セントラルのキャッシング審査は甘い?審査落ちする7つの原因

セントラル

昭和48年に開業した老舗のカードローン会社であるセントラル。

中堅の消費者金融ですが、自動契約機の導入やセブン銀行のATMとの連携など、大手同様の充実したサービスを用意しているところが魅力的です。

ここでは、セントラルの審査基準を知る手がかりになる審査に落とされる要因などをお伝えしていきます。

カードローンの審査対策をしっかりしておけば、審査の通過につながるはずです。

審査の甘い・緩いキャッシング会社ランキング!極甘審査・即日融資可能な消費者金融を厳選

目次

セントラルの基本情報

金利(実質年率) 4.80%~18.00%
限度額 1万円~300万円
審査時間 最短当日
担保・保証人 不要
返済方式 借入残高スライドリボルビング方式
無利息期間 契約日から30日間金利0円
遅延損害金 年率20.00%
新規申し込み方法 店舗・自動契約機・電話・インターネット(パソコン・スマートフォン)・コンビニ・郵送
申し込み対象者 20歳以上の安定した収入と返済能力がある方

セントラルは、1973年に創業した貸金業者で、愛媛県に本社があります。

店舗は四国地方、東京をはじめ関東方面を中心に全国で18店舗を展開しています。

全国にある店舗やセントラルのATM、セブン銀行のATMで借入や返済ができるので便利です。

また、年中無休で申し込みができる自動契約機「セントラルくん」の設置や、契約日から30日間の金利0円のサービスも実施しています。

セントラルは無人契約機を設置!スムーズに利用できる

セントラルは、自動契約機を全店舗に設置しています。

年中無休で店頭同様の審査方法で手続きがおこなわれます。審査が完了してから契約終了後に、その場でカードの発行ができるところが魅力です。

カードを受け取れば、自動契約機付近の設置しているセントラルATMや、提携ATMですぐにお金を引き出せます。

個室になっているので、誰にも知られることはありませんし、店員と顔を合わせることもなく申し込めます。

困ったことがあった場合は、オペレーターがすぐに対応してくれるので安心です。

セントラルの無人契約機(自動契約機)で審査・即日融資を受ける方法

セントラルの審査難易度を他社と比較!金利から分析

貸金業者 実質年率
セントラル 年4.8%~18.0%
三井住友銀行カードローン 年4%~14.5%
バンクイック 年1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 年2%~14%
アコム 年3%~18%
アイフ 年3.0%~18.0%(30日間利息0)
アイフル 年3.0%~18.0%(30日間利息0)
プロミス 年4.5%~17.8%(30日間利息0)
ダイレクトワン 4.9%~20%

金利と審査は関係性はあって、高金利ほど低金利と比べて審査は甘くなる傾向があります。

銀行のカードローンは2.0%~14.0%と低金利なのに比べて、セントラルを含めた消費者金融は金利上限も20%と高金利に設定されています。

低金利のローンは毎月の利息の回収率が低いため、借入者が返済不可能になった場合に大きな負担になることから、審査が厳しくなります。

一方で高金利のローンは毎月の利息も高いので、金融機関の利益も多くなるため、低金利のローンよりは審査が通りやすい可能性が高いです。

セントラルの審査は対策をすれば問題なく通る!

セントラルのカードローンの審査基準は残念ながら記載されていませんが、しっかりと対策をしておけば、通過率は必ずアップします。

審査に関する予備知識を身につけておくことが、カードローンの契約を成功させるカギとなります。

審査に関する知識が乏しければ、思わぬ見落としで審査に落ちてしまうことがあるのです。

  • 収入が低い
  • 無職
  • 他社へ同時申し込み
  • 信用情報にキズがある
  • 虚偽申告

このうちのどれか一つでも該当するなら、審査に通りにくくなります。工夫と知識を付ければ改善できるので対策をしておきましょう。

セントラルの審査に落ちた人の口コミは参考にしなくてもOK?

セントラルの審査に落ちた人の口コミには、様々な情報を得ることができるので、参考にしておくべきです。一度は見ておくことを推奨します。

どういった点が落ちる要因だったのかを探り、自身の場合はどうなるのかなどを予測をし、対策をしておくことができます。

インターネット上では間違った情報もあるため、実際に申し込みをした方の生の声は大いに役立ちます。

審査の流れやコツをつかめば、対策の計画も立てやすくなります。

申込者は知名度の高いカードローンから順に審査を受けがち

資金が足りないと困ったときに、一番に大手の知名度の高い金融会社を利用しようと思いつく方は少数ではありません。

有名企業で有名タレントを起用した金融機関は目につきやすく、大手の金融会社であれば安心感もあるでしょう。

しかし、直近で他社のカードローンの審査に落ちた後にすぐに他社のカードローンを申し込むのは、審査の通過率を下げる要因になります。

カードローンに落ちたという情報が、審査でチェックされる信用情報に一定期間記載されるからです。

カードローンの審査に通らないからと、すぐに次の金融機関へ焦って申し込むのはやめて、審査に落ちた理由をよく考え、一定期間の間隔を空けてからカードローンを申し込むことが大切です。

中小サラ金を片っ端から受けている人も多い

大手のサラ金で何度も審査に落ちてしまった方は、中小サラ金なら審査が緩いのでは?と保険をかけて複数のカードローンの申し込みを同時にしてしまう方は少なくありません。

しかし、複数社のカードローンへ同時に申し込みをすると、審査が通りにくくなる要因になります。

月に3~4回以上申し込みをすれば、申し込みブラック扱いになり、信用情報機関に登録されてしまうのです。

審査のときには金融機関で共用される信用情報は必ずチェックされるので、安易に色んなカードローンへ申し込みをするのはやめておきましょう。

通過率が低い=審査が難しいわけではない!

審査通過率のことを気にする方もいるかも知れません。

審査通過率は、IR情報が発表している情報で、ローンの申し込みをした人が、どれくらい審査に通ったかということを数値データで表しています。

審査通過率は変動もありますし、セントラルを含めた金融機関でも公式ページで通過率を公表していないところも多く、審査が通りやすいかどうかを比べるのは難しいので、あまり意識をしなくても問題はないと言えます。

また、大手の消費者金融でも通過率は40%代に留まっています。

無職や金融事故がある申込者が通過率を下げていることもあり、50%を超えることはないと言われています。

セントラルの審査に落ちる人の傾向

ローンの申し込みや貸金業者の審査に落ちたという履歴が、金融機関で共用で閲覧ができる信用情報に記載されるということをお伝えしてきたところで、ここからはセントラルの審査に落ちる要因について具体的にまとめてみたのでよく確認しておくと良いです。

審査に落ちないように対策を練っておかないと、カードローンの利用ができない上に、信用情報にもマイナスの情報が記載されてしまいます。

審査に落ちた人は何が原因だったのかをこれから解説します。

①年収が低い

年収が低い人は、返済不履行になる可能性が高いと判断されやすく、審査に落とされやすい傾向があります。

公務員や上場企業などの毎月の収入が高くて安定性がある人ほど審査に通過する確率は上昇します。

年収は、収入に安定性があるか、返済能力があるかどうかを見極める最も重要視される要素です。

希望する借入額に対して、3倍以上の年収が無いと、明らかに返済能力も足りないと判断されるため、審査を通過するのは難しくなります。

②不安定な職業・職種についている

カードローンの落ちる理由の一つに、職業や職種が要因で審査に落ちたというケースも多くあります。

  • 水商売
  • 芸能人・作家
  • 在宅ワーク・フリーランス
  • 自営業・個人事業主

フリーランスや個人事業主、自営業は収入はあっても、経費が負担になっている場合もありますし、収入が安定しているかどうかの見極めが難しい職業でもあります。

水商売や芸能人、作家などの職業は、収入の浮き沈みが激しく、不安定な収入の職業と判断されやすいです。

③パート・アルバイト・派遣社員

雇用形態はカードローンの審査に影響がでてくることがあるので注意が必要です。

セントラルでは、アルバイトでも安定した収入があり、規定の審査基準を満たせばカードローンを利用できる可能性はあります。

しかし、パートやアルバイト、派遣社員の雇用形態でも、契約期間が短かかったり、週1、週2の働き方で毎月の収入が少ない場合や、不安定な収入であれば審査に通る可能性は低くなります。

また、希望額が収入に対して多い場合も、審査の通過は厳しくなります。

④他社借り入れが多い

銀行や消費者金融など、他社で借りている金額が多すぎると審査に落ちることがあります。

なぜなら、2010年に貸金業法の改正が施行されて、総量規制が新たに加えられたからです。個人への貸付総額が、原則年収の3分の1までしかできなくなりました。

現段階で借入額が年収額の3割に該当しているなら、セントラルで借入をすることができません。

また、他社の借入件数が3件程度であれば問題はないのですが、4件以上の多重債務であれば審査に通る確率は非常に低くなります。

借入の件数も影響があるので、借入を一つにまとめるなどして、できるだけ件数を減らすという対策をしておくことが肝心です。

⑤家賃・住宅ローンの負担が大きい

収入に比べて、家賃や住宅ローンの負担が大きければ、審査を受けるときのマイナス要因になる可能性があります。

手取りの収入と、生活費や家賃などの支払いの総支出のバランスも審査で重視されるポイントです。

総支出が多ければ、家計を圧迫しますから、カードローンの返済能力に乏しいと判断されて審査に落ちてしまいます。

⑥転職して間もない

カードローンの審査は、本人が借入してもきちんと毎月継続して返済できるかを重点的にチェックされます。

勤続年数が長い方ほど離職率は少なく、収入も安定してくるものなので審査に有利になります。

そのため、転職したばかりの勤続年数が短い方は、定期的な安定した収入を得られるかどうかを見極めるのは難しく、離職する可能性もあるかも知れないということから、審査に通らない可能性もでてきます。

カードローンを申し込む時は、最低でも勤続年数は3ヵ月から6ヵ月以上、できることなら1年以上の勤続年数があるほうが、より審査が通りやすくなります。

⑦過去に借金や返済延滞の経験がある

消費者金融や銀行、クレジットカード会社など、過去にカードローンを利用した方で、返済延滞や強制解約の経験があった場合、金融機関が審査のときに閲覧する信用情報機関に登録されます。

他社のカードローンで延滞情報があったら、再度滞納する恐れがあるとみなされて、審査に通らない可能性がでてくるのです。

その他にも、スマートフォン代や奨学金、住宅ローンや車のローンなどの長期延滞履歴も情報機関に登録されるので、支払い遅れの癖がある人は直す必要があります。

セントラルの審査に通るコツ

ここまで、カードローンの審査に落ちやすい人の傾向を例に挙げて説明しましたが、該当する項目があるなら、しっかりと改善しておく必要があるでしょう。

そして更に審査の通過をスムーズにするために、申し込みの際に役立つ審査に通るコツをご紹介していきます。

申し込み情報は嘘なく記入する

申し込みの際に絶対やってはいけないことは、収入や職業、連絡先などを偽ることです。虚偽報告をしていたことがバレると審査には通りません。

例えば、アルバイトを正社員に書き換えたり、無職なのに前職でまだ働いていると偽る行為です。

アルバイトであっても安定した収入で継続して働いていたら、審査でプラスポイントになるので、わざわざ嘘を記入する必要もありません。

働いていないのに、辞めた前職の連絡先を記入しても、本人は不在なので在籍確認が取れませんし、嘘ということがわかってしまいます。

正しい情報を記入することが、審査に通るコツになります。

借入希望額を最低限に抑える

カードローンの審査を有利にすすめたいときは、借入額を必要最低限に抑えると良いです。

金融機関が審査をするうえで最も重点をおいているところは、申込者が毎月ちゃんと返済できるかというところです。

本人の収入と返済額のバランスはよく見られる点です。

ですから、借入額が少ないほど、収入に占める割合が小さくなるため、余裕をもって返済を続けていけると判断される可能性が高くなり、審査の通過率がアップします。

他社借り入れをおまとめローンで一本化する

他社の借入件数が多すぎると、審査に通らないケースもあります。

ですから、他社で借入をして多重債務になっていたら、おまとめローンで一本化すると審査に有効になります。

おまとめローンがどういった商品かというと、複数の金融会社から借入している債務を一箇所のカードローンにまとめて、返済を楽にするというもの。

おまとめローンは金利が安い商品が多いので、借金の残高も減りやすくなるといったメリットもあります。

一本化すれば、カードローンの返済が毎月1回になるので、お金の管理もしやすくなります。

金融事故の情報が削除されるのを待つ

セントラルでは、信用情報はかなり重要な審査の要素となります。

信用情報に自身のリストが載っていて、問題ありとされれば審査に通過する見込みはありません。

過去に長期間の延滞があったかどうか、問題がないかを振り返っておく必要があります。

また、債務整理をしたことがある方も信用情報にリストがまだ残っているかも知れません。

延滞や債務整理で信用情報のブラックリストに載っていても、一定期間を開ければブラックは解除されるものです。

信用情報機関に問い合わせれば、リストに載っているか解除されているのかを確認が取れるので、心配であれば調べておくと良いです。

セントラルの審査の口コミ・評判

知名度の高い大手の銀行や消費者金融のカードローンの申し込みはしたことがあっても、比較的情報量が少なく、あまり知られていない中堅の消費者金融のローンの申し込みをするのは初めてという人は多いかも知れません。

申し込みや審査に関しても不安を感じている人もいることでしょう。ここからは、セントラルを利用した方の審査の口コミや評判をまとめたので紹介します。

実際に審査を受けた方がどう感じたかなど、生の声を見てみましょう。

在籍確認さえ取れれば審査に通る!

投稿者:ジロー(30代男性)

すぐにお金を借りないといけない事情があり、即日融資に対応しているセントラルを利用しました。

希望額が少なかったので、収入証明書などの提出も要らず、勤務先への在籍確認ができた後の審査完了までのスピードも早かったです。

初めての契約で無利息期間に借入した分を返済できたため、負担もありませんでした。

自動契約機でカードを発行したので、返済もコンビニでできました。また急にお金が必要になったら利用したいです。

ブラックな方はまずセントラルへ申込

投稿者:リンゴ(40代女性)

債務整理をしたことがあり、支払いは全て終わらせたのですが、セントラルに申し込む前は大手消費者金融や銀行のカードローンの融資の審査にことごとく落ちました。

しかし、セントラルのカードローンは、ブラック経験あり、週4日のパート勤務の私でも審査に通りました!

しかも、即日融資を受けられて、申し込みから借入までスピーディーなところが良かったです。

電話対応も素晴らしく、丁寧で親切な説明で安心して借りられました。

セントラルの審査に関する質問集

こちらでは、セントラルの審査を受ける際に、最も気になる疑問点をまとめました。

セントラルの審査の特徴を捉えたり、流れやコツをイメージしておくことで、審査落ちを防ぐことができますし、スムーズに申し込みができるように準備をしておけます。

Q1.土日でも審査を受けられる?

店頭は土曜日も営業をしているので、営業時間内であれば審査を受けられます。

その他に無人契約機やコンビニ、スマホ・パソコンから新規申し込みは、土日の審査に対応しています。

ただし、審査には在籍確認が鉄則の条件となります。

土日が休みの企業は、本人の在籍確認の際に会社に連絡ができません。

申し込みは土日に手続きを進めることは可能ですが、審査が完了するのは、土日の休みが明けて、会社へ在籍確認が取れてからになるでしょう。

Q2.学生・主婦でも審査に通る?

セントラルのカードローンの利用は、20歳からが貸付条件となっています。

学生の場合は、20歳以上であれば申し込みが可能で、アルバイトの安定した収入があれば審査に通る可能性はあります。

主婦の場合でも同様に、20歳以上で正社員や派遣社員、アルバイトやパートなどの定期的な安定した収入があって、返済能力があると判断されれば、審査に通過する確率は高くなるでしょう。

ただし、主婦の中でもアルバイトやパートなど、就業していない専業主婦は審査に通ることはありません。

Q3.無職でも審査に通る?

本人の収入がなければ、返済能力がないと判断されるため、審査に通ることはありません。

セントラルでは、アルバイトでも定期的な安定した収入があれば、審査に通過する確率は上がるので、仕事に長く勤めるようになってから、カードローンの申し込みをしてみると良いでしょう。

Q4.審査にかかる時間はどれくらい?

セントラルは、最短30分のスピード審査を実施しています。

ただし、即日融資に対応していますが、申し込み受付終了時間が午後14時以降になるケースは、審査に通っても、振込は後日になるようです。

即日融資を希望しているなら、午後14時までに申し込みが間に合うように、早めに準備をしておくと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする