お金を借りるのは銀行と消費者金融のどっちがいい?メリット・デメリットを比較

現在はキャッシングサービスも多岐にわたり、その手段として銀行を選ぶべきなのか、それとも消費者金融を選ぶべきなのか、多くの方が迷ってしまいます。

どちらの手段もそれぞれメリットデメリットは存在しますが、それをきちんと理解しておけば、サービスを選ぶ際の迷いを少なくすることができます。

今回は銀行の特徴、消費者金融の特徴を順を追って分かりやすく説明していきたいと思います。

キャッシングをお考えの方、参考にしてみてはいかがですか。

お金がない時はどうすれば良い?ケース別におすすめするお金を得る方法10選

銀行と消費者金融…お金を借りるならどちらがおすすめ?

先ほども述べたように、銀行と消費者金融にはそれぞれのメリットデメリットがありますが、人それぞれの価値観、置かれている状況などで違いが出てきますので、絶対にこっちの方が良いということは言えません。

それぞれの特徴を見て実際に比較してみましょう。

お金が必要!どうしてもお金を借りたい方がすべきことを徹底解説!

お得にお金を借りるなら銀行がおすすめ

まず銀行のメリットですが、金利が安いので消費者金融に比べお得にお金を借りることができます。

借りる金額によって変わってくるので一概には言えませんが、「限度額100万円未満のケース」でそれぞれの上限金利を比べてみると、消費者金融の場合は約18%程度、銀行を利用した場合は14%台と大きな違いが出てきます。

また最低金利額も銀行なら1%台〜というケースもあるなか、消費者金融はどんなに安くても3%〜というのが現状です。

やはり返済していくことを考えると金利の額は大切です。金利が高いと返済期間も長引いてしまいます。

それぞれのキャッシングサービスで細かく金利額が違ってくるので、利用する前によく見てじっくり検討することをおすすめします。

銀行借入する方法と失敗しないためのポイント6選

今すぐお金を借りるなら消費者金融がおすすめ

続いて消費者金融のメリットですが、なんと言っても「スピード」です。

キャッシングの審査は元来、信頼できる相手かを見極めるためにある程度の時間を要するものですが、消費者金融はお金を貸すことを最前提とした貸金業者であるので、銀行とは違う独自の審査基準を設けています。

それ故、その早さは銀行に比べ遥かにスピーディーです。まとまったお金が急に必要になった時は、消費者金融業者に連絡すればすぐに対応してくれます。

しかし、あまりに審査基準が甘い場合はヤミ金融の可能性が高いので要注意です。

消費者金融を利用する場合は事前のチェックを慎重に行ってください。

審査無しでOK、ブラックリストでもOKなどと謳われている業者は絶対利用してはなりません。

借りやすいカードローンはどこ?意外におすすめなのは中小消費者金融

早い時間帯に申し込めば最短1時間で借入可能

大手消費者金融を利用すれば即日融資を受けることも可能です。

状況によって変わってきますが、最短1時間で借り入れを受けることもできます。

スピーディーに融資を受けるには、なるべく午前中などの早い時間に申し込みをすることが必要になってきますが、即日融資を受けたい場合、遅くても正午過ぎくらいまでに申し込みを済ませておけば1時間〜5時間ほどで借り入れを受けることができます。

また、急いで融資を受けたい場合、申し込みの際にその意思を伝えれば、親切に対応してくれます。

電話以外にもインターネットで申し込みすることもでき、どちらを利用しても迅速に融資を受けられるので非常に心強いです。

電話が苦手な方でも気軽に利用することができます。

迷ったら消費者金融カードローンがおすすめ

消費者金融のキャッシングはカードを発行するのが一般的です。

このカードは金融業者の自社ATMの他に、銀行ATMやコンビニATMでも利用可能なので、いろんな場所で手軽にキャッシングサービスを利用する事ができます。

また返済方法も自社ATM、提携ATM、コンビニ、店舗での返済、口座振替、銀行振り込みなど、様々な手段があるので気が付いた時にすぐ返済する事ができます。

一般的に「銀行は安心できるけど、消費者金融は怖い。一方で銀行は審査が厳しくて、簡単にお金を借りるには消費者金融を選ぶしかない」というイメージがあり、ジレンマを感じていると思います。

しかし以前に比べ、銀行と消費者金融との違いは無くなってきています。

理由は総量規制(年収の3分の1までしか融資を受けることができない)が施行されたり、過払金の返還請求が浸透したことで、消費者金融が経営難に陥ったことにあります。

その際、多くの大手消費者金融は銀行傘下に入りました。

結果、以前のような消費者金融に対するダークなイメージが少し薄れてきているのです。

これらを鑑みても、迷っている方には消費者金融カードローンをおすすめします。

カードローンはブラックでも審査に通る?消費者金融は審査が甘い?

仕組みがシンプルで初心者も利用しやすい

消費者金融のカードローンはなんと言っても手軽さにあります。

申し込み〜審査〜融資の過程や返済の仕組みなど、とてもシンプルです。

最近ではネットバンクも登場してインターネット上で全ての手続きを完結させることができるので、スマホひとつあれば融資から返済まで外出することなく行うことが可能です。

契約書類や明細書なども全てWEB上で完結されるので、家族や恋人にバレることもありません。

どうしても消費者金融の利用を隠したい人も安心して生活することができます。

無利息期間中は最大30日間金利0

消費者金融カードローンには「無利息サービス」というものがあります。

その名の通り無利息で借り入れができるサービスです。最大で30日の期間が設けられ、その期間内に返済すれば利息がゼロで済みます。

その期日を守れなかった場合は借り入れた初日からの利息が発生してしまうため気をつけなければなりませんが、こういったサービスを利用することで上手なキャッシングをすることが可能になります。知っておいて損はないでしょう。

おおよその業者が「初回のみ30日間無利息」でサービスを行なっていますが、細々とした条件が業者ごとに設定されていますので確認が必要です。

また、これはあとで詳しく解説しますが、何度でも無利息でキャッシングが行える業者も存在します。

銀行カードローンの審査基準は難しくなっている

銀行カードローンは先に述べたように、金利面では大変お得になっている反面、その審査基準はだんだんと厳しくなっているのが現実です。

まず第一に求められるのは返済能力です。年収、勤務先、雇用年数など様々な要素を高い基準で満たしておかないといけません。

主婦の方、学生の方はもちろん、転職を多く重ねている方も審査に通らない可能性が高く、そのハードルは年々上がっていく一方です。

また2018年より、銀行カードローンの審査では警察庁データベースへの照会が行われるようになりました。

これは犯罪組織や暴力団と関わりがないかを調べることを目的としたものですが、ひとつ審査の手順が増えてしまったことにより、スムーズな融資が受けることが更に難しくなってしまいました。

はじめてお金を借りる方におすすめの消費者金融

ここで、はじめての方におすすめできる消費者金融業者を挙げてみましょう。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • レイクALSA
  • ノーローン

どこかで耳にしたことのある業者ばかりですね。

これらの業者にはそれぞれ違った特徴があり、どういったことに特化しているかは業者ごとに異なっています。ではひとつひとつ見比べてみましょう。

プロミス

金利(年率) 4.5%〜17.8%
借入限度額 1〜500万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短1時間
無利息サービス 初回30日間
女性専用窓口 あり
WEB申し込み スマホで24時間可
返済方法 豊富な手段あり

大手消費者金融のひとつ「プロミス」です。

まず金利ですが、4.5%〜17.8%となっています。最高金利額が17%台に抑えられているのが特徴です。

おおよその業者が18%であることを考えると、これは非常にお得だと言えます。またプロミスの最大のメリットは豊富な返済方法にあります。

インターネット、口座振替、店頭窓口、自社ATM、提携ATM、Loppi、Famiポート、銀行振込、これら全てに対応しているのはプロミスだけです。

30日間の無利息サービスを受ける条件ですが「初めての借り入れであること」「Eメールアドレスを登録してWEB明細を利用すること」となっています。

プロミスの審査基準を徹底解説!審査に落ちる人と通る人の違いとは?

アコム

金利(年率) 3.0%〜18.0%
借入限度額 800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短1時間
無利息サービス 初回30日間
女性専用窓口 あり
WEB申し込み スマホで24時間可
返済方法 豊富な手段あり
クレジット機能 追加可能

続いて「アコム」です。「初めてのアコム」というCMのフレーズが印象的です。

借り入れ限度額が800万円となっていて、プロミスより300万円高いです。

金利は3.0%〜となっていますが最高で18%課せられます。またアコムの30日間無利息サービスですが、こちらは「契約の翌日から数えて30日間無利息」となっています。

つまり契約した次の日から、借り入れを受けていようといまいとサービスは始まっているということです。

例えば、契約して14日が経過した後に借り入れを行なった場合、その無利息期間は16日しか残っていないということです。

そしてサービスを利用する条件として返済スケジュールを指定されます。この点はプロミスのサービスの方が優れていると言えるでしょう。

しかし、アコムにはカードローンにクレジット機能がつけられるという利便性があります。

これは業界で唯一アコムだけが実施しているのでかなりのセールスポイントとなっています。

アコムのカードローンを大手8社と徹底比較!メリット・デメリット

アイフル

金利(年率) 3.0%〜18.0%
借入限度額 800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短1時間
無利息サービス 初回30日間
女性専用窓口 あり
WEB申し込み スマホで24時間可

次に「アイフル」です。こちらも有名な業者です。

アイフルの特徴ですが、大まかな点ではアコムと変わりません。

金利、借り入れ限度額共にアコムと同様です。しかし、アイフルには急いでいる方に向けて専用にフリーダイヤルを設けています。

こちらを利用することで、よりスピーディーに借り入れを行う事が可能になります。

また30日間無利息サービスですが、基本的にはアコムと同じく「契約日の翌日から30日間無利息」となっていますが、アイフルの方は返済スケジュールを指定されることはなく、アコムに比べると若干良心的なサービス内容となっています。

アイフルのカードローンを大手8社と徹底比較!メリット・デメリット

レイクALSA

金利(年率) 4.5%~18.0%
借入限度額 1〜500万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短1時間
無利息サービス 2種類
女性専用窓口 あり
WEB申し込み スマホで24時間可

続いてレイクALSAです。「レイクがあるさ」のフレーズでお馴染みです。

金利はプロミスより高く、借入限度額はアコムやアイフルに比べ低いので少しバランスが偏っている印象を受けますが、最大の特徴として「2種類の無利息サービス」が挙げられます。

一つはプロミスも行なっている「初回30日間無利息サービス」、もう一つがレイクALSA独自の「初回180日間無利息サービス」です。

この独自のサービスを受けるには条件があり、大まかなものとして「借入限度額1〜200万円で契約している」「借入額のうち5万円まで」となっています。

状況に応じて上手に使い分ければお得に融資を受ける事ができます。

レイクALSAのカードローンを大手8社と徹底比較!メリット・デメリット

ノーローン

ノーローン

金利(年率) 4.9%~18.0%
借入限度額 1〜300万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 9:00〜20:30であれば最短20分で審査
無利息サービス 7日間の無利息サービスが毎月一度受けられる(回数無制限)
遅延損害金 20%
WEB申し込み スマホで24時間可

こちらはあまり聞きなれない人も多いと思います。

ノーローンには他の業者には見られない独特な特徴がありますので一緒に見ていきましょう。

とても特徴的なサービスが「7日間の無利息サービスが毎月一度受けられる」というものです。次の月になれば再び利用できるのが驚きです。

給料日前に金欠に陥ってしまった等、ピンチな場面で応急処置的に使うことができるのはとても心強いです。

少し審査が厳しかったり、金利が高かったりとデメリットもありますが、この独自のサービスは他では受けられないのでとても人気です。

ノーローンの審査は厳しい・甘い?審査落ちする7つの原因を紹介

カードローン以外のお金を借りる方法

ブラックリストに載ってしまっていたり、債務整理したという方もいると思いますが、そういう方は審査で落とされてしまう可能性があります。

どれだけ消費者金融のカードローンが便利で気軽に使えると言っても、審査に通らなかったら元も子もありません。

中には審査に落ちてしまい、もうお金を借りる事ができなくなってしまったと絶望的になる人もいます。

そしてヤミ金融からお金を借りてしまい、人生を棒に振ってしまうというケースも多く存在します。

審査に落ちてしまっても、ヤミ金融以外にお金を借りる方法はいくらでもあります。

その場しのぎのつもりで怪しい業者を使ってしまったらもう手遅れです。カードローン以外にもお金を借りられる方法があるということを知っておいた方が良いでしょう。

生活サポート基金を利用する

生活サポート基金という一般社団法人があるのはご存知ですか?これはお金に困窮した人を救うことを目的とした法人団体です。

債務整理をしたあとにローンを組みたい方や、消費者金融の審査に落ちてしまった人の受け皿になってくれます。

注意すべき点として、以下の点があります。

  • 収入証明書が必要
  • 総量規制の対象
  • 金利は年率12.5%
  • 遅延損害金14.6%

上の2点から言い換えれば、何かしらの職に就いているというのが条件だということです。無職の人は利用する事ができません。

生活サポート基金は営利を目的とした団体ではありません。

消費者金融と違い、融資後も継続的な支援をしてくれるのが大きな特徴です。

借金生活をリセットしたいと強く願う人たちの強い味方になってくれるはずです。

定期預金担保貸付制度を利用する

他の手段として「定期預金担保貸付制度」があります。

これはその名の通り、定期預金を担保にお金を借りられる制度です。

銀行に総合口座があり定期預金を組んでいる方なら誰でも利用できます。また一般的なキャッシングローンとは違い、審査がないので簡単に利用する事ができます。

金利も最大1%台までと超低金利となっていることに加え、この制度を利用してもその記録は信用情報に一切残らないというメリットもあり、安心して利用することができます。

利用限度額ですが一般的には定期預金残高の90%までとなっています。

つまり、定期預金にお金が入っていればそれだけで利用可能というわけです。そしてその残高がどれくらいあるかで借りられる額が変わってきます。

(どれだけたくさんの残高があっても最大利用限度額は別途設定されていて、相場は200万円〜500万円と各銀行によってその額は異なります)

条件が満たされていれば普通預金口座に入金されるという形で半ば自動的に融資を受ける事ができ、返済する際も普通預金口座に入金するだけなので簡単に利用できます。

共済組合の貸付を利用する

これは公務員の方に限定される話ですが、共済組合からの貸付を利用するという手段があります。

団体によって細かいルールがあるので確認が必要ですが、一般的には生活をする上で必要なものと認められない限り、利用することはできません。

主な例として、家電や車などの生活必需品の購入、住宅の補修などです。借金返済、投資、ギャンブルを目的とした利用はできません。

生活苦も理由として認められますが、何度も繰り返し利用するのは不可能です。

共済組合の貸付は、対象となるのが公務員ということが分かっているので身元を調べる必要がそこまでありません。

なので上記のように用途を調べるぐらいで、他のキャッシングローンのような審査は行われません。

しかし、過去に共済組合を利用した際にトラブルを起こしたことがあったりすると利用できないケースもあるようです。

返済は給与天引きや退職金控除という形で行われます。

もし利用者が破産した等、何かしらの理由で返済が不可能になったとしても、共済組合は保険に加入しているため、損害が出た場合はそこから損害金が支給されます。

まずは身近な人にお金の相談をしよう

どうしてもお金を借りられる場所がないという方、もし独りで悩んでいるのなら一度両親、家族、兄弟姉妹など親族に相談しましょう。

確かにプライドが邪魔して言いにくいこともあるでしょうが、「頑なにお金のことは秘密にしていたのに、話してみたらあっさりお金を貸してくれた」なんてこともあるかもしれません。

今まで1人で悩んでいたのが馬鹿らしく思えるくらい、家族はいつでも心配してくれます。

身寄りがない方も、信頼できる友人、恋人、会社の同僚や上司に話すことで活路が見出せるかもしれません。

きちんとした誠意を見せる必要がありますが、返済意思があることをしっかり相手に伝えれば、誰かが手を差し伸べてくれる可能性もあります。

一度立ち止まってよく考えてみましょう。

お金を借りる時はどこから借りるかが重要

一通り比較してみましたが、いかがでしたか?キャッシングにはいろんなサービスが存在することがわかってもらえたと思います。

借りたお金を返済するまでがキャッシングです。返済が苦しくならないようにするためには、あなたの生活スタイルにあったキャッシングサービスを利用するのが重要です。

何度も述べているようにヤミ金融を利用してしまっては、意義のある借り入れ、返済は不可能です。

また、追い込まれた時には、プライドを捨てるのも大事です。

ここまで見比べてきたものをよく吟味した上で、余裕のあるキャッシングを行いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする