今日中に2万円を借りる方法を紹介!おすすめは消費者金融系カードローン!

2万円を借りたい時には消費者金融系カードローンがおすすめ

どうしても2万円借りたい!そういった状況はありますよね。

今日中に2万円を借りたい場合は、消費者金融系カードローンを利用すると良いでしょう。

このページでは消費者金融系カードローンがおすすめできる理由や、おすすめのカードローンを紹介していきます。

また、カードローンで今日中に2万円を借りる流れについても解説するので、そちらも参考にしてください。

今日中に2万円を借りたい人には消費者金融がおすすめできる理由

今日中に2万円を借りたい人には、消費者金融系カードローンをおすすめする理由としては、以下などが挙げられます。

  • 銀行系カードローンは即日融資に対応していない
  • 2万円程度であれば銀行カードローンの金利はほぼ変わらない
  • 無利息期間が利用できる

詳しくは次から見ていきましょう。

銀行系カードローンは即日融資に対応していない

まずカードローンには大きく銀行が提供している銀行系カードローンと、銀行以外の金融機関が提供している消費者金融(ノンバンク)系カードローンがあります。

しかし、銀行系カードローンは多重債務者問題を受けて2018年より即日融資が受けられなくなりました。

一方消費者金融系カードローンであれば、最短30分で融資が受けることができます。

今日中に2万円を借りたい場合は、消費者金融系カードローンを利用しましょう!

2万円程度であれば銀行カードローンと利息はほぼ変わらない

銀行系カードローンは消費者金融系カードローンよりも金利が低いため、お得に利用できるという意見があります。

たしかに、銀行系カードローンの金利は15%程度であり、平均18%の消費者金融系カードローンよりも金利が低いのは事実です。

しかし、実際の返済額は元金と金利によって計算されます。

そのため金利に3%の差があったとしても、実際にかかる利息に大きな差は生じないのです。

2万円程度の少額を借りる場合は、消費者金融系カードローンを利用しましょう!

無利息期間が利用できる

消費者金融系カードローンの利用をおすすめできる理由としては、無利息期間サービスが使える点も挙げられます。

無利息期間サービスとは借り入れから一定の期間(30日が多い)に限り、利息を免除するサービスのことで、この期間中に返済すれば金利は一切かかりません。

2万円程度の借り入れであれば、次の給料日に完済するのは難しくないでしょう。

給料日に返せるほどの少額を借りる場合は、消費者金融系カードローンを利用しましょう!

今日中に2万円を借りたい時におすすめできるカードローン

今日中に2万円を借りたい時におすすめできるカードローンとしては、以下などが挙げられます。

  • プロミス
  • アイフル
  • ノーローン
  • ダイレクトワン

詳しくは次から見ていきましょう。

プロミスならスマホから10秒で融資が受けられる!

商品概要
利用条件
  • 20歳以上69歳以下
  • 本人に安定した収入がある
利用用途 生計費のみ(個人事業主の場合は生計費及び事業費に限る)
限度額 500万円まで
借入期間 最終借入後原則最長6年9ヶ月
金利(実質年率) 4.5%~17.8%(新規契約のみ)
遅延損害金(実質年率) 20.0%
返済方法 残高スライド元利定額返済方式
返済金額
借入金額 月々の返済金額
30万円以下 借入残高×3.61%(1000円未満切り上げ)
30万円超~100万円以下 借入残高×2.53%(1000円未満切り上げ)
100万円超 借入残高×1.99%(1000円未満切り上げ)
担保・保証人 不要
手数料 なし

プロミスは大手消費者金融3社の内の1社で、テレビのCMや電車内広告で見た人も多いでしょう。

実際にプロミスを利用している人は日本で100万人を超え、サービスの質の高さや安心感は随一です。

またプロミスでは、スマートフォンから最短10秒で融資が受けられる瞬フリというサービスを利用でき、利便性の高いカードローンだと言えるでしょう。

便利にカードローンを利用したい!カードローン選びに迷っているという人は、プロミスへの申し込みを検討しましょう!

アイフルなら書類提出する手間が省ける!

アイフル

商品概要
利用条件
  • 20歳以上69歳以下
  • 本人に安定した収入がある
利用用途 不問
限度額 1000円~800万円
借入期間 5年毎の更新
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
遅延損害金(実質年率) 3.0%~18.0%
返済方法 借入後残高スライド元利定額リボルビング
返済金額
借入金額 月々の返済金額
サイクル制 約定日制
1円~10万円 5000円 4000円
10万1円~20万円 9000円 8000円
20万1円~30万円 1万3000円 1万1000円
30万1円~40万円 1万3000円 1万1000円
40万1円~50万円 1万5000円 1万3000円
50万1円~60万円 1万8000円 1万6000円
60万1円~70万円 2万1000円 1万8000円
70万1円~80万円 2万4000円 2万1000円
90万1円~100万円 3万円 2万6000円
100万1円~300万円 10万円ごとに1000円ずつ加算
300万1円~310万円 5万1000円 4万7000円
310万1円~490万円 10万円ごとに1000円ずつ加算
490万1円~500万円 7万円 6万6000円
500万1円~790万円 10万円ごとに1000円ずつ加算
790万1円~800万円 10万円 9万6000円
担保・保証人 不要
手数料 なし

アイフルもプロミスと同じ超大手消費者金融系カードローンであり、利用に不安を覚えることはないでしょう。

また、多くのカードローンでは本人確認のため身分証明書の画像を提出する必要がありますが、アイフルは銀行口座の番号を入力するだけで本人確認が完了します。

なるべく手間を掛けずにカードローンを利用したい!という方はアイフルへの申し込みを検討しましょう!

ノーローンなら何度でも無利息サービスが使える!

ノーローン

商品概要
利用対象 満20歳から79歳までの安定した収入がある
利用用途 記載なし
限度額 1〜300万円
借入期間 最長6年9ヶ月
金利(実質年率) 4.9〜18.0%
遅延損害金(実質年率) 20.0%
返済方法 残高スライドリボルビング方式
返済金額例(限度額が30〜100万円の場合)
借入金額 月々の返済金額
10万円以下 3000円
10万円超~20万円 6000円
20万円超〜30万円 9000円
30万円超〜40万円 1万2000円
40万円超〜50万円 1万5000円
担保・保証人 不要
手数料 なし

消費者金融系カードローンで利用できる無利息期間サービスは1回のみです。

しかし、ノーローンは1週間以内に完済できれば何度でも無利息期間が利用できます。

1週間以内に2万円を返せる目処がついている場合は、ノーローンへの申し込みを検討しましょう!

ダイレクトワンなら審査に通りやすい!

ダイレクトワン

商品概要
利用条件
  • 20歳以上69歳以下
  • 本人に安定した収入がある
利用用途 不問
限度額 1万円~300万円
借入期間 3年〜5年以内
金利(実質年率) 4.9%~18.0%
遅延損害金(実質年率) 20.0%
返済方法 定額リボルビング
返済金額
借入金額 月々の返済金額
10万円以下 4000円
10万円越〜20万円以下 8000円
20万円越〜30万円以下 1万2000円
30万円越〜40万円以下 1万2000円
40万円越〜50万円以下 1万5000円
50万円越〜60万円以下 1万8000円
60万円越〜70万円以下 2万1000円
70万円越〜80万円以下 2万4000円
80万円越〜90万円以下 2万7000円
90万円越〜100万円以下 3万円
100万円越〜110万円以下 3万3000円
110万円越〜120万円以下 3万6000円
120万円越〜130万円以下 3万9000円
130万円越〜140万円以下 4万2000円
140万円越〜150万円以下 4万5000円
150万円越〜160万円以下 4万8000円
160万円越〜170万円以下 5万1000円
170万円越〜180万円以下 5万4000円
180万円越〜190万円以下 5万7000円
190万円越〜200万円以下 6万円
200万円越〜210万円以下 6万3000円
210万円越〜220万円以下 6万6000円
220万円越〜230万円以下 6万9000円
230万円越〜240万円以下 7万2000円
240万円越〜250万円以下 7万5000円
250万円越〜260万円以下 7万8000円
260万円越〜270万円以下 8万1000円
270万円越〜280万円以下 8万4000円
280万円越〜290万円以下 8万7000円
290万円超〜300万円 9万円
担保・保証人 不要
手数料 なし

ダイレクトワンはこれまで紹介してきたカードローンとは違い、中小消費者金融に属するカードローンです。

中小消費者金融系カードローンは審査に通りやすい反面、サービスが充実していないケースが多いのですが、ダイレクトワンならば30日間の無利息期間や申し込みから融資までWebで完結するなど大手並みのサービスが受けられます。

審査に通りやすいカードローンを利用したい場合は、ダイレクトワンへの申し込みを検討しましょう!

今日中にカードローンで2万円を借りる流れ

今日中にカードローンで2万円を借りる流れは以下のとおりです。

  1. ①申込
  2. ②書類提出
  3. ③在籍確認
  4. ④契約
  5. ⑤借り入れ

詳しくは次から見ていきましょう。

①申込

まずはカードローンの審査を申し込みましょう。

大抵のカードローン会社であれば、Web・電話・郵送・店頭窓口・自動契約機のいづれかの方法を選んで審査を申し込むことができますが、今日中に2万円を借りたい場合はWebを利用しましょう。

Webでの申し込みには以下などのメリットがあるためです。

  • 電車の移動時間など隙間時間に申し込める
  • 混雑によって待たされる心配がない

利用したいカードローンの公式サイトにアクセスすることから始めましょう!

②書類提出

審査の申し込みが完了次第、カードローン会社では仮審査が実施されます。

なお仮審査は会社のコンピューターが自動的におこなうので、数分程度で完了する場合が多いです。

仮審査に通過次第カードローン会社から、メールが送られてくるため、指示にしたがって書類を提出しましょう。

カードローンの審査で提出が必要になる書類は以下のとおりです。

  • 本人確認書類(免許証・パスポート・マイナンバーカードなど)
  • 収入証明書(3ヶ月分の給与明細書・源泉徴収票など)

2万円程度の借り入れであれば収入証明書の提出は不要であるケースが多いですが、自主的に収入証明書を提出すると返済能力をアピールできるため、審査に通りやすくなります。

手元に収入証明書がある場合は、併せて提出すると良いでしょう。

③在籍確認

カードローンの審査では在籍確認が実施されます。

在籍確認とは申し込み者が申告したとおりの職場に勤めているか確認する審査のことで、多くのカードローン会社では審査担当者が申し込み者の職場に直接電話を掛けることで実施されます。

今日中にお金を借りたい場合は、今日中に在籍確認をクリアしなければなりません。

そのため、以下などの在籍確認を一度でクリアできるコツを実践することをおすすめします。

  • カードローン会社に相談して在籍確認の時間を指定する
  • 職場の人間に電話対応を頼む

在籍確認を確実に取れる体制を整えて、今日中にお金を借りましょう!

④契約

在籍確認はカードローン会社側も手間がかかることから、審査の最終段階で実施されます。

そのため、在籍確認さえクリアできれば審査に通ったも同然と言えるでしょう。

在籍確認が完了次第、カードローン会社からメールが来るため指示に従って契約を結びましょう。

なお、メール内のリンクからそのままカードローンを契約することも可能ですが、今日中にお金を借りたい場合は自動契約機で契約することをおすすめします。

自動契約機を利用すると、その日の内にローンカードを受け取ることができるため、ATMから融資が受けれるようになります。

⑤借り入れ

ローンカードもしくは振り込み融資を利用して、カードローン会社からお金を借りましょう!

なお、現在借りている額や利息などはWebの会員ページから確認できます。

2万円という少額であっても、返済期間が長引けばその分利息は増えていきます。

自身の借りている額をしっかりと把握して計画的に返済をしていきましょう!

今日中に2万円を借りたい場合は消費者金融系カードローンがおすすめ!まずは簡易審査を受けてみよう!

このページでは今日中に2万円を借りたい場合は、消費者金融系カードローンがおすすめである理由や、おすすめのカードローンについて解説してきました。

多くのカードローン会社では、公式サイトから簡易審査を受けることができます。

そこで「借り入れ可能と思われます」と表示された人は、自信を持って審査を申し込みましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする