静岡銀行カードローンの審査では在籍確認の電話が来る?会社にはバレない?

静岡銀行カードローン「セレカ」では、審査の際に勤務先へ在籍確認を行うかどうかを明らかにしていません。

しかし、審査プロセスには申込内容の事実確認が含まれており、銀行(保証会社)側の判断で勤務先への電話確認が行われる場合があります。

スムーズに審査を受けるために、在籍確認がどのように行われるかをあらかじめ知っておきましょう。

静岡銀行カードローン「セレカ」の審査を徹底解剖!審査内容を解説

静岡銀行カードローンの審査は在籍確認がある可能性が高い

静岡銀行カードローンの保証会社は、静岡銀行のグループ会社である静銀ディーシーカード(株)、又は「レイクALSA」を運営する新生フィナンシャル(株)のいずれかを利用することになります。

静岡銀行の判断で保証会社が決まりますが、新生フィナンシャルでの審査では勤務先への在籍確認が行われる可能性があります。

レイクALSAの公式サイトFAQに、「勤務先に確認連絡をする場合がある」と明記されているからです。

また、債務保証の審査でも「確実に返済できるか」どうかがチェック項目の一つなので、お金を貸す時と同等の基準で審査されるものと考えられます。

したがって、審査にあたっては勤務先への在籍確認が行われる可能性が高いです。

静岡銀行カードローンの審査は甘い?審査基準・通りやすさを解説

派遣社員の場合は派遣元に向けて電話が来る

派遣社員の場合は申込時に派遣元(派遣会社)と派遣先(実際に働いている場所)両方の情報を登録しますが、在籍確認の電話は派遣元に対して行われます。

派遣先の方が在籍確認に応じやすいと考える向きもありますが、「収入源の裏付け」が在籍確認の目的なので、たとえ申込者が希望したとしても派遣先への在籍確認は行われません。

また、派遣社員の給料は派遣元が支払っているため、源泉徴収票の発行者が派遣元となることも理由の一つです。

大手派遣会社を中心に、個人情報保護の観点から事前の申請がなければ在籍確認に応じない場合があるため、申込前に在籍確認のルールを確かめた上で必要な手続きを済ませておきましょう。

申込段階では在籍確認の担当者名がわかりませんが、「静岡銀行から在籍確認の電話がある」と知らせておけば問題ありません。

静岡銀行カードローンの在籍確認はどのようにおこなわれる?

申し込む際は主婦や年金受給者を除いて勤務先情報を申告しますが、申告した勤務先に間違いなく在籍している、すなわち給与を得ていることを確認するため、必要に応じて在籍確認が行われます。

勤務先に借金のことをバレないようにするためには、事前の対策が大切です。在籍確認の流れについて、詳しく解説します。

なお、主婦や年金受給者が申し込んだ場合は、申込者の携帯電話又は自宅電話に申込み内容を確認する電話がかかってきます。

電話は個人名でかかってくる

在籍確認の電話は基本的に保証会社で行われますが、最初に銀行や保証会社の名前を出すことはなく、個人名を名乗ることが徹底されています。

そのため、電話に出た人に借金関係の電話だと知られる可能性は低いです。

ただし、発信者番号を通知して電話をかけてくるため、電話機に表示された番号を検索した結果、静岡銀行や保証会社からの電話だと知られてしまう可能性がある点に留意が必要です。

申込者本人が電話に出なくてもOK

在籍確認の電話がかかってきても、申込者本人が休暇中や離席中などで電話に出られないことも考えられます。

その場合でも、電話に出た人がその旨を回答すれば「申込者が勤務先の一員であることを、電話に出た第三者によって確認できた」として、在籍確認は成立します。

したがって、必ずしも申込者本人が電話対応を行う必要はありません。

カードローン審査とバラす可能性はほぼ0%

申込者本人が電話に出た場合を除き、在籍確認の電話をかけた銀行や金融業者が、カードローン審査だと明言する可能性は限りなく低いです。

静岡銀行カードローンでは、申込時に「個人情報にかかる同意」を行いますが、その中で個人情報の利用目的を銀行業務に限ることが明記されています。

個人情報の提供相手も、保証会社や個人信用情報機関に限られます。

また、個人情報の目的外使用は法律で禁止されているので、仮に電話に出た同僚等が「電話の目的を言わないとダメ」と迫ったとしても、決してカードローン関係の電話だと明かすことはありません。

在籍確認の電話内容を3つのケースに分けて紹介

他人にカードローンを申し込んだことがバレにくいとしても、在籍確認の電話で具体的にどのようなやり取りが行われるかは気になるものです。

そこで電話の内容を、3つのケースに分けて詳しく掘り下げてみましょう。

本人が電話に出たケース

電話の第一声で個人名を名乗った後、申込者本人であるかどうかの確認を求められますが、申込者本人で間違いないことが確認できた時点で、静岡銀行だと名乗ってきます。

・申込者本人の声を聞くだけで在籍確認が成立することも

「ご本人とお話ができたので、これで失礼します」等と短時間で終了する例で、業務上の確認連絡を装った対応も容易です。

・申込内容の確認が行われることもある

電話の中で生年月日や住所を質問される場合がありますが、仕事の電話で詳しい個人情報の開示を求められる場面は限られています。

やり取りの流れで、カードローン申込関係の電話だと同僚等に推測される恐れがあるため、何か質問された場合は「個人的な電話なので折り返す」ことを伝えて、電話を終えることをおすすめします。

同僚から本人へ電話をつないだケース

所属部署直通の電話であれば、申込者本人を知る同僚等が電話に出てくれる可能性が高いです。

なお、代表番号を申告した場合は、部署名が分からなければ取り次ぎが難しくなるので、申込時には必ず部署名も申告しましょう。

・個人的な電話として取り次がれたケース

顧客対応が伴う部署では個人名からの電話も不自然ではないので、自然な形で在籍確認に応対できると考えられます。

一方、個人からの電話がレアな部署でも「友人が間違って会社にかけてきた」と取り繕うことも可能です。

・「静岡銀行の○○さんから電話」と取り次がれたケース

勤務先によっては、個人的な電話の取り次ぎを行わないことも考えられます。

その際、在籍確認の電話をかけた人は「静岡銀行の○○」とだけ名乗るため、電話に出た人には銀行からの電話だとわかってしまいます。

ただ、静岡銀行ではクレジットカードも取り扱っているため、その関係の電話だと話しておけば無難でしょう。

本人が不在だったケース

申込者本人が不在の場合は、電話に出た人の応対内容によって在籍確認が成立しないケースがあるため注意が必要です。

・離席中・休暇中など、本人の存在を匂わせる回答をした場合

多くの場合は、電話に出た人の回答を聞いた後、「またかけ直します」と告げて電話が終了します。

申込者の電話が不通にならない限り、再び勤務先に電話がかかってくることは稀です。

・単に「いません」と回答した場合

この応対では、申込者は在籍しているが一時的に不在なのか、そもそも勤務先に在籍していないのかはっきりしません。

そのため、銀行側では在籍確認が不成立として、申込者に対し申告内容に誤りがないか確認が行われます。

その確認を経てもなお同様の回答がなされた場合は、正しい内容を申告していないとみなされ、審査に落ちてしまう恐れが出てきます。

在籍確認は一度目の電話に対応できなくてもOK

電話に出た人の不手際で在籍確認が成立しなかった場合でも、本人への内容確認を経て再度電話をかけてもらえます。

また、会社全員での社外研修や一斉休業など、平日でも在籍確認の電話に応答できない場面もありますが、その場合も後日かけ直してもらえるので大丈夫です。

電話は何回か折り返しかけてくれる

審査のプロセスでは申告内容に確認が重視されるため、1度目の電話に対応できなくても、時間や日を空けて何度か連絡してくれます。

ただし、申込者が外勤中などの理由で電話に出た人が「本人から電話させる」と提案したとしても、折返し先の電話番号を知らせた時点で静岡銀行カードローン関係の電話だと推測されるリスクが発生します。

そのため、申込者へ折返し電話を求めることはなく、「電話があったことを伝えてほしい」と電話に出た人に依頼することもありません。

一か月近く電話がつながらないと審査落ち

外勤や休暇が多いとしても1か月近く連絡が取れないケースは珍しく、在宅勤務の場合でも月数回はオフィスに出社するのが一般的です。

病気に伴う長期休業も考えられますが、その場合はたとえ勤務先に在籍していたとしても、給与が得られているかどうかの疑問が残ります。

したがって、1か月近く在籍確認の電話に応じられない場合は勤務実態に疑問がある、すなわち収入の裏付けが取れないとして審査に落ちてしまうことが考えられます。

静岡銀行カードローンの審査期間はどれくらい?審査が遅い時の対策

静岡銀行カードローンの在籍確認の電話をやめさせる方法はある?

借金の理由は別として、お金に困っている印象を同僚等に与えたくないという気持ちから、銀行からの電話を避けたいと考える人もいます。

また、勤務先によっては、個人名の電話は私用電話とみなして取り次がないケースも考えられます。

果たして、在籍確認の電話を止めさせることはできるのでしょうか。

電話確認をカットすることは原則できない

勤務先の電話回線は一定の場所に固定されている(固定電話)ケースがほとんどなので、在籍確認の電話に本人(又は本人を知る人)が対応すれば、勤務先の営業実態があり、なおかつ本人が実在すると解釈できます。

在籍確認には勤務先自体の存在確認を行う一面があるため、基本的に在籍確認の電話を避けて通ることはできません。

ただし、勤務先の給与を静岡銀行の口座で受け取っている場合は、収入の裏付けが取れているとして在籍確認が省略されることも考えられます。

希望があるなら事前に窓口へ相談しよう!

在籍確認の電話をかけてくる人の名前を知りたい、あるいは本人が確実に応対できる日時を指定したいという人もいるでしょう。確実に在籍確認を済ませるために、事前に申込窓口へ対応方法の希望を出すことも可能です。ただし、申込みの混み具合や銀行側の判断により、希望が通らない場合があるので注意が必要です。

消費者金融のほうが在籍確認の融通が利く

消費者金融の在籍確認も基本的に電話ですが、事前に相談することで書類での在籍確認に切り替えてもらえる場合があります。

SMBCモビットのように、「WEB完結なら電話連絡なし」と明言する業者もあります。

また、申し込んだ業者宛に勤務先の固定電話から電話を入れて、在籍確認とする業者もあるようです。

したがって、消費者金融での在籍確認では申込者の状況に応じた柔軟な対応が行われているといえます。

書類確認では余計な書類の提出が必要なことも

書類での在籍確認を行ってもらえる場合、勤務実態を客観的に把握するために、次のような勤務実態を確認できる書類の提出を求められることがあります。

記載内容によっては審査結果にプラス・マイナス両方の影響が考えられる点に留意が必要です。

社会保険証

勤務先名称が明記されている他、資格取得年月日により勤続年数を割り出すことが可能です。

給与明細書

50万円以内の融資希望であれば提出を求められない書類ですが、記載された金額から推測された年収によっては、審査上不利となる可能性があります。

特別徴収税額の決定通知書

基本的に毎年6月に発行される書類で、給与から天引きされる住民税額が記載されています。

前の年に勤務先で年末調整が完了していることが発行の前提条件なので、転職を伴う場合でも最低半年の勤務実態が確認できます。

借金バレを防ぐためには逆に周知したほうが良い?

会社に個人名で電話がかかってきた場合、相手方の態度によっては同僚に警戒心を持たれ、今後の関係性に影響を及ぼすことも考えられます。

その結果、借金をしようとしていることが発覚してしまうかもしれません。

そのため、同僚に「クレジットカードの在籍確認が来るかも」と先に伝えておけば、スムーズに在籍確認を終えられると同時に、警戒心も薄れるでしょう。

特典内容やライフスタイルに応じてクレジットカードを変更することは一般的なことで、カード会社から何回か在籍確認の電話があっても不自然ではないからです。

特に外回りの多い方は注意が必要

本人がオフィス内に在席していれば、在籍確認の電話に取次いでもらったり、場合によっては居留守のお願いをしたりする等、借金関係の電話だとバレないようその場で対応することが可能です。

一方、離席中に電話がかかってきた場合は、電話に出た人次第で在籍確認の結果が左右することが考えられます。

また、電話の相手を知ろうとナンバーディスプレイの番号をネット検索された結果、カードローン関係の電話だとわかり、借金していると憶測を呼ぶケースも考えられます。

したがって、外回りが多い人がカードローンを申し込む場合は特に、同僚への事前周知や静岡銀行と在籍確認日時の事前打ち合わせが大切です。

在籍確認をスムーズにクリアしよう!

必ず自分で在籍確認の電話に応じたい人や、外勤などで離席が多い人には、在籍確認の方法について銀行との事前相談が可能ですが、必ずしも希望通りの対応をしてもらえるとは限りません。

追加書類の提出を求められた場合には、審査結果の回答まで時間がかかることや、内容によっては審査上不利に働くこともあります。

電話に出た人が何らかの形で申込者の在籍を証言すれば、申込者本人が不在でも在籍確認は成立します。

電話での在籍確認が基本と考えて、同僚や普段オフィスの電話を取る人にあらかじめ根回しした上で、スムーズに在籍確認をクリアしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする