プロミスの審査は派遣社員でも通る?在籍確認に通過できるかがカギ

派遣社員のプロミス審査

プロミスのカードローンは24時間融資を受けることができるなど、非常に利便性の高い商品です。

そのため派遣社員の方でも利用を検討している方はいるでしょう。

しかし、派遣社員でもプロミスの審査に通るのでしょうか。

結論から言うと、派遣社員であっても安定した収入さえあれば、プロミスの審査に通ります。

このページでは派遣社員の場合にプロミスの審査基準を解説していきます。

また派遣社員がプロミスでの審査落ちを防ぐ方法も紹介していくので、利用を検討している方は、そちらも確認しておきましょう!

プロミスの審査基準を徹底解説!審査に落ちる人と通る人の違いとは?

派遣社員でもプロミスの審査に通る!

最初に説明した通り、派遣社員でもプロミスの審査には通ります。

以下にプロミスの申込み条件をまとめました。

お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。
主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。
(プロミス公式サイトより引用)

見ての通り申込み条件には派遣社員は不可と書かれていません。

しかしプロミスの審査に通るためには、条件にある通り、安定した収入を得ている必要があります。

なお一般的に安定した収入があるとは、以下の条件を全てクリアしていることを指します。

  • 月収8万円以上
  • 月々の収入に大きなバラつきがない
  • 今後も収入が得られる見込みがある
  • 連続して3ヶ月以上収入を得ている

プロミスの審査を申し込む前に、自身が申込み条件に当てはまるか確認しておきましょう!

派遣社員の場合のプロミスの審査基準

派遣社員の場合のプロミスの審査基準は以下の通りです。

  • プロミス以外の借入が多くないか
  • 信用情報に傷がないか
  • 派遣社員としての勤続年数が1年以上あるか
  • 派遣元の在籍確認が取れるか

詳しくは次から見ていきましょう。

プロミス以外の借入が多くないか

プロミスの審査では返済能力を確認するために、他カードローンの借入状況がチェックされます。

他カードローンの借入が多ければ多いほど審査に通りづらくなり、特に以下に当てはまる場合、プロミスの審査に通るのは難しいでしょう。

  • プロミス以外の借入が3件以上ある
  • プロミス以外で年収の3分の1の額を借りている

理由など詳しくは次から見ていきましょう。

プロミス以外の借入が3件以上ある

他カードローンの借入件数が多いと以下などの理由で審査に通りづらくなります。

  • 今後債務整理をする可能性が高いと判断される
  • ローンの管理能力が低いと判断される
  • プロミスへの返済額が少なくなる

特に他カードローンの借入件数が3件を超えていると、プロミスの審査に通るのは難しいでしょう。

現在プロミス以外のカードローンを利用している場合は、返済を進めて借入件数を減らしてからプロミスの審査を申込みましょう!

プロミス以外で年収の3分の1の額を借りている

プロミスのカードローンは総量規制(年収の3分の1以上の融資を禁止する法律)の対象です。

そのため既に他カードローンで年収の3分の1の額を借りている場合は、プロミスから融資を受けることができず、審査に落ちてしまいます。

現在プロミス以外のカードローンを利用している場合は、利用しているカードローンの借入残高と年収を確認した上で、プロミスの審査を申込みましょう!

信用情報に傷がないか

プロミスの審査では返済能力を確認するために、申込者の信用情報がチェックされます。

そのため過去に以下などの金融事故を起こして信用情報に傷がついている場合、プロミスの審査に通るのは難しいでしょう。

  • クレジットカードの支払い延滞
  • カードローンの返済の遅れ
  • カードの強制解約
  • 携帯電話料金の滞納
  • 保証会社経由の家賃滞納
  • 保証会社などの代位弁済
  • 奨学金の返済滞納
  • 連帯保証人の返済滞納
  • 任意整理などの債務整理

しかし信用情報には保存期間が設定されているため、金融事故が解消されてから一定期間が経過していれば、信用情報の傷は消えています。

そのため上記の金融事故に心当たりのある場合は、プロミスの審査を申し込む前に、自身の信用情報を確認することをおすすめします。

信用情報の具体的な確認方法については、このページの「プロミスへ申し込む前に信用情報を確認する」を参考にしましょう!

派遣社員としての勤続年数が1年以上あるか

プロミスの審査では、安定した返済ができるかどうか判断するために、勤続年数がチェックされます。

具体的には派遣社員として働き始めてから1年が経っていない場合は、不利に判断されるでしょう。

ただし勤続年数は信用情報や他社借入とは違い、絶対的な基準ではありません。

あと少しで勤続年数が1年を超える場合は待った方が良いですが、待てない場合はそのまま申し込むと良いでしょう。

派遣元の在籍確認が取れるか

プロミスの審査では原則として在籍確認が実施されます。

在籍確認とは申込者が申告した通りの職場に勤めているかを確認する審査のことで、プロミスの場合は審査担当者が申込者の職場に直接電話を掛けることでおこなわれます。

在籍確認の電話は審査を申し込む際に申請した電話番号に掛かってきますが、派遣社員の場合は必ず派遣元の電話番号を申請しましょう。

なぜなら派遣先(実際に働いている職場)の全ての人間が、派遣社員をしっかりと把握しているとは限らないからです。

以下にプロミスの在籍確認の実施例と、在籍確認が完了するケース・完了しないケースをまとめました。

【在籍確認の実施例】
「私〇〇(審査担当者)と申しますが、□□(申込者)様はいらっしゃいますか?」
在籍確認が取れるケース 在籍確認が取れないケース
  • 申込者本人が電話に出た
  • 職場の人間が申込者の不在(休暇・外出)を伝えた
  • 誰も電話に出なかった
  • 電話に出た人間が申込者を把握していなかった

繰り返しになりますが、プロミスの審査では原則全ての申込者に在籍確認が実施されます。

そのため確実にプロミスのカードローンを利用したい場合は、在籍確認対策は必須と言えます。

具体的な対策はこのページの「在籍確認対策をする」を参考にしましょう!

派遣社員がプロミスでの審査落ちを防ぐ方法

派遣社員がプロミスでの審査落ちを防ぐ方法としては、以下などが挙げられます。

  • プロミスでの借入希望額を抑える
  • プロミスへ正確な情報を申告する
  • プロミスへ申し込む前に信用情報を確認する
  • 在籍確認対策をする

詳しくは次から見ていきましょう。

プロミスでの借入希望額を抑える

プロミスに限った話ではありませんが、金融機関にとって高額の融資をおこなうことは、貸し倒れの際の損失を増やすことに他なりません。

そのため、借入希望額を高く設定している申込者は厳しく審査されます。

一方借入希望額を10〜30万円程度に低く設定している申込者は、多少属性や返済能力に問題があったとしても、審査に通る可能性があります。

確実にプロミスのカードローンを利用したい場合は、できるだけ借入希望額を抑えてプロミスの審査を申込みましょう!

プロミスへ正確な情報を申告する

プロミスの審査を申し込む際にはできるだけ正確な情報を申告しましょう。

申告した情報に誤りがあると審査に時間が掛かるだけではなく「意図的に返済能力をごまかそうとしている」と判断され、審査落ちの原因になるためです。

以下にプロミスの審査で申請が必要になる項目をまとめました。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 家族構成
  • 子供の有無
  • 電話番号
  • 自宅電話の有無
  • 運転免許証交付の有無
  • 郵便番号
  • 自宅住所
  • 居住形態(持ち家・賃貸住宅・社宅など・公営住宅)
  • 雇用形態
  • 勤務先名
  • 郵便番号
  • 勤務先所在地
  • 所属部署(任意)
  • 電話番号
  • 社員数
  • 最終学歴
  • 入社年月
  • 税込年収
  • 健康保険証の種類
  • 業種
  • 職種
  • 希望の契約方法
  • 他社借入件数
  • 他社借入残高
  • 今回の希望借入額
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 審査結果の連絡方法
  • 書面の受取方法

特に年収や他社借入残高・件数に関しては厳しくチェックされます。

書類などを確認しながら、できるだけ正確な情報を申告しましょう!

プロミスへ申し込む前に信用情報を確認する

信用情報は以下などの信用情報機関に照会を依頼することで、確認できます。

  • CIC(指定信用情報機関)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

なおプロミスはCICとJICCの信用情報をもとに審査をおこなっているため、可能であれば両機関の信用情報を確認することをおすすめします。

各機関ごとの具体的な信用情報の照会方法は以下の通りです。

CICの信用情報の照会方法

CICの信用情報の照会方法は以下の通りです。

  1. ①CICにクレジット契約で利用した電話番号から電話を掛ける
  2. ②受付番号を控える
  3. ③クレジットカードで照会費用(1件につき1000円)を払う
  4. ④受付番号を入力
  5. ⑤WEBで信用情報を確認する

上記の通りCICの信用情報を確認するためには、クレジット契約に使用した電話番号が必要です。

そのため契約時から電話番号が変わっている場合は、郵送や窓口から照会を依頼しましょう。

なお、①〜⑤までの手続きは全て1時間以内におこなう必要があります。

なるべく時間のある時に照会手続きをおこないましょう!

JICCの信用情報の照会方法

JICCの信用情報の照会方法は以下の通りです。

  1. ①「スマートフォン開示受付サービス」のアプリをダウンロード
  2. ②アプリからメールを送信
  3. ③パスワードを入力
  4. ④氏名・生年月日・住所・電話番号を入力
  5. ⑤本人確認書類を送信
  6. ⑥開示手数料の支払い
  7. ⑦郵送される照会結果の確認

なお上記の通りJICCの場合は信用情報の照会をインターネットで申込むと、照会結果の到着を待つ必要があります。

早くJICCの信用情報を確認したい場合は、JICCの窓口で直接申請しましょう。

JICCの窓口の所在地と営業時間は以下の通りです。

【東京開示センター】
東京都台東区北上野1-10-14
住友不動産上野ビル5号館9階
【大阪開示センター】
大阪府大阪市北区堂島1-5-30
堂島プラザビル6階

営業時間はどちらも平日の10時から16時までです。

土日祝日は対応していないため、注意しましょう。

在籍確認対策をする

プロミスの在籍確認をクリアするためには、以下などの在籍確認対策が効果的です。

  • プロミスに相談する
  • 派遣元の人間に電話対応を頼む

詳しくは次から見ていきましょう。

プロミスに相談する

まずはプロミスに電話を掛けて在籍確認についての相談をしましょう。

場合によっては、以下などの特別対応が受けられます。

  1. 在籍確認を実施する前に申込者に連絡する
  2. 申込者が指定した時間帯に在籍確認を実施する
  3. 在籍確認の電話を書類提出で代替する

③の対応を受けるためには相当の理由が必要ですが、①や②の対応に関しては希望すれば受けられる可能性が高いです。

また在籍確認について相談をする際には、審査担当者(在籍確認の電話を掛けてくる人)の名前を聞いておきましょう。

在籍確認の電話を掛けてくる人の名前を把握していると、職場の人間に電話対応を頼みやすくなります。

派遣元の人間に電話対応を頼む

在籍確認の相談が完了次第、派遣元に電話対応を頼みましょう。

その際は以下のように頼むとカードローンの利用が派遣元にバレません。

「用件や社名を話さない〇〇(審査担当者)さんから電話が掛かってきたら、個人的なクレジットカードの件だから自分に回すか『後で本人から折り返させる』って伝えて欲しい」

在籍確認対策をしっかりと整えて、確実にプロミスの審査に通りましょう!

派遣社員でもプロミスの審査に通る!対策を立てて申し込もう!

このページでは、派遣社員がプロミスの審査を受ける際の審査基準などについて解説してきました。

派遣社員でもプロミスを利用することはできますが、正社員と比べ雇用が不安定である以上、余裕で審査に通るとは言えません。

しっかりと審査落ちを防ぐ方法を踏まえた上で、プロミスの審査を申込みましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする