即日融資で50万円借りる!借りられる人の特徴と当日に融資を受ける条件

仮タイトル「即日融資で50万円!借りられる人と必要なもの」

一人暮らしの初期費用は平均40~50万円と言われています。

即日50万円を借りるためには消費者金融を利用するほかありません。

このページでは、即日50万円を借りられる人の特徴や、必要なものを説明していきます。

また、おすすめの消費者金融や、借りに行く前にやるべきことなども紹介しているので参考にしてください。

本当に即日融資ができる!おすすめ消費者金融カードローンランキング

即日融資で50万円を借りられるか

50万円は即日で借りられるギリギリの額

即日融資で50万円を借りることは決して簡単なことではありません。

50万円以上になると、後述するように収入証明書が必要になります。

また、審査に関しても10~30万円とは話が変わってきます。

50万円を即日借りるハードルの高さを意識した上で、審査に臨みましょう。

学生や主婦は通りづらい

先ほども説明したとおり、50万円というのは即日で借りられるギリギリの額です。

そのため、審査に不利である学生や主婦の方は、審査に通りづらいのが実情です。

しかし、学生や主婦というだけで審査に通らないわけではありません。

消費者金融が安定した収入があると認めれば、主婦や学生の方であっても即日50万円を借りることは可能です。

安定した収入とは、「大きな額面のバラつきがなく、毎月一定程度の収入を得ている」ことを指します。

総量規制のことを考えると、最低毎月12万5千円以上の収入が必要になります。

  • 総量規制とは、多重債務を防止するための貸金業法の融資制限のこと
  • 年収の3分の1以上を貸し付けた貸金業者には罰則を科せられる
  • 銀行は貸金業法ではなく銀行法に基づいているために総量規制の対象外
  • 例外として配偶者貸付(配偶者に収入があれば無収入の者にも融資を行う)という制度があるが、実施しているところは少ない

しかし、150万の年収があれば50万円の融資を受けられるというのは、法律上の最低額に過ぎません。

実際は年収400万円程度の年収がないと厳しいです。

正社員であれば通る額

年収400万円となると、学生や主婦が通常のアルバイトで稼げる額ではありません。

企業に正社員として勤めていないと、400万円の収入を得ることは難しいでしょう。

また、正社員であれば審査のスコアリングにて有利に判断されます。

スコアリングとは、仮審査の際に申し込み者の属性を数値化する作業のことです。

属性の項目としては、正社員やアルバイトなどの「勤務形態」や「年収」「勤続年数」などが見られます。

10~30万円ならばぐっと借りやすくなる

即日で50万円を借りる難しさは先ほど説明したとおりです。

しかし、逆に言えば50万円以下の融資、特に10~30万円程度の融資なら容易に借りることができます。

もし「今日中に50万円を支払わなければならない!」という状況であれば、「50万円は難しいので、30万円で今日は勘弁してくれないか」と交渉する価値は十分にあります。

50万円の即日融資に通る人の特徴

他社の借り入れがない

ここからは、実際に即日50万円の融資を受けられる人の特徴について説明していきます。

先ほど説明した総量規制は、それぞれの金融業者に適用される訳ではありません。

全ての金融業者で借りている額を合わせて、年収の3分の1以下でなければなりません。

総量規制に違反すると金融業者は重い罰則を受けることになるので、どこの金融業者も他社からの借り入れ状況は厳しくチェックしています。

50万円もの高額を借りるならば、他社からの借り入れは0にしておいた方が良いです。

現在すでに返済中であれば、新規の50万円の即日融資は諦めましょう。

信用情報に傷がない

信用情報に傷があると50万円はもちろん、10万円の審査にも通りません。

50万円の即日融資には、信用情報に傷がないのが大前提と覚えておきましょう。

もし、自身の信用情報に不安がある場合は、個人信用情報機関に照会を依頼しましょう。

どこの信用情報機関と提携を結んでいるかは、消費者金融によります。

そのため、融資を希望する消費者金融に問い合わせ、信用情報機関を特定する必要があります。

多くの消費者金融は、日本信用情報機構(JICC)指定信用情報(CIC)と提携を結んでいます。

属性が良好な状態

審査でスコアリングされる属性として主に以下のものが挙げられます。

  • 年齢(未成年者は消費者金融を利用できない)
  • 職業(個人事業主などの収入が不安定な職業は不利)
  • 雇用形態(正社員でないと難しい)
  • 勤務先(大企業であれば雇用の安定性から有利になる)
  • 勤続年数(最低1年以上、3年以上あれば有利になる)
  • 年収(最低150万円以上、400万円は欲しい)
  • 収入形態(固定給が有利、歩合制はやや不利。)
  • 居住形態(持家が有利、しかし50万円程度であればあまり関係なし)
  • 家賃の負担割合(家賃がない方が有利、収入の3分の1)
  • 家族構成(子供がいたり、一人暮らしであるとやや不利。働いている両親と同居していれば有利)
  • 持っている電話の種類(固定電話の有無はあまり関係がない。携帯電話はあった方が有利)
  • 保険の種類(保険の種類が直接的に関係することは少ないが、勤務先を確認する材料になる)

在籍確認に対応できる

在籍確認は勤務先の確認であり、年収の確認にも繋がります。

そのため、確実に在籍確認に対応する必要があります。

在籍確認は本人が職場で電話に出ることができれば即座に終了します。

また、職場の同僚の方に「〇〇(申込者)はあいにく席を外しております」といった旨の回答をしてもらっても大丈夫です。

重要なのは、申告した職場に籍を置いていることの確認がとれるかどうかです。

取引実績がある

融資を希望する消費者金融とすでに取引実績があれば審査は有利になります。

無論、長期の延滞をしていないことが大前提です。

取引実績があれば、多少属性が悪かったとしても返済能力を認められる可能性があります。

50万円の即日融資に必要なもの

本人確認書類

消費者金融の利用には額に関わらず、本人確認書類の提出が必要です。

消費者金融の本人確認書類としては、以下のものが挙げられます。

書類の種類 原本・コピー 有効期限
運転免許証 コピー可 有効期限内
健康保険証 コピー可 有効期限内
パスポート コピー可 有効期限内
住民票の写し 原本 発行より半年以内
住民票の記載事項証明書 原本 発行より半年以内
印鑑証明書 原本 発行より半年以内
年金手帳 コピー可 有効期限内
住民基本台帳カード コピー可
マイナンバーカード 原本 有効期限内
身体障害者手帳 コピー可
各種福祉手帳 コピー可
後期高齢者被保険証 コピー可 有効期限内
母子健康手帳 コピー可
特別永住者証明書 原本 有効期限内
戸籍謄本 原本 発行より半年以内

コピーを利用する場合は、顔写真が鮮明な物を利用してください。

収入証明書

50万円丁度であれば、収入証明書の提出は原則不要です。

しかし、場合によっては収入証明書の提出を求められることがあります。

また、不要であっても自主的に収入証明書を提出することで、審査に通りやすくなる可能性があります。

収入証明書として利用できる書類は以下のとおりです。

  • 源泉徴収票
  • 給与証明書
  • 市民税、県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

即日50万円借りるのにおすすめの消費者金融

アコム

アコム

契約限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%(実質年率)
遅延損害金 20.0%(年率)
返済方法 定率リボルビング返済方式
返済期日 1回の支払につき35日以内又は毎月払い
返済期間 最終借入日から最長9年7か月
返済回数 1回~100回
申込み条件 20歳以上で、安定した収入と返済能力のある方
利用目的 不問
担保・保証人 不要

即日50万円の融資を受けるならば、アコムがおすすめです。

アコムは現在30日間金利0円サービスを提供しています。

契約から振込依頼までインターネットで行えるのもアコムの利点の一つです。

アコムの審査を徹底解説!審査に落ちる人の7つの共通点

プロミス

プロミス

限度額 500万円
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
遅延損害金 20%(実質年率)
返済方法 残高スライド元利定額返済方式
返済期日 5日・15日・25日・末日から選択
申込み条件 申込時の年齢が満20歳以上69歳以下の方
本人に安定した収入のある方
利用目的 生活費に限る
担保・保証人 不要

おすすめの消費者金融としては、プロミスも挙げることができます。

プロミスはオペレーターを女性に指定できる、レディースキャッシングというサービスを提供しています。

「お金の話を男性とするのが怖い」という方は、プロミスのレディースキャッシングの利用を検討しましょう。

プロミスの審査基準を徹底解説!審査に落ちる人と通る人の違いとは?

借りる前に返済シミュレーションをしよう!

仮にアコムで50万円を借りた場合、利息金額はおよそ20万円になります。

利息金額は消費者金融であれば大きく変わりません。

50万円という大金を借りるときは、計画的な返済のために、シミュレーションは必須だといえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする