カードローン即日融資のメリットとデメリットを徹底解説!高い金利には要注意!

今日中にカードローンでお金を借りるためには、消費者金融を利用する他ありません。

このページの前半では即日融資に対応している金融機関(消費者金融系カードローン)のメリットとデメリットを解説していきます。

また、このページの後半ではおすすめの消費者金融系カードローンも紹介するので、即日融資を受けたい人はそちらも参考にしてください。

審査なしで即日キャッシングできる会社は存在する?無審査キャッシングの方法を調査

即日融資に対応しているカードローンのメリット

即日融資に対応している金融機関(消費者金融系カードローン)のメリットとしては、以下などが挙げられます。

  • 無利息期間サービスが利用できる
  • 口座の開設が不要

詳しくは次から見ていきましょう。

無利息期間サービスが利用できる

即日融資を受けられるカードローンの多くは、無利息期間サービスを提供していることが多いです。

無利息期間サービスとは、新規契約者に限り特定の期間の金利が0円になるサービスのことです。

無利息期間サービスを利用すれば、即日融資を受けられるカードローンのデメリットの一つである金利の高さをカバーすることができます。

即日融資を受ける際は、無利息期間サービスを利用してお得にお金を借りましょう!

口座の開設が不要

即日融資を受けられるカードローンである大手消費者金融は融資の際に口座を開設する必要がありません。

口座を開設するためには、多くの場合営業時間内に銀行の窓口にいく必要があります。

口座を作る時間がない・利用している口座を増やしたくないという方は、大手消費者金融を利用しましょう!

即日融資に対応しているカードローンのデメリット

即日融資に対応している金融機関(消費者金融系カードローン)のデメリットとしては、以下などが挙げられます。

  • 金利が高い
  • 専業主婦(夫)は利用できない
  • 返済能力を超えた額の借入になりやすい

詳しくは次から見ていきましょう。

金利が高い

金融機関 金利(実質年率) 即日融資の可不可
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% ×
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% ×

年率が5%変わると、借入額や返済期間によっては、返済額が数千円から数万円ほど変わる場合もあります。

即日融資を受けられるカードローンを利用する際は、返済額を確認してから融資を受けましょう!

専業主婦(夫)は利用できない

先ほど説明した通り、消費者金融からは年収の3分の1以上の融資を受けることができません。

つまり本人の収入がゼロである専業主婦(夫)が借りられる金額は、0÷3=0になるため、専業主婦(夫)は消費者金融を利用することはできません。

専業主婦(夫)の方がカードローンを利用する場合は、配偶者貸付を実施しているカードローンへ申し込みましょう。

返済能力を超えた額の借入になりやすい

即日融資を受けられる大手消費者金融の利用手続は、簡単に済むことは説明した通りです。

しかし手続が簡単であることは、返済能力を超えた額を借りやすいということでもあります。

返済能力を超えた額を借りて、期限内までに返済できなかった場合は以下などが起きる可能性があります。

  • 催促を受ける
  • 信用情報に傷がつく
  • 差し押さえを受ける

昨今、消費者金融からの借り過ぎを理由に債務整理をする人も増えています。

簡単に借りられるからと言って、手当たり次第に消費者金融を利用するのはやめましょう!

即日融資に対応しているおすすめのカードローン

即日融資に対応しているおすすめのカードローンとしては、以下などが挙げられます。

  • J.Score
  • SMBCモビット
  • アイフル
  • セントラル
  • フクホー
  • プロミス
  • レイクALSA

商品概要やおすすめポイントなど詳しくは次から見ていきましょう。

J.Scoreは業界トップクラスの低金利!

商品概要
限度額 10万円~1000万円(10万円単位)
金利(実質年率) 0.8〜15.0%

J.Scoreはみずほ銀行とソフトバンクが共同で設立した新しい消費者金融系カードローンです。

特筆するべきはその金利の低さであり、大抵の消費者金融が18〜20%程度の金利を設定している中、15%という金利はめったにありません。

またJ.Scoreは年収や他社借入など基本的な質問に加えて「スーパーやコンビニの買い物の支払いは現金?カード?」といった生活にまつわる質問に答えることでポイントを取得し一定ラインを超えた場合に本審査に進めるなど、画期的な審査を実施しており、アンケート感覚で審査を受けられるなど人気があります。

とにかくお得にカードローンを利用したい!という場合はJ.Scoreへの申込みを検討しましょう!

SMBCモビットは在籍確認の電話をカットできる!

SMBCモビット

商品概要
限度額 800万円まで
金利(実質年率) 3.0%~18.0%

一般的にカードローンの審査では職場に電話を掛ける在籍確認が実施されますが、SMBCモビットにて以下の条件を全て満たせば在籍確認の電話をカットできます。

  • WEB完結で申し込んでいる
  • 特定の銀行(三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行)の口座を開設している
  • 収入証明書(給与明細書・確定申告書・源泉徴収票・納税証明書など)を提出している
  • 社会・組合保険証を提出できる

職場の人間に秘密でカードローンを利用したい場合は、SMBCモビットへの申込みを検討しましょう!

アイフルは提供しているカードローンが豊富!

アイフル

商品概要
限度額 1000円~800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%

アイフルでは通常のカードローン以外にも以下の金融商品を提供しており、豊富なラインナップの中から自身のニーズにあったものを選ぶことができます。

  • ファーストプレミアムカードローン
  • 女性向けカードローンSuLaLi
  • おまとめローンのおまとめMAX・かりかえMAX
  • 事業用ローンの無担保ローン・不動産担保ローン

特に一定以上の年収がある場合にのみ利用できるファーストプレミアムカードローンは、3.0〜9.5%という低金利で融資を受けられるためおすすめです。

まずはアイフルの公式サイトで自身のニーズに合った商品を探すことから始めましょう!

セントラルは審査の通りやすさとサービスが魅力的!

セントラル

商品概要
限度額 1万円~300万円
金利(実質年率) 4.8%~18.0%

セントラルは中小消費者金融に属するカードローンで、審査の通りやすさに定評があります。

一方でセントラルは以下などの大手消費者金融並みのサービスも提供しており、利便性も決して低くありません。

  • 30日間の無利息期間サービス
  • セブン銀行からの借入・返済
  • Webからの申込み
  • 即日融資対応
  • 都内数カ所の店舗展開

審査の通りやすさと利便性を両立させたい場合は、セントラルへの申込みを検討しましょう!

フクホーは審査に通るかを事前にしっかり確認できる!

フクホー

商品概要
限度額 5〜200万円
金利(実質年率) 7.30%~18.0%

フクホーも中小消費者金融に属するカードローンであり、審査難易度は低く抑えられています。

またフクホーでの公式サイトでは以下の7項目を入力した上での簡易審査を受けられるため、申込む前から審査に通るかどうかをある程度正確に見積もることができます。

  • 結婚の有無
  • 住居区分
  • 居住年数
  • 職業区分
  • 雇用区分
  • 転職回数
  • 他社利用件数

まずはフクホーの公式サイトにアクセスして「お試しご融資診断」を受けることから始めましょう!

プロミスの利便性と知名度はトップクラス!

プロミス

商品概要
限度額 500万円まで
金利(実質年率) 4.5%~17.8%(新規契約のみ)

プロミスは大手消費者金融3社(プロミス・アコム・アイフル)の1つで、知名度は折り紙付きです。

また、プロミスでは以下などのサービスを受けられるなど利便性もトップクラスだと言えます。

  • 30日間の無利息期間サービス
  • Webからの申込み受付
  • 最短1時間のスピード審査
  • 郵送物をカットできる電子明細サービス
  • お借入シミュレーション
  • 優待サービス「おとくらぶ」
  • 銀行、コンビニからの借入・返済
  • 三井住友VISAプリペイドへのチャージ

安心して便利なカードローンを利用したい場合は、プロミスへの申込みを検討しましょう!

レイクALSAは無利息期間の長さが特徴!

レイクALSA

商品概要
限度額 1〜500万円
金利(実質年率) 4.5〜18.0%

レイクALSAの一番の魅力は無利息期間の長さです。

通常のカードローンの無利息期間がせいぜい30日間程度であるの対して、レイクALSAはWebから審査を申込むだけで60日間無金利でカードローンが利用できます。

加えて借入金の5万円までは180日間金利が掛からないなど、無利息期間サービスの充実さでは他の追随を許しません。

長期間の借入を検討している場合は、レイクALSAへの申込みを検討しましょう!

即日融資に対応しているカードローンのメリットデメリットを確認しておこう!

このページでは、即日融資に対応している金融機関(消費者金融系カードローン)のメリットとデメリットについて解説してきました。

消費者金融系カードローンはスピーディーに融資が受けられる反面、金利が高いのが難点です。

融資速度と金利、どちらを重視するかを考えた上で利用するカードローンを選びましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする