カードローン審査に通らない理由を知りたい!落ちた理由と再審査前の改善方法を徹底解説

カードローン審査に通らない理由

「カードローンの審査は甘い」という声は良く聞かれます。しかし実際はカードローンの審査通過率は50%を下回ります。つまり、2人に1人は審査に落ちているのです。

すでにカードローン審査に落ちた人の中にも、「なぜ自分が落ちたのかわからない」という方は多いです。

そこで今回は、カードローン審査に通らない理由を徹底解説。なぜ審査に通らないかを分析していくと、意外な項目が合否を分けることがわかります。

また後半では、カードローン審査に通らなかった人が何をすべきかも詳しく解説していきます!

審査の甘い・ゆるいカードローンランキング!通りやすいのは中小消費者金融!即日融資ですぐ借りれる

目次

カードローンの審査に落ちたのはなぜ?審査に落ちる人の特徴を解説!

カードローンの審査にほぼ確実に落ちる人の特徴としては、以下などが挙げられます。

  • 未成年者
  • 70歳以上
  • 勤労による安定収入がない
  • 信用情報に傷がある
  • 年収の3分の1の額を借りている
  • 保証会社で返済トラブルを起こした
  • 虚偽の申告をした
  • アリバイ会社を利用した

詳しくは次から見ていきましょう。

未成年者はカードローンの審査に落ちる!

カードローンを利用できるのは20歳以上の方限定であるため、未成年者はカードローンの審査に落ちます。

そのため未成年者は、以下などの方法でお金を借りることをおすすめします。

  • 奨学金
  • 学生ローン
  • JA・ろうきんカードローン

ただし、未成年者がお金を借りるためには必ず親権者の同意書が必要になる点には注意しましょう。

70歳以上は大抵のカードローンの審査に落ちる!

大抵のカードローンは69歳を利用対象年齢の上限に設定しており、70歳を超えると審査に落ちてしまいます。

そのため70歳を超えている人は、以下などの方法でお金を借りることをおすすめします。

  • ベルーナノーティス(80歳まで利用できるカードローン)
  • 年金担保貸付制度

なお、年金担保貸付制度は令和4年の3月末に新規受付を停止することが決まっています。

利用を検討している人は早めに申し込みましょう!

勤労による安定収入がない人はカードローンの審査に落ちる!

カードローンは担保や保証人を必要としない代わりに、本人に勤労による安定収入が求められます。

なお勤労による安定収入がある人の特徴としては、以下などが挙げられます。

  • 月収8万円以上
  • 月々の収入に大きなバラつきがない
  • 今後も収入が得られる見込みがある
  • 連続して3ヶ月以上収入を得ている
  • 年金以外の収入がある

カードローンの審査に落ちてしまった場合は、自身の収入状況を確認しましょう!

信用情報に傷がある人は大抵のカードローンの審査に落ちる!

カードローンの審査では返済能力を確認するために、申込者の信用情報がチェックされます。

そのため自身の信用情報に以下などの金融事故情報が記録されている人は、カードローンの審査に通るのは難しいでしょう。

  • クレジットカードの支払い延滞
  • カードローンの返済の遅れ
  • カードの強制解約
  • 携帯電話料金の滞納
  • 保証会社経由の家賃滞納
  • 保証会社などの代位弁済
  • 奨学金の返済滞納
  • 連帯保証人の返済滞納
  • 任意整理などの債務整理

ただし信用情報には保存期間が設定されているため、金融事故が解消されてから一定期間が経過していれば、事故情報は消えています。

上記の金融事故に心当たりのある場合は、カードローンの審査を再度申込む前に、自身の信用情報を確認してみましょう!

既に年収の3分の1の額を借りている人はカードローンの審査に落ちる!

プロミスやアコムどの消費者金融が提供するカードローンは総量規制(年収の3分の1以上の融資を禁止する法律)の対象です。

そのため既に年収の3分の1の額を借りている人は、カードローンから融資を受けることができず、審査に落ちてしまいます。

現在他社借入がある人は、借入残高と自身の年収を計算した上で、カードローンの再審査を申込みましょう!

保証会社で返済トラブルを起こした人はカードローンの審査に落ちる!

カードローンは保証人や担保の代わりに、保証会社による保証が必要になります。

そして保証会社は銀行や消費者金融が担当しており、過去に返済トラブルを起こした人は保証が受けられず、審査に落ちてしまいます。

カードローンの審査に落ちた人は、保証会社を確認の上、返済トラブルを起こしていないか思い返してみましょう!

虚偽の申告をした人はカードローンの審査に落ちる!

カードローンの審査で虚偽の申告をした人は、信用できないと判断されるため、審査に落ちてしまいます。

以下にカードローンの審査の際に申告が必要な情報をまとめました。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 家族構成
  • 子供の有無
  • 電話番号
  • 自宅電話の有無
  • 運転免許証交付の有無
  • 郵便番号
  • 自宅住所
  • 居住形態(持ち家・賃貸住宅・社宅など・公営住宅)
  • 雇用形態
  • 勤務先名
  • 郵便番号
  • 勤務先所在地
  • 所属部署(任意)
  • 電話番号
  • 社員数
  • 最終学歴
  • 入社年月
  • 税込年収
  • 健康保険証の種類
  • 業種
  • 職種
  • 希望の契約方法
  • 他社借入件数
  • 他社借入残高
  • 今回の希望借入額
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 審査結果の連絡方法
  • 書面の受取方法

特にカードローンの審査では、年収や他社借入が厳しくチェックされます。

誤りがないようによく確認してから、カードローンの審査を申し込みましょう!

在籍確認が取れない人はカードローンの審査に落ちる!

大抵のカードローンの審査では在籍確認が実施され、確認が取れない人は必ず審査に落ちてしまいます。

【在籍確認とはなにか】
在籍確認とは申込者が申告した通りの職場に勤めているか確認する審査のことで、多くの場合は審査担当者が申込者の職場に直接電話を掛けることでおこなわれる。

以下に多くのカードローンで共通する在籍確認の実施例と、在籍確認が完了するケース・完了しないケースをまとめました。

【在籍確認の実施例】
「私〇〇(審査担当者)と申しますが、□□(申込者)様はいらっしゃいますか?」
在籍確認が取れるケース 在籍確認が取れないケース
  • 申込者本人が電話に出た
  • 職場の人間が申込者の不在(休暇・外出)を伝えた
  • 誰も電話に出なかった
  • 電話に出た人間が申込者を把握していなかった

カードローンの再審査に確実に通りたい場合は、あらかじめ職場の人間に電話対応を頼むなどの在籍確認対策をしておきましょう!

カードローンの審査に落ちたのはなぜ?審査に落ちやすい人の特徴を解説!

確実に否決になる訳ではありませんが、カードローンの審査に落ちやすい人の特徴としては、以下などが挙げられます。

  • 年収が低い
  • 非正規雇用者
  • 離職率が高い職業に就いている
  • 自営業者・個人事業主
  • 勤務先の規模が小さい
  • 勤続年数が半年以下
  • 借入件数が3件以上ある
  • 同時に3件以上のカードローンを申込んだ
  • 家賃負担率が高い
  • 独身1人暮らし
  • 20代や60代

詳しくは次から見ていきましょう。

年収が低い人はカードローンの審査に落ちやすい!

カードローンはお金に困っている人のためのサービスとはいえ、収入が低くて返済できなければ意味がありません。

そのため、審査に通る最低限の年収というものが存在します。

一般的には借入額の3倍以上の年収があれば良いとされるので、10万円の少額を借りるなら、最低30万円以上の年収があれば良いという計算になります。

ただ、カードローン審査では予測できない急な出費を警戒されるので、どんな審査の甘いカードローンでも、最低100万円前後の年収を確保しておきたいものです。

非正規雇用者はカードローンの審査に落ちやすい!

正社員、公務員以外の方は、審査の通らない確率が高いです。

派遣社員やフリーター、アルバイトなどは収入が安定せず、離職率も高いので、長期間安定した返済が見込みにくいのです。

一定以上の収入があればこうした方でも審査に通る可能性は十分ありますが、同じくらいの収入なら正社員、公務員のほうが審査に通りやすいです。

離職率が高い職業に就いている人はカードローンの審査に落ちやすい!

正社員扱いでも、年収に波がある、離職率が高い職業だと審査に通らない可能性があります。

タクシードライバーや美容師、ホテルマンなどが不安定な職業にあたります。

こうした職業の方はいつ返済が滞るのか分からないので、高額を融資してもらいにくいです。

ただ、勤続年収が長かったり、役職がついていたりすると、こうした職業の方でも審査に通りやすくなります。

自営業者・個人事業主はカードローンの審査に落ちやすい!

自営業者や個人事業主の方も、収入が安定しないという意味で審査が通りにくい傾向にあります。

経営者の場合は申込時に併せて事業計画書を提出することもあるので、ここで将来性をしっかりアピールしましょう。

最近は自営業でも十分な収入があれば、審査に通ることが多いです。

勤務先の規模が小さい人はカードローンの審査に落ちやすい!

会社の規模が小さいと倒産のリスクが大きいので、審査に通らない可能性が高くなります。

ただ最近は少ない人員で高い利益を挙げているスタートアップ企業も多いので、どこからを小規模とするかは微妙なところです。

全従業員が数人しかいない会社は、審査落ちのリスクが高いと考えておきましょう。

勤続年数が半年以下の人はカードローンの審査に落ちやすい!

大きな会社でも勤続年数が短いと審査に通らない傾向にあります。

勤続年数が短い方はその後の収入が安定せず、離職率も高いというリスクを抱えています。

特に転職したての方などは、審査に申し込むタイミングに十分注意しましょう。

カードローン審査を受ける際は、最低でも半年以上の勤続年数を確保するのが理想的です。

借入件数が3件以上ある人はカードローンの審査に落ちやすい!

他社借入件数が多いと今後債務整理をする可能性が高いと判断され審査に通りづらくなります。

具体的に「3件以上の借入件数がある場合は利用できない」などと審査基準を明確に公表しているカードローン会社は少ないですが、債務整理をする多重債務者が平均3件以上のカードローンを利用していることを考えると、3件という数字は1つのボーダーラインだと言えます。

現在4件以上のカードローンを利用している場合は、おまとめローンを利用するか、返済を進めて借入件数を減らしてから再度申し込みましょう!

同時に3件以上の審査を申込んだ人はカードローンの審査に落ちやすい!

あまり知られていないことですが、信用情報には過去半年分のカードローンの申し込み履歴が記録されています。

そのため、カードローンの審査担当者は申込者が現在何件のカードローンを申し込んでいるか確認することができ、申し込み件数が多い場合は「手当たり次第にカードローンを申し込んでいる」と判断され、審査にとおりづらくなります。

具体的に「申込件数が○件を超えている場合は、カードローンを利用できない」と基準を公表している金融機関はありませんが、口コミなどを分析すると半年内に3件以上のカードローンを申し込んでいる人は審査に落ちる傾向にあります。

そのため同時に申し込むカードローンは2件までに絞っておきましょう!

家賃負担率が高い人はカードローンの審査に落ちやすい!

自分の毎月の家賃がいくらかを申込時に記入させるカードローン会社も多いです。

収入に占める家賃負担の割合が高い場合、カードローン返済に充てられる十分な収入がないとみられ、審査に通りにくくなります。

家賃は月収の3分の1以下に抑えておくのが良いとされているので、できるだけそのバランスを維持するようにしましょう。

独身一人暮らしの人はカードローンの審査に落ちやすい!

独身一人暮らしの方は、既婚や実家暮らしの方よりも審査に通りにくいと言われています。

これは、同居人がいれば万が一ローン返済が滞った時に肩代わりしてくれる人がいるためです。

ただ、一人暮らしか同居人がいるかは、審査結果に大きな影響を及ぼす訳ではありません。ただ、一人暮らしだと小さなマイナス評価が付くので、審査基準ギリギリの方は通らない要因になりえます。

20代や60代の人はカードローンの審査に落ちやすい!

20代や60代は働き始め、または働き盛りを過ぎており審査に通りやすいとは言えません。

特に60代の場合は定年退職や加齢、病気や事故のリスクも高く厳しく審査される傾向にあります。

20代や60代の方はこのページの後半で紹介する審査に通りやすくする方法をチェックしましょう!

カードローンの審査に通らない時の対処法!次の審査に通りやすくするコツ

次の審査に通りやすくするコツとしては、以下などが挙げられます。

  • 信用情報を確認する
  • 希望借入額を下げる
  • 在籍確認を取れる体制を整える
  • 収入証明書を提出する
  • 利用していないカードローンを解約する
  • 店頭窓口で申込む

詳しくは次から見ていきましょう。

信用情報を確認する

信用情報はCICやJICCなどの個人信用情報機関に照会を依頼することで確認できます。

以下に信用情報機関ごとの照会方法をまとめました。

【CIC】

  1. ①CICにクレジット契約で利用した電話番号から電話を掛ける
  2. ②受付番号を控える
  3. ③クレジットカードで照会費用(1件につき1000円)を払う
  4. ④受付番号を入力
  5. ⑤WEBで信用情報を確認する

【JICC】

  1. ①「スマートフォン開示受付サービス」のアプリをダウンロード
  2. ②アプリからメールを送信
  3. ③パスワードを入力
  4. ④氏名・生年月日・住所・電話番号を入力
  5. ⑤本人確認書類を送信
  6. ⑥開示手数料の支払い
  7. ⑦郵送される照会結果の確認

【KSC】
なおKSCはWEBや来店での照会に対応しておらず、郵送のみの対応になります。

以下の3点を信用情報センターに送付して信用情報を取り寄せましょう。

  • 開示請求申込書(KSCの公式サイトよりダウンロード可能)
  • 定額小為替証書1000円分(郵便局にて購入可能)
  • 本人確認資料(運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど)

なお、送付先は以下のとおりです。

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-5-1
一般社団法人全国銀行協会
全国銀行個人信用情報センター

提携機関の信用情報を確認しよう!

これまで機関ごとの信用情報を確認する方法を解説してきましたが「どこの信用情報を確認すればよいのか分からない」という人は多いでしょう。

結論から言うと、利用したいカードローン会社が提携を結んでいる機関の信用情報を確認しましょう。

金融機関が審査の際に確認するのは提携を結んでいる機関の信用情報であり、基本的に消費者金融はCICとJICC、銀行はKSCと提携を結んでいます。

まずは公式サイトからカードローンの商品概要を確認して、提携している個人信用情報機関を調べることから始めましょう!

希望借入額を下げる

金融機関にとって高額の融資をおこなうことは、貸し倒れの際の損失を増やすことに他なりません。

そのため希望借入額を高く設定している申込者は厳しく審査されます。

一方希望借入額を10〜30万円程度に低く設定すれば、審査難易度を大幅に下げることができます。

確実にカードローンの審査にとおりたい場合は、できる限り希望借入額を抑えて申し込みましょう!

在籍確認を取れる体制を整える

在籍確認を確実にクリアするためには、以下などの対策が効果的です。

  • カードローン会社に相談する
  • 職場の人間に電話対応を頼む

詳しくは次から見ていきましょう。

カードローン会社に相談する

まずは在籍確認についてカードローン会社へ相談の電話を掛けましょう。

場合によっては以下などの対応が受けられます。

①在籍確認を実施する前に申込者に連絡する
②申込者が指定した時間帯に在籍確認を実施する
③在籍確認の電話を書類提出で代替する

③の対応を受けるためには相当の理由が必要になりますが、①・②に関してはこちらから希望すれば受けられるでしょう。

なお在籍確認についてカードローン会社に相談をする際は、審査担当者(在籍確認の電話を掛けてくる人)の名前を聞いておきましょう。

次から説明しますが、職場の人間に電話対応を頼みやすくなります。

職場の人間に電話対応を頼む

カードローン会社へ相談が完了次第、職場の人間に電話対応を頼みましょう。

その際は以下のように頼むことをおすすめします。

「用件や社名を話さない〇〇(審査担当者)さんから電話が掛かってきたら、個人的なクレジットカードの件だから自分に回すか『後で本人から折り返させる』って伝えて欲しい」

一部のクレジットカードも発行の際に在籍確認が実施されるため、上記のように頼めば職場の人間から怪しまれることはありません。

在籍確認の対策をしっかりと整えて、確実にカードローンの審査にとおりましょう!

収入証明書を提出する

借入が50万円を超える場合は収入証明書の提出が必要になることは説明した通りです。

しかし希望借入額が低い場合でも自主的に収入証明書を提出することで、返済能力とカードローンの利用を前向きに検討していることをアピールできます。

また収入証明書として利用できる書類としては以下などが挙げられます。

  • 2〜3ヶ月分の給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 確定申告書

まずは経理や総務、役場などで収入証明書を手に入れることから始めましょう!

利用していないカードローンを解約する

他社借入の件数・残高が多い場合はカードローンの審査に通らないことは説明した通りです。

しかし現在利用していないカードローンも与信枠として審査に影響を及ぼします。

そのため今後利用する予定のないカードローンがあれば解約することをおすすめします。

なお一度解約したカードローンを再度利用するためには、もう一度審査を受け直す必要があります。

カードローンを解約する際は本当に今後使う予定がないかよく考えましょう!

店頭窓口で申込む

多くのカードローン会社は以下の方法から契約方法を自由に選択できます。

  • WEB
  • 電話
  • 郵送
  • 自動契約機
  • 店頭窓口

最も利便性が高くサービスが豊富なのはWEB契約ですが、審査の通りやすさを重視する場合は店頭窓口を利用すると良いでしょう。

なぜなら店頭窓口の契約ではカードローンを利用したい理由や、自身の生活状況などWEBでは伝えられないことを審査担当者に直接アピールできるためです。

ただし金曜日や祝日の前日などは店頭窓口が混んでいます。

店頭窓口を利用する際は時間に余裕を持って来店しましょう!

大手の審査に通らない人におすすめ!審査が甘いカードローン3選

大手消費者金融系カードローンの審査に通らない場合は、以下などの審査に通りやすいカードローンへ申し込みましょう。

  • ダイレクトワン
  • セントラル
  • キャッシングのフタバ

詳しい商品概要などは次から見ていきましょう。

ダイレクトワンは金利が高めで審査に通りやすい!

ダイレクトワン

商品概要
限度額 1万円~300万円
金利(実質年率) 4.9%~18.0%

金融機関にとって高い金利でカードローンを提供することは貸し倒れの際の損失を抑えることにつながるため、金利が高いカードローンであるほど審査難易度は下がります。

そのためやや金利が高めに設定されているダイレクトワンは、審査に通りやすいカードローンだと言えるでしょう。

また、スルガ銀行グループに属しているという安心感も魅力の1つです。

審査に通りやすさを重視する場合は、ダイレクトワンへの申し込みを検討しましょう!

ダイレクトワンの審査は甘い?利用者の口コミを調べてみた

セントラルは大手並のサービスが受けられる!

セントラル

商品概要
限度額 1万円~300万円
金利(実質年率) 4.8%~18.0%

セントラルも審査の甘い中小消費者金融カードローンですが、無人契約機を設置していたり、無利息期間サービスを提供していたりと、大手並みのサービスがついています。

借りやすいというだけでなく、サービスもしっかりしているカードローンを選びたい方は、セントラルがおすすめです。

借入額も最低1万円から千円単位で設定できるので、必要最小限の額を借りることができます。

また、全国のセブン銀行ATMとも提携しているので、返済・借入を便利におこなえますよ。

キャッシングのフタバは他社借入が多くても審査に通りやすい!

キャッシングのフタバ

商品概要
限度額 1〜50万円万円
金利(実質年率) 14.959~17.950%
返済金額 要問い合わせ

キャッシングのフタバのカードローンは、借りやすいカードローンの中でも金利が低く、返済しやすいのが特徴です。

こちらにも30日間の無利息期間サービスがついているので、合わせて使えば利息をかなり減らせることができます。

また、他社借入が複数ある方も比較的通りやすいと言われています。

カードローンの審査に通らない時は原因を考えよう!

このページではカードローンの審査に落ちる理由と対処法について解説してきました。

プロミスやアコムの審査通過率は50%を切っており、2人に1人はカードローンの審査に落ちています。

つまりカードローンの審査に落ちることは珍しくないのです。

落ちついて原因を分析した上でカードローンの審査にもう一度申し込みましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする