来店不要で即日融資を受けられるカードローンはある?

来店不要で即日融資

急にお金が必要になった時、今いる場所からスマホで申し込んで、簡単にお金を融資してもらえれば楽ですよね?

今回は来店不要で即日融資を受けられるカードローンを厳選紹介!

どうすればスムーズにお金を借りられるかも詳しく解説していきます。

本当に即日融資ができる!おすすめ消費者金融カードローンランキング

来店不要で即日融資が受けられるおすすめのカードローン

来店不要で即日融資が受けられるおすすめのカードローンとしては、以下などが挙げられます。

  • プロミス
  • SMBCモビット
  • レイクALSA
  • ノーローン

詳しくは次から見ていきましょう。

プロミス

プロミス公式サイト

商品概要
限度額 500万円まで
金利(実質年率) 4.5%~17.8%(新規契約のみ)

プロミスは大手消費者金融3社(プロミス・アコム・アイフル)の内の1つであり30日間の無利息期間サービスや、来店せずに即日融資を受けられるなど基本的なサービスは揃っていますし、スマートフォンから10秒で融資が受けられる「瞬フリ」も便利です。

利用するカードローンを迷っている場合は、プロミスを選べば間違いがないでしょう。

SMBCモビット

SMBCモビット

商品概要
限度額 800万円まで
金利(実質年率) 3.0%~18.0%

SMBCモビットでは以下の条件を全て満たすと、在籍確認の電話をカットできます。

  • WEB完結で申し込んでいる
  • 特定の銀行(三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行)の口座を開設している
  • 収入証明書(給与明細書・確定申告書・源泉徴収票・納税証明書など)を提出している
  • 社会・組合保険証を提出できる

職場の人間にカードローンの利用を隠したい場合は、SMBCモビットへの申し込みを検討しましょう!

レイクALSA

レイクALSA

商品概要
限度額 1〜500万円
金利(実質年率) 4.5〜18.0%

レイクALSAは無利息期間の長さが魅力のカードローンです。

大抵のカードローンの無利息期間は30日程度ですが、レイクALSAは審査をWEBから申し込むと60日間の無利息サービスが利用できます。

長期の借入を検討している方はレイクALSAへの申し込みを検討しましょう!

ノーローン

ノーローン

商品概要
限度額 1〜300万円
金利(実質年率) 4.9〜18.0%

ノーローンの無利息期間は1週間と短く設定されていますが、期間内に返済すれば何度でも利用できるのが特徴です。

そのため1週間で返済できるほどの低額を繰り返し借りる人は、ノーローンへの申し込みを検討しましょう!

来店不要で借りられるカードローンは多い

実は、来店不要でお金を借りられるカードローンは多いです。

有人店舗のない消費者金融やネット銀行カードローンはもちろんのこと、地方銀行でもWeb完結融資をおこなっている例があります。

ネットバンキングといって、簡単にWeb上でお金の取引や操作ができる仕組みができて久しいので、古い銀行でも来店不要に対応するのは意外とカンタンなのです。

地銀カードローンをWeb完結で借りるのは難しい

ただ、割合としてはやはり地銀カードローンは来店不要のWeb完結で借りるのは難しいです。

Web上で申し込みができる銀行は非常に多いですが、契約の際に来店が必要になるケースが多いです。

お近くの地方銀行の条件を確認しておきましょう。

即日融資で借りられるカードローンは消費者金融のみ

一方、即日融資で借りられるカードローンは消費者金融のみとなっています。

かつては銀行カードローンも即日融資が可能でしたが、2018年から審査手続きが追加されたことで、申し込んだ当日中に融資を受けることができなくなっています。

銀行カードローンは反社会勢力の排除を強くうたっていましたが、カードローン審査を保証会社に丸投げした結果、知らずに反社会勢力への借入をしてしまったことがありました。
そのため、審査に警察データベースと申込者の照合手続きが加わることになったのです。

ただ、銀行カードローンは銀行法で制限されているのに対し、消費者金融は貸金業法で制限されているので、この審査手続きは銀行のみとなっています。

そのため、現在でも消費者金融だけは即日融資が可能なのです。

来店不要で即日融資を受ける流れ

カードローン会社に来店せずに、即日融資を受ける流れは以下のとおりです。

  1. ①申込み
  2. ②書類提出
  3. ③在籍確認
  4. ④カードローン契約

詳しくは次から見ていきましょう。

①申込み

まずはカードローンの審査を申し込みましょう。

来店以外で即日融資を受ける場合は、WEBから審査を申し込む必要があります。

カードローンの審査を申し込む際に申請が必要な項目は以下のとおりです。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 家族構成
  • 子供の有無
  • 電話番号
  • 自宅電話の有無
  • 運転免許証交付の有無
  • 郵便番号
  • 自宅住所
  • 居住形態(持ち家・賃貸住宅・社宅など・公営住宅)
  • 雇用形態
  • 勤務先名
  • 郵便番号
  • 勤務先所在地
  • 所属部署(任意)
  • 電話番号
  • 社員数
  • 最終学歴
  • 入社年月
  • 税込年収
  • 健康保険証の種類
  • 業種
  • 職種
  • 希望の契約方法
  • 他社借入件数
  • 他社借入残高
  • 今回の希望借入額
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 審査結果の連絡方法
  • 書面の受取方法

カードローンの審査で申請が必要になる項目は全て審査の成否に掛かってきます。

誤入力がないように、2度3度確認してから申し込みボタンをタップしましょう!

②書類提出

カードローン審査の申し込みが完了次第届くメールの指示に従って、書類を提出しましょう。

カードローンの審査で提出が必要になる書類は以下のとおりです。

  • 本人確認書類(運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど)
  • 収入証明書(3ヶ月分の給与明細書・源泉徴収票・確定申告書など)

なお希望借入額を50万円以下に設定している場合、収入証明書の提出は不要であるケースが多いです。

早くカードローンで融資を受けたい場合は、できるだけ希望借入額を抑えてカードローンの審査を申し込みましょう!

③在籍確認

カードローンの審査では原則在籍確認が実施されます。

在籍確認とは申込者が申告したとおりの職場に勤めているか確認する審査のことで、大抵のカードローンでは審査担当者が申込者の職場に直接電話を掛けることで実施されます。

以下に在籍確認が完了するケースをまとめました。

  • 申込者本人が電話に出た
  • 職場の人間が申込者の不在(休暇・外出)を伝えた

一方、以下などの場合は在籍確認が完了した扱いになりません。

  • 誰も電話に出なかった
  • 電話に出た人間が申込者を把握していなかった

在籍確認は1度でクリアする必要はありませんが、クリアするまでカードローンの審査は次に進みません。

また在籍確認は申込者のプライバシーに配慮して社名や用件を話さず、以下のように実施されます。

審査担当者「私〇〇(審査担当者)と申しますが、□□(申込者)様はいらっしゃいますか」

しかし、会社に社名や用件を話さない電話がかかってくることは不自然であり、電話を取った職場の人間からは「あれはなんの電話だったのか」と聞かれる可能性は高いでしょう。

そのためスピーディーかつ職場の人間にバレずに融資を受けたい場合は、以下などの対策は必須だと言えます。

  • カードローン会社に在籍確認の相談をする
  • 職場の人間に電話対応を頼む

詳しくは次から見ていきましょう。

カードローン会社に在籍確認の相談をする

まずはカードローン会社に在籍確認についての相談の電話を掛けましょう。

場合によっては以下などの対応が受けられます。

  1. 在籍確認を実施する前に申込者に連絡する
  2. 申込者が指定した時間帯に在籍確認を実施する
  3. 在籍確認の電話を書類提出で代替する

③の対応を受けるためには相当の理由が必要になりますが、①・②に関しては希望すれば受けられる可能性が高いでしょう。

なお在籍確認について相談をする際は、審査担当者(在籍確認の電話を掛けてくる人)の名前を聞いておくことをおすすめします。

次から説明しますが、職場の人間に電話対応を頼みやすくなります。

職場の人間に電話対応を頼む

カードローン会社への相談が完了次第、職場の人間に電話対応を頼みましょう。

その際は以下のように頼むことをおすすめします。

「用件や社名を話さない〇〇(審査担当者)さんから電話が掛かってきたら、個人的なクレジットカードの件だから自分に回すか『後で本人から折り返させる』って伝えて欲しい」

一部のクレジットカードも発行の際に在籍確認が実施されるため、上記のように伝えれば不審に思われることはありません。

在籍確認の対策をしっかりと整えて、スピーディーかつ職場の人間に内密でカードローンから融資を受けましょう!

④カードローン契約

在籍確認が完了次第、最終審査が実施され審査結果がメールにて通知されるため、メール内のリンクからカードローンを契約しましょう。

その際に審査の上で決定した借入限度額や金利を確認できます。

他にも注意事項や利用規約などにもしっかり目を通しておきましょう!

来店不要で即日融資を受ける時の注意点

休業日は振り込み融資できないことも多い

振り込み融資は、手続きをしてから反映されるまで多少の時間がかかります。

平日なら数分から数時間で反映されることが多いですが、休日は銀行が休業日なので、反映が翌営業日以降になるのが一般的です。

一部カードローンは土日の振り込み融資に対応していることがあるので、事前に確認しましょう。

審査基準ギリギリだと即日融資できないケースも

申込者の審査基準がギリギリの場合、様々な面を考慮した上で融資を決定しなければいけません。

そのため、年収が低かったり、信用情報が傷ついていたりする方は即日融資が受けられない可能性があります。

カードローンの審査対策をすることは、通りやすくするだけでなく即日融資を受けやすくするのにも十分効果があります。

保証会社のメンテナンスで審査が遅れることも多い

申込者側に非がなくても、保証会社側のメンテナンスやトラブルで審査が一時停止し、融資が遅れるケースも存在します。

即日融資というのはあくまで“最短”の話であり、確実にその日のうちに借りられることを保証するものではありません。

来店不要で即日融資を受けやすくする方法

来店不要で即日融資を受けるためには、どんな点に注意すれば良いのでしょうか?

即日融資の可能性を広げるコツを紹介していきます。

借入額を必要最低限まで減らす

まずは借入額を必要最低限まで減らしましょう。

借入額が高額になるほど返済が難しくなるので、審査通過に求められるステータスも高くなります。

借入目的があいまいだと希望額も多くなってしまうので、目的を明確に設定した上で、それに必要な額だけを借りるようにしましょう。

理想としては年収に占める住宅ローンの年間返済額の割合が4分の1以下に収まっていると通りやすいです。

他社借入を減らす

他社のローンからも借入があると、純粋に収入を圧迫するだけでなく、「お金にだらしない人」と思われて審査で不利になります。

他社借入がすでに多くある方は、1件ずつ完済していくか、おまとめローンで一本化することをおすすめします。

特に総借入額が年収3分の1を超えており、借入件数が4件以上の方は審査に通る見込みがかなり低くなります。

信用情報をクリーンな状態に保つ

上記の内容と被りますが、信用情報にキズがついていると審査基準を満たしているかどうかの見抜きが複雑になり、その分審査時間が長引いてしまいます。

クレジットカードの利用などは、日頃から注意しておきましょう。

信用情報に登録された金融事故の情報は一定期間を過ぎれば履歴から削除されるので、それを待つのが理想的です。

必ず来店不要で即日融資を受けられる訳ではない

保証会社のメンテナンス期間なども絡んでくるので、必ずしも来店不要で即日融資を受けられる訳ではないということが分かったと思います。

あくまで即日融資は最短の話で、今日中にお金を確実に借りられる確証はありません。

そもそも、「今日中にお金が借りれないとヤバい」という状況に陥る前に対処をする必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする