プロミスの審査は専業主婦でも通る?夫にバレず借り入れできる?

専業主婦のプロミス審査

「今月どうしても生活費が足りない!」「前々から欲しかった物が売っている!」専業主婦でもカードローンを利用したくなる時はありますよね。

しかし、自身に収入が全くない専業主婦でもプロミスの審査に通るのでしょうか。

結論から言うと、安定収入が本人になければプロミスの審査に通ることはありません。

このページでは、専業主婦がプロミスの審査に通らない理由について解説していきます。

また現在専業主婦の方がプロミスの審査に通る方法についても紹介するので、そちらも参考にしてください。

プロミスの審査で嘘をつくのは絶対NG!その理由を徹底解説

専業主婦がプロミスの審査に通らない理由

専業主婦がプロミスの審査に通らない理由としては、以下などが挙げられます。

  • プロミスの申込条件に当てはまらないから
  • プロミスでは年収の3分の1以上を借りられないから
  • プロミスには配偶者貸付制度がないから

詳しくは次から見ていきましょう。

プロミスの申込条件に当てはまらないから

プロミスのカードローンは以下の通りに申込み条件を設定しています。

  1. 満20歳以上69歳以下
  2. 本人に安定した収入がある

つまり本人に安定した収入がない専業主婦は、②の条件を満たすことができず、審査に落ちてしまいます。

プロミスでは年収の3分の1以上を借りられないから

プロミスのカードローンは総量規制(年収の3分の1以上の融資を禁止する法律)の対象です。

つまりプロミスから年収の3分の1までは借りることはできますが、0の3分の1は0であるため、プロミスから融資を受けることはできません。

プロミスには配偶者貸付制度がないから

一部のカードローンでは本人に安定した収入がなくとも、配偶者に安定収入さえあれば貸付をおこなう配偶者貸付制度を実施しています。

しかし配偶者貸付制度を実施しているカードローンは限られ、プロミスではその制度を利用することができません。

そのため自身に収入がない専業主婦はプロミスの審査に通らないのです。

専業主婦がプロミスの審査に通る方法

専業主婦がプロミスの審査に通るためには、自身が安定した収入を得る他ありません。

具体的な方法としては以下などが挙げられます。

  • パートやアルバイトで収入を得る
  • 在宅ワークを始める
  • 派遣スタッフに登録する

詳しくは次から見ていきましょう。

パートやアルバイトで収入を得る

専業主婦の方が収入を得ようと思ったとき、すぐにぱっと思いつくのが、パートやアルバイトではないでしょうか。

実際、おすすめの方法のひとつです。

プロミスはちょっとでも本人に収入があれば貸してくれる訳ではありません。

一定額を安定して稼がなければ、返済能力が認められないとして、貸してくれないのです。

その点パートやアルバイトであれば、企業に所属する形になるので、収入額も月々の収入の安定性も保ちやすいです。

主婦のアルバイトの代表格であるスーパーのレジも、最近は分かりやすく操作できるようになっています。

業界によっては人手不足なので、1100円を超える好条件で働くことも可能でしょう。

収入を得る為にパートやアルバイトとして働くのはとてもおすすめの方法と言えます。

在宅ワークを始める

しかし中には、育児や家事などの理由で長時間家を空けられない方もいらっしゃると思います。

そういった方には、在宅ワークで収入を得るのはいかがでしょうか。

一昔前の在宅ワークとは、封筒ののりづけや梱包の作業など、決して時間帯効果が良いとは言えないものばかりでした。

慣れれば効率は上がるでしょうが、審査に通るための年収のおおまかな基準である、100万円を超えるのはかなり難しいです。

しかし、昨今はインターネットを活用した在宅ワークで高収入を得ることが可能になりました。

たとえば、翻訳や文章の執筆などが挙げられます。

もちろん一定程度のスキルは必要になりますが、一から教えてくれる企業もありますし、旦那さんを超える収入を得ることだって夢ではありません。

審査の基準である、収入額を一番クリアしやすい働き方だと言えます。

派遣スタッフに登録する

しかし先ほど紹介したパートやアルバイト、在宅ワークはまず仕事を見つけなければいけません。

つまり、就職活動がどうしても必要になってしますのです。

もし「仕事を探す時間も手間も惜しい!」という方でしたら派遣スタッフとして働いてみるのはいかがでしょうか。

派遣スタッフに対して3Kのイメージをもってらっしゃる方もおられるかもしれません。

しかし今はぐっと働きやすくなっています。

派遣業界も今は売り手市場なので「働きやすい職場だけ働く」というのも十分可能です。

さらに派遣法の改正が行われた結果、今まで以上に安定して同じ現場に入ることができる様になりました。

「お金を借りたいけれど、今の生活リズムを大きく変えたくない!」という方にはおすすめの働き方だと言えます。

専業主婦であることを隠してプロミスの審査に申込むのがおすすめできない理由

専業主婦であることを隠してプロミスの審査に申込むのがおすすめできない理由としては、以下などが挙げられます。

  • プロミスの審査では在籍確認が実施されるから
  • 専業主婦であることがバレたら一括返済を求められるから

詳しくは次から見ていきましょう。

プロミスの審査では在籍確認が実施されるから

まず一つ目として、在籍確認の電話によって嘘自体がすぐにバレるからです。

プロミスは銀行ではありませんが、金融機関である以上、在籍確認は必ず行われます。

在籍確認とは、審査の申し込み時に記載した職場に「その人が本当にそこで勤めているのか」を確認する電話です。

架空の会社を書けば当然誰にもかかりません。

そこで嘘がバレてしまいます。

また、こういった在籍確認をとることを目的とする「アリバイ企業」というのが存在しています。

アリバイ企業とは「電話や少し調べたぐらいでは普通の企業だが、実際は何も業務をしていない会社」のことを指します。

プロミスはこういったアリバイ企業のリストを作成していますので、審査の時にその企業を書けば一発で審査に落ちます。

友人に代理を頼むのもおすすめしません。

担当者が少しでも怪しいと感じたら、出勤迄のルートや所要時間など、すぐに答えられない質問をしてきます。

こういった不正行為がバレれば審査の合格は絶望的です。

専業主婦であることがバレたら一括返済を求められるから

それでも、上手く対策を練ればプロミスの審査に受かるかもしれません。

しかし、嘘はいつかバレます。

もし審査に合格し、希望の借入額を借りたとしても、嘘がバレた時点で「すぐに全額を返してくれ」とプロミスから請求を受けることになります。

とうぜん、この請求を無視すれば裁判に発展することもあるでしょう。

だから、職業を偽ることはおすすめできないのです。

専業主婦はプロミスのレディースキャッシングも審査に通らない

プロミスのホームページを見ると、「レディースキャッシング」というのが出てきます。

しかし、これは女性限定の審査に通りやすいカードローンのことではありません。

レディースキャッシングの審査は普通の審査と変わりません。

ですので、やはり収入がなければプロミスの審査には受かりません。

プロミスレディースの審査について解説!女性は審査で優遇してくれる?

専業主婦がお金を借りる方法

専業主婦がお金を借りる方法としては、以下などが挙げられます。

  • クレジットカードのキャッシング枠を利用する
  • 質屋を利用する
  • 銀行系カードローンで配偶者貸付制度を利用する

詳しくは次から見ていきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードがあればキャッシング機能を利用して融資を受けるのもおすすめです。

キャッシング枠さえ残っていれば、ATMから審査なしで自由にお金を借りることができます。

なお最近のクレジットカードは特に設定せずとも最初からキャッシング機能が付いていることが多いです。

普段利用していないクレジットカードがあれば、キャッシング機能が付いていないか一度確認してみましょう!

質屋を利用する

現在収入がなければ、質屋を利用してお金を借りるのも良いでしょう。

質屋では価値のある品物を担保に融資が受けられるため、本人に収入がなくてもお金を借りることが可能です。

以下に質屋で担保にできる品物をまとめました。

  • ブランド品の鞄や服
  • 冷蔵庫や洗濯機などの白物家電
  • スマートフォンやPCなどの電子機器
  • 楽器
  • 高級文房具
  • 金やプラチナなどの貴金属

まずは価値のある品物がないか、家の中を探してみましょう!

ただし質屋の金利は高く年率に直すと100%を超えるため、質屋を利用する際は、短期間での返済をおすすめします。

銀行系カードローンで配偶者貸付制度を利用する

専業主婦がプロミスの審査に通らない理由を説明する際にも触れましたが、一部のカードローンでは配偶者貸付を実施しており、その制度を利用してお金を借りるのもおすすめです。

配偶者貸付制度を実施しているのは主に銀行系カードローンであり、代表的なものとしてはイオン銀行カードローンなどが挙げられます。

なお、配偶者貸付制度を利用するためには配偶者の同意書が必要になるため、パートナーに秘密でカードローンを利用することはできません。

しっかりと相談した上で、配偶者貸付制度を実施しているカードローンに申込みましょう!

専業主婦の利用がおすすめできない借入方法

専業主婦の利用がおすすめできない借入方法としては、以下などが挙げられます。

  • クレジットカードの現金化
  • 個人間融資
  • 闇金

詳しくは次から見ていきましょう。

クレジットカードの現金化は規約違反!

クレジットカードのキャッシングと混同している人も少なくありませんが、現金に払い戻す前提でクレジットカードを使う行為は現金化と呼ばれ、立派な既約違反です。

クレジットカード会社に現金化がバレると、カードの強制解約や一括返済が求められます。

また強制解約を受けたことは信用情報に記録されるため、今後様々な契約に支障が出るでしょう。

クレジットカードのショッピング枠でお金を作るのは絶対にやめましょう!

個人間融資で信用できる人を探すのは難しい!

昨今ではTwitterなどのSNSを中心に個人が個人にお金を貸す個人間融資がおこなわれていますが、利用はおすすめできません。

なぜなら個人間融資は貸し手が信用できるかどうか全く分からない上に、法的な制約が甘く数十%以上の金利が合法的に課される可能性があるためです。

また一部では融資を条件に性行為を強要されるなどのトラブルも報告されています。

全く見ず知らずの個人からお金を借りるのはやめましょう!

闇金は危険が多すぎる!

「審査なしで即日融資!」「ソフト闇金だから安心!」と宣伝している金融機関も一部で見ますが、それらは全て違法な闇金業者です。

法外な手数料や金利を要求される可能性が高く、場合によっては暴行や恐喝などの二次災害を受けるケースもあるでしょう。

闇金業者かどうかはホームページの一番下に貸金業の登録番号があるかどうかで確認できます。

貸金業の登録をしていない業者から融資を受けるのは絶対に避けましょう!

専業主婦はプロミスの審査に通らない!収入を得るか別の方法で借りよう!

このページでは専業主婦はプロミスの審査に通るのか、ということについて解説してきました。

繰り返しになりますが、現在専業主婦の方はプロミスを利用することができません。

安定した収入を得るか、他の方法でお金を借りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする