キャッシングのメリット・デメリットを徹底解説

キャッシングのメリット・デメリット

キャッシングは、お金を借りる行為を指す言葉です。

キャッシングに該当するサービスはかなり多くなっており、消費者金融からお金を借りる方法以外でも利用されます。

ここではキャッシングという言葉について説明するほか、キャッシングのメリットやデメリットについても紹介します。

これからキャッシングを利用したいと考えているなら、メリットとデメリットはしっかりと理解しておきましょう。

審査の甘い・緩いキャッシング会社ランキング!激甘審査・即日融資可能な消費者金融を厳選

※本ページにはPRが含まれます。

キャッシングってそもそも何?

キャッシングは、お金を借りる行為すべてを指す言葉で、どのような借入に利用しても構いません。

消費者金融でお金を借りるほか、クレジットカードで借りる場合もキャッシングとして扱われます。また、カードローンについても、キャッシングと呼ぶ場合があります。

キャッシングは、決められた金額までの間で融資が受けられます。

多くの場合、キャッシングは複数回の数詞に対応しており、何度もお金を借りられます。

返済して再び借りるという方法も使えるため、何度も借りて返済する人もいます。

多くの借入が期待できる反面、キャッシングを利用する場合は審査を通過しなければなりません。

審査を通過できない場合、キャッシングの融資は絶対にありません。確実に融資を受けたいと考えているなら、まずは審査を通過するための情報を業者側に提供しましょう。

キャッシングはお金を借りる作業全般を指す

キャッシングという言葉は、お金を借りる作業全般を指す言葉で、色々な借入に利用されています。

一般的なキャッシングは、消費者金融からお金を借りる場合、もしくはクレジットカードのキャッシング枠を利用する際に使われますが、他の借入でもキャッシングという言葉を利用する場合があります。

お金を借りる行為は、基本的にキャッシングという言葉で表記する傾向が多く、どのような借入でもキャッシングとして扱う場合があります。

ただ、キャッシングは金利の高い借入に使われる言葉でもあり、低金利で提供しているローンはキャッシングという言葉を使わない傾向があります。

また、複数回の借入ができないローンの場合、キャッシングという言葉は使いません。

キャッシングは、何度も借りて返済するという借入方法に利用されており、1回だけしか融資をしない住宅ローンなどはキャッシングという言葉をあまり使いません。

クレジットカードのキャッシング枠が代表的

キャッシングとして利用される代表的な方法としては、クレジットカードのキャッシング枠があります。

クレジットカードには、商品を購入する際に利用されているショッピング枠もありますが、お金を借りるために用意されているキャッシング枠も存在します。

キャッシング枠は、カード会社との間で決められた金額まで融資を受けられるもので、大きな借入枠があれば大金を借りられます。

また、手続きはネットで実施できるほか、ATMなどを利用しても借りられる場合があります。非常に便利な借入方法と言えるでしょう。

ただ、クレジットカードのキャッシング枠は、会社側が認めない限り枠が用意されません。つまり、キャッシング枠が0円となっている人もいます。

また、キャッシング枠は任意で付けるという方針が取られているため、本人が拒否すればキャッシング枠を0円とする方法も可能です。

カードローンで融資を受ける際も使う用語

銀行が提供しているカードローンは、基本的にカードローンという呼び方をします。

これは、消費者金融やクレジットカードのキャッシングと違い、金利面での優遇をしているほか、銀行が積極的にキャッシングという言葉を使わない傾向があるためです。

しかし、カードローンで融資を受ける際も、キャッシングと呼ぶ場合があります。

キャッシングと呼んでも何も問題はありません。カードローンの融資方法も、実際には消費者金融やクレジットカードのキャッシングと変わらないのです。

つまり、同じような方法で融資をしている以上、基本的にはカードローンもキャッシングという扱いで構いません。

ただ、銀行側が一緒の扱いを嫌がっているため、カードローンという名称を使っているのです。

クレジットカードのキャッシング機能の仕組み

クレジットカードのキャッシング枠ですが、用意されている借入額の間でお金を借りる形となります。

また、ショッピングの利用額によっても、キャッシングの枠は変更されます。場合によっては、キャッシングの限度額があまり多くないため、借入に適さないクレジットカードもあるでしょう。

用意されている枠の間で、希望している金額を融資してもらう形となります。どれくらいの金額が必要なのか検討し、最終的に融資してもらう金額を決めてください。

場合によっては、限度額の限界まで融資を受ける形となりますので、限度額についてもチェックしておきましょう。

キャッシング枠の中でお金を借りることが出来る

用意されているキャッシング枠の間で、お金を借りられるようにしています。

キャッシング枠が多ければ多いほど、借りられる金額は増えていきます。できる限りキャッシング枠を増やしたほうが、大きな借入が行いやすく、使いやすい借入となります。

お金を借りる際は、インターネットで手続きをする方法が多くなっています。

また、ATMで借りる方法も用意されていますが、対応しているATMを自分で見つけなければなりません。

借りられる方法がどこにあるのか、借りる金額と一緒に情報をしっかり見ておきましょう。

キャッシング枠はショッピング利用額によって変わる

キャッシング枠は、ショッピングの利用額によって変更されます。ショッピングの利用額が多く、返済実績も多くあると判断されている人は、将来的にキャッシング枠が増えていきます。

一方で、あまり利用していないと判断されれば、キャッシング枠を付けるメリットがないため、小さい限度額に変更されます。

より多くの借入を実施するには、クレジットカードを多く利用するしかありません。

カードを使い続けて、本当の意味で信用される人にならないと、キャッシングでお金を借りられないのです。ショッピングなどで大きな買い物をしつつ、毎月の返済をしっかり済ませるように心がけましょう。

キャッシングのメリット

キャッシングのメリットは、すぐにお金を借りられるという部分です。お金が足りないと思っているとき、すぐにお金を融資してくれる方法がキャッシングです。

何時でも借りられるというメリットもあり、お金に困っているなら早々にキャッシングを使ったほうがいいでしょう。

また、クレジットカードの場合、海外でも融資を受けられます。海外の通貨で融資を受けられるため、お金が必要とされる場合は持っていたほうがいいでしょう。

特にキャッシュでしか払えないお店の場合は、クレジットカードのキャッシング枠が大いに役立ちます。

他にも生活費の借入を希望している場合など、自分を支えてくれる要因としてキャッシングは活躍してくれます。

上手に利用すれば、生活は大きく変わっていくでしょう。

すぐにATMからお金を借りられる

ATMを利用して、すぐに借りられるのがキャッシングです。

キャッシングが持つ最大のメリットは、やはり借りやすいというところでしょう。

ATMさえ見つけられれば、借りられるケースが多いため、お金が足りない時に活躍してくれます。

また、ATMは24時間に近い稼働状況を実現する会社もあります。いつでもATMでお金を借りられるのはいいところでしょう。

ただ、借りられない時間もありますので、深夜に利用する際は気を付けてください。

クレジットカードのキャッシングなら海外でもお金を借りられる

海外でもお金を借りられるメリットを持っています。クレジットカードのキャッシング枠は、海外でも利用可能となっており、現地の通貨でお金を借りられます。

特に海外旅行の際、キャッシュがなくなってしまった場合に、対応しているクレジットカードを持っていれば非常に便利です。

海外では、キャッシュだけで対応しているお店も多数あります。その場合は、クレジットカードで決済できず、支払いに苦労することとなるでしょう。

キャッシュがどうしても必要となった場合は、まずクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りて、キャッシュを作り出すといいでしょう。返済は日本に戻ってから進めればいいのです。

お金を借りるまで時間がかからない

短時間で融資を受けられるメリットを持っています。

ローンなどはかなり時間がかかってしまいますが、キャッシングの場合は短時間でお金を借りられるため、融資までに待たされる心配がありません。

お金を借りるまでに時間がかからず、すぐに融資を受けられるのはとても助かる要素です。キャッシングで借りられる状況さえ作っておけば、数分でお金を借りられるでしょう。

どうしてもお金が必要だと思っているときに、すぐお金を確保できるのがキャッシングの魅力です。

生活費の借入などに向いている

キャッシングは、生活費の借入に向いている方法です。どうしても生活に困っている時は、キャッシングを検討したほうがいいでしょう。

生活費の借入に利用できないという制限がないため、生活に困っているときはお金を借り、生活に充てても問題はありません。

また、キャッシング側も、生活費の借入として使えると全面的にアピールしており、少額の借入も簡単にできます。

ただ、キャッシングに依存しすぎると、返済が困難となるほか、生活に多大な影響が出てしまいます。あまり多くの借入は実施しないようにしましょう。

キャッシングのデメリット

メリットも多いキャッシングですが、デメリットも多数存在します。特に返済時に取られてしまう利息は大きな課題となっており、かなり大きな返済につながる可能性もあります。

少しでも返済額を抑えたいと思っているなら、低金利で借りられる商品を見つけましょう。

また、ポイント還元やキャッシュバックは、キャッシングにはほぼ用意されていません。

クレジットカードのキャッシング枠は、ポイントの対象外となっていますので、利用しても得られるものはありません。

ポイントなどを貯めている人は、ショッピング枠を利用するように心がけましょう。

返済に利息がかかる

キャッシングは、借りたら同額を返済するという方法ではなく、追加で利息を支払わなければなりません。

支払う利息ですが、年間で適用される金利によって決まります。大半のキャッシングは、18.0%という金利が使われます。

年間で18%の利息を返済するというのは、かなり大きな数字と言えるでしょう。この数字を少しでも減らすためには、低金利のキャッシングを探すしかありません。

また、返済方法などを工夫しておかないと、かなり多くの利息を取られてしまい、損をする場合があるので注意しましょう。

信用情報に借入情報が残ってしまう

信用情報には、様々な借金の情報が掲載されています。この情報に借り入れに関する情報が残されてしまい、信用を失う場合があります。

特に返済がしっかり進められていないと、信用度が大きく失われてしまい、他のローンが利用できない恐れもあります。

信用情報をいい状態で整えたい場合は、借入をしないように心がけてください。また、借入をしたとしても、返済しない状況だけは絶対に作らないようにしましょう。

ポイント還元やキャッシュバックの対象外

クレジットカードのキャッシング枠は、ポイント還元やキャッシュバックの対象外となります。

どれだけ利用してもポイントは増えませんし、キャッシュバックも受けられません。勘違いしないように心がけましょう。

なお、消費者金融のキャッシングは、独自に用意されたポイントシステムが存在します。このポイントを貯めていくと、キャッシング時に得をするサービスが使えます。

ポイントをしっかり集めておけば、使いやすいキャッシングが得られるかもしれません。

借金に対する価値観がマヒしてしまう

何度も借金を繰り返した結果、借金を甘く見るようになり、すぐにお金を借りるという方法を使いやすくなります。

このような状況が生まれてしまうと、借金に対する価値観がおかしくなり、借金はしてもいいという判断が強まってしまうのです。

本来であれば、自分で得られたお金で生活しなければなりません。しかし、生活費でお金を借りる回数が多くなってしまうと、どうしても借金に対する価値観がマヒし、借りられれば大丈夫と判断してしまうのです。

こうした問題を避けるためにも、まずは借金に対する価値観を正しく持つようにしましょう。

キャッシングのデメリットもしっかり把握すべし

キャッシングのメリットは大きいものの、デメリットもかなり多い方法であると理解しなければなりません。

デメリットが大きな方法であると十分に理解できないと、将来的に大きな損失につながる可能性があります。

また、借金の返済ができず、苦労する場合もあるでしょう。

正しい知識と返済方法を考えたうえで、キャッシングを利用するよう心がけたほうがいいでしょう。

間違った認識を持たないように心がけ、多くの借入を頻繁に利用しない気持ちでお金を借りたほうがいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする