してくれる

オリックス銀行の公式サイトからカードローンの申込を行うと、画面に記入したデータやアップロードした書類の内容は、瞬時に審査部へと送られています。

そのため翌営業日の業務開始時には、順番待ちの案件として取扱われることになるのです。

つまり、土日には審査してもらえなくても、休み明けには優先的に審査が行われるため、素早い対応が期待できます。

即日融資は無理でも、その日一番で仮審査の回答をもらうことが可能になるため、いつまでも連絡がないとやきもきする心配はありません。

次の金曜日までに融資を受けられる可能性が高い

オリックス銀行では、本審査に通っても、その直後に融資を受けることはできません。

指定した口座への振込み融資はありますが、そのためにはカード番号が必要です。

そして店舗を持たないオリックス銀行には自動契約機も無いため、カードを受け取るには自宅に郵送されてくるのを待つしかありません。

しかし土日に申込を行い、月曜日に審査、火曜日に結果回答と進んだなら、カードの送付期間を考えても、その週の金曜日までには融資を受けられる可能性が高くなります。

土日にお金を借りるなら消費者金融がおすすめ!

オリックス銀行も含め、多くの銀行では土日は営業時間外としているため、融資の申し込みは受け付けていても、審査は週明け以降となるのが普通です。

そのためカードローンを申し込んでも、なかなかその日のうちに融資を受けると言うことはできません。

一方、消費者金融では、ほとんどの業者が365日審査を行っています。

利息は銀行に比べれば高めになる傾向にありますが、条件付で無利息融資のサービスを行っているところもあり、上手に利用すれば有利かつ便利に利用できるため、おすすめです。

土日の審査は最短30分

消費者金融では、たとえ土日であっても平日と変わらないシステムで審査を行っています。

そのため、審査にかかる時間も平日と比べて特に長いと言うことは無く、最短30分で回答を得ることができるのです。

ただし、この最短の審査時間を実現するためには、審査に必要な書類が手元に揃っている必要があります。

Web上で審査を受けるにせよ店舗に足を運ぶにせよ、必ず用意しなくてはならないものなので、申し込み前に業者のホームページを見て、書類の種類や点数などを確認しておいてください。

自動契約機があればその場でカード発行可能

消費者金融には自動契約機を設置している店舗も数多くあります。

自動契約機での融資申し込みは、審査終了後、契約機からカードの発行が行われ、そのカードを使用して即時にキャッシングが可能です。

また、店員と直接顔を合わせることがないため、ストレスを感じにくいのも利点だと言えます。

消費者金融のキャッシングローンは、基本的に繰り返し借入可能なので、完済した後も1枚キープしておけば、急な引越しや出張など、急に現金が入用になったときに便利です。

高い金利も無利息サービスでカバー

消費者金融はより多くの人に融資を行うため、銀行と比べて審査基準が緩めであることが多く、その分貸し倒れのリスクが増えてしまいます。

そのため、金利を高めに設定することでリスクを全体に薄く分散しているのです。

しかし客の側からすれば、高い金利は敬遠しがちになります。

そこで、大手の消費者金融では無利息期間を設けるというサービスが行われるようになってきました。

中には繰り返し使えるサービスもあり、工夫次第では銀行よりもお得にローンを利用できます。

オリックス銀行カードローンは土日申込可能!ただし審査は平日のみ

オリックス銀行カードローンは、24時間365日、公式サイトより申込可能です。

ただし審査は平日のみとなっているため、土日に審査を申込んでも、実際に手続きが開始されるのは休み明けの営業日からとなります。

また、審査のシステム上、結果の即日回答や即日融資はできません。

仮審査の回答が最短で当日中、本審査の回答は翌日以降に行われるため、どうしても緊急に借入が必要という場合には、即日融資が可能な消費者金融のローンを利用することも視野に入れましょう。

土日の借入におすすめの消費者金融

土日の借入に消費者金融を利用するのなら、ゆとりを持って申し込めるように営業時間はできるだけ長く、実際にキャッシングが利用できるまでの時間ができるだけ短いところを選びたいものです。

また、無利息サービスもそれぞれの業者で期間の長さなどに違いがあります。

賢く、上手にカードローンを利用するため、申し込み方法や借入後の利便性など、内容を比較検討して、自分の目的に合ったサービスが行われている業者を見つけてください。

プロミス

プロミスのフリーローン

プロミスの審査は、Webで24時間受け付け、回答まで最短30分、融資の実行までは最短1時間という便利さとスピードが自慢です。

必要書類はスマートフォンで撮影してアップロードすることになるので、事前に準備をしておきましょう。

口座がない人は、店舗の無人契約機を利用することで、その場でカードを受け取ることが可能です。

また、プロミスの利用が初めてであれば、「利用開始の翌日」から30日間、無利息で借入ができます。

プロミスの審査基準を徹底解説!審査に落ちる人と通る人の違いとは?

アイフル

アイフルで土日にすぐキャッシングをしたい人は、無人契約でんわBOX「てまいらず」で手続きを行い、カードの発行を受けることになります。

「てまいらず」はアイフルの店舗に設置されている自動契約機で、電話でオペレーターと相談しながらすべての手続きを進められるのが特徴です。

わからないこともその都度質問できるため、安心感のあるシステムだといえます。

「てまいらず」の受付は8:00~22:00までとかなりの長時間であり、余裕を持って申し込みできるのも嬉しい点です。

アイフルも無利息サービスを行っており、最大30日間、無利息での借入できます。

無利息期間の計算開始日は「契約日の翌日」からで、アイフルで初めて無担保キャッシングローンを利用する人が対象です。

アイフルの即日融資は何時まで?土日でも即日振込みは可能?

アコム

アコムはWeb・電話での融資申し込みは365日24時間受け付けていますが、土日の振込み融資には対応していません。

店頭窓口も受付時間は平日の9:30~18:00までであるため、土日にキャッシングを行うには、自動契約機「むじんくん」でのカード発行に頼ることになります。

このとき、できるだけカード発行までの時間を短縮したいという人は、申し込みから審査までをフリーコールで手続きしておき、カード発行のみを「むじんくん」で受けるという方法が可能です。

アコムの無利息サービスは「契約日の翌日」から30日間となっています。

対象となるのはアコムでの融資契約が初めてであり、返済期日のサイクルを「35日ごと」にした場合です。

「毎月指定日」や「毎月6日の自動引き落とし」は対象外となることに注意してください。

アコムのカードローンを大手8社と徹底比較!メリット・デメリット

ノーローン

ノーローン

ノーローンはプロミス同様、土日でも即日の振り込み融資に対応している、数少ない消費者金融の一つです。

ノーローンの場合は楽天銀行の口座があれば、申し込みからキャッシングまで、Web上で完結させることができます。

カードを発行してもらいたい人は、ノーローンと同じ新生銀行系で、提携先であるカードローン、レイクALSAの自動契約コーナーで手続きが可能です。

受付時間は8:45~21:00ですが、第3日曜日のみ19:00までとなります。

ノーローンの無利息期間は「利用開始の翌日」から1週間と短いのですが、その代わりに完済後は何度でも繰り返し、新たな借入をするごとに適用されるのが特徴です。

給料日までのつなぎとしてなど、使い方次第で非常にお得なカードローンになります。

ノーローンの審査は厳しい・甘い?審査落ちする7つの原因を紹介

レイクALSA

レイクALSAでは即日振り込みサービスは平日の14時までとなっているため、それ以降の時間帯や土日にキャッシングするには、自動契約コーナーでカードの発行を受ける必要があります。

融資の申し込み手続きは24時間いつでもレイクALSAの公式サイトから行えるので、事前に済ませておけば、自動契約コーナーでの手間を軽くできます。

受付時間は8:45~21:00、第3日曜日に限り19:00までとなるため、日曜日に利用する場合はカレンダーを確認しておきましょう。

レイクALSAの無利息サービスは基本的には「契約日の翌日」から30日間ですが、期間限定で60日間無利息のキャンペーンが実施されることがあります。

対象条件はレイクALSAでのカードローン契約が初めて、かつ契約額が1~200万円までであり、期間内に60日間無利息を選んで契約することです。

レイクALSAの審査は厳しい?甘い?審査基準と審査に落ちる人の特徴

SMBCモビット

SMBCモビットでは、Webもしくは自動音声案内の電話サービスを利用することで、24時間、365日の融資申し込みが可能です。

振込には三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行が利用できますが、いずれも土日は営業時間外です。

そのため、土日に即日融資を受けるには自動契約機でモビットカードを発行してもらい、コンビニ等に設置されている提携機関のATMで現金を引き出すという形になります。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットでは、残念ながら無利息サービスは行っていません。

しかし利用限度額が最大800万円と大きく、急な引越しや入院など、いざというときに非常に頼りになるカードだと言えます。

またカード発行後、カードローンにMastercardとTカードの機能が加わったTカードプラス(SMBCモビット next)も別途申し込み可能です。

SMBCモビットの審査に落ちる理由と落ちた時の対処法を解説!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする