プロミスの審査受付は何時から何時まで?審査時間と結果が遅い時の対処法

即日融資に対応しており、急いでお金が必要な場面でとても便利な消費者金融プロミス。

昔からあるサービスであるうえ、三井住友銀行系列なので、サービス面において安心して利用できることから、消費者金融を利用するならプロミスに申し込もうと考えている人も多いでしょう。

ただ、プロミスで即日融資を受けるには、申し込んだ日のうちに審査を終える必要があります。

そこでこの記事では、プロミスの審査時間や、結果通知が遅い時の対処法などについて解説します。

プロミスのカードローンを大手8社と徹底比較!メリット・デメリット

プロミスは何時まで即日融資を受け付けている?

プロミスの審査窓口は毎日9時から21時まで営業しています。そのため、審査もこの時間内に行われます。

銀行カードローンの場合は銀行が平日しか営業していないので平日しか審査を受けることができませんが、消費者金融の場合はプロミスに限らずどこも土日など休日でも審査を行っています。

また、プロミスの自動契約機の営業時間は21時までです。

※店舗より営業時間が異なる場合もあります。

そのため、審査も21時までと勘違いしている人がたくさんいます。

20時から21時の間に審査に申し込んでも審査窓口の営業時間が終わってしまっているため、その日のうちに融資を受けることはできません。

また、プロミスの審査には一次審査と二次審査があります。

申し込みをしたら一次審査が行われ、審査に通ったら登録した電話番号に電話が掛かってくるので、その電話にて審査に必要な情報をプロミスのスタッフに伝えましょう。

そして、二次審査が行われ、再度プロミスから審査結果や契約可能額に関する電話が掛かってきます。

この電話が掛かってきた後に契約手続きを行うこととなるので、審査手続きに時間がかかることを見越してなるべく時間に余裕を持って申し込みましょう。

プロミスの審査基準を徹底解説!審査に落ちる人と通る人の違いとは?

確実に即日融資を受けたい場合は14時までに申込もう

プロミスで即日融資を希望している場合、平日14時までに申し込みを済ませましょう。

やはり平日の午前中は世間の多くの人が仕事をしている時間帯なので、審査に申し込む人の数も少ないです。

休日は仕事が休みであることに加え、朝~昼頃から出かける人が多いでしょう。したがって、午後から出かけるにあたって必要なお金をそれまでに用意しなければいけません。

そのため、休日は1日中審査が混雑している可能性が高いです。

それに加え、一般企業で働いている人の中には土日になると会社に一切人がいない会社で働いている人も多いでしょう。

プロミスを利用するにあたって在籍確認が必要です。土日が休みだと在籍確認ができないために審査に時間がかかってしまう可能性もあります。

したがって、審査の申し込み件数が少なく、職場への在籍確認もスムーズに終えられる平日の14時までに審査の申し込みを済ませましょう。

即日融資のタイムリミットは20時30分

プロミスの審査受付時間は9時から21時の間です。

そのため、審査終了時間ギリギリにあたる20時30分頃に申し込んでもその日のうちに審査が終わると思っている人は多いでしょう。

しかし、審査窓口の営業終了時間ギリギリに申し込んだとしても、その日のうちに審査を終えられる可能性はかなり低いです。

20時30分の30分後は21時なので、早くても審査結果は21時に出ることとなります。

しかし、審査窓口の営業時間は21時までとなっており、21時以降に審査結果を通知する電話がかかってくることはありません。

したがって、20時30分以降に審査に申し込んだ場合は審査結果の通知が翌日になってしまいます。

特に次の日が休みの場合夜遅い時間まで遊びたいけれどもお金が足りないという人による申し込みが集中します。

そのため、特に休日は時間に余裕を持って申し込む必要があるでしょう。

審査が30分で終わる人は少ない

プロミスは審査にかかる時間が最短30分と言う点が便利ですが、実際に30分前後で審査が終わる人は利用者のうちの5割程度と言われています。

審査待ちの件数の多さや、その人の与信審査の結果によって審査に要する時間は変動するので、30分程度で審査が終われば運が良かったと思いましょう。

場合によっては審査に半日近くの時間を要する人もいます。特に営業終了時間が近づいてくると審査結果の通知を翌日に回されてしまうことも多いです。

そうならないためには、できるだけ早い時間に申し込みを済ませることが大切でしょう。

15時を境に審査の優先度が決まる

プロミスの審査に関しては、15時前後を境に審査を後回しにしています。

したがって、プロミスで当日中にお金を借りたいと思っている場合、この時間帯以降に申し込んだならお金を借りるのが翌日になってしまう可能性もあることを理解しておきましょう。

また、プロミスから融資を受ける方法は、カードを発行してプロミスの店舗や提携銀行、コンビニに設置されているATMを使う方法と自分の口座に振り込んでもらう方法の2種類があります。

自分の口座に振り込んでもらってお金を借りることを希望している場合、15時以降に申し込むと、銀行の営業時間が終了しているため、融資を受けられるのが翌日になってしまいます。

振り込みでの融資はカードを発行する必要が無いため便利です。ただ、15時までに契約を終わらせないと、当日中にお金を借りることができません。

仕事が忙しくて営業時間内に自動契約機へ行けない人は多いでしょう。

銀行振込はそんな時に便利なので、特に銀行振込を希望している場合は15時までに手続きが終わるようにしましょう。

プロミスで即日融資を受ける流れ

プロミスで即日融資を受ける流れは以下の通りです。

  1. ①申込み
  2. ②書類提出
  3. ③在籍確認
  4. ④カードローン契約

詳しくは次から見ていきましょう。

①申込み

まずはプロミスの審査を申し込みましょう。

プロミスでは以下の方法から審査を申込むことができますが、即日融資を受けたい場合は、Webを利用しましょう。

  • Web
  • 電話(プロミスコール)
  • 郵送
  • 自動契約機
  • 店頭窓口

Webは電話や自動契約機とは違い、混雑によって待たされる心配がないためです。

なお、プロミスの審査を申込む際に申請が必要な項目は以下の通りです。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 家族構成
  • 子供の有無
  • 電話番号
  • 自宅電話の有無
  • 運転免許証交付の有無
  • 郵便番号
  • 自宅住所
  • 居住形態(持ち家・賃貸住宅・社宅など・公営住宅)
  • 雇用形態
  • 勤務先名
  • 郵便番号
  • 勤務先所在地
  • 所属部署(任意)
  • 電話番号
  • 社員数
  • 最終学歴
  • 入社年月
  • 税込年収
  • 健康保険証の種類
  • 業種
  • 職種
  • 希望の契約方法
  • 他社借入件数
  • 他社借入残高
  • 今回の希望借入額
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 審査結果の連絡方法
  • 書面の受取方法

②書類提出

審査を申込み次第プロミスから送られてくるメールの指示に従って、必要書類を提出しましょう。

なおプロミスでは以下の方法で書類を提出できますが、即日融資を受けたい場合はWebからのアップロードを利用しましょう。

  • Webからのアップロード
  • 郵送
  • 自動契約機
  • 店頭窓口での提出

Webからのアップロードは、自動契約機や店頭窓口とは違い、混雑によって待たされる心配がないためです。

なお、プロミスの審査を申込む際に提出が必要な書類は以下の通りです。

  • 本人確認書類(運転免許証・パスポート・※マイナンバーカードなど)
  • 収入証明書(3ヶ月分の給与明細書・源泉徴収票・確定申告書など)

※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。

ただし借入希望額を50万円以下に設定している場合、原則収入証明書を提出する必要はありません。

そのため借入希望額は多くとも50万円以下に設定することをおすすめします。

③在籍確認

書類が確認され次第、在籍確認が実施されます。

在籍確認とは申込者が申告した通りの職場に勤めているか確認する審査のことで、プロミスの場合は審査担当者が申込者の職場に直接電話を掛けることでおこなわれます。

以下に在籍確認の実施例と在籍確認が取れるケース・取れないケースをまとめました。

【在籍確認の実施例】
「私〇〇(審査担当者)と申しますが、□□(申込者)様はいらっしゃいますか?」
在籍確認が取れるケース 在籍確認が取れないケース
  • 申込者本人が電話に出た
  • 職場の人間が申込者の不在(休暇・外出)を伝えた
  • 誰も電話に出なかった
  • 電話に出た人間が申込者を把握していなかった

在籍確認が取れるまでプロミスの審査は完了しません。

そのため、確実にプロミスから即日融資を受けたい場合は、在籍確認対策は必須と言えます。

具体的な対策については、このページの「在籍確認の対策をする」をチェックしましょう!

④カードローン契約

在籍確認が完了次第、最終審査が実施され、審査結果がメールまたは電話にて申込者に通知されます。

審査結果の通知メールからカードローンを契約することも可能ですが、申し込んだその日の内にATMから融資を受けたい場合は、自動契約機で契約手続きを進めましょう。

自動契約機を利用すれば、その日の内にローンカードを受け取れるためです。

プロミスの審査を申込み次第、最寄りの自動契約機を探しておきましょう!

プロミスで即日融資を受けやすくする方法

プロミスで即日融資を受けやすくする方法としては、以下などが挙げられます。

  • 希望借入額を抑える
  • 正確な情報を申告する
  • 書類を不備なく提出する
  • 急いでいる旨を伝える
  • 在籍確認の対策をする

詳しくは次から見ていきましょう。

希望借入額を抑える

プロミスに限った話ではありませんが、金融機関にとって高額の融資をおこなうことは貸し倒れの際の損失額を増やすことに他なりません。

そのため、希望借入額を高く設定している申込者は慎重に時間を掛けて審査されます。

一方希望借入額を10〜30万円程度に低く抑えている場合は、貸し倒れの際の損失額が少ないと判断されるため、スピーディーな審査が期待できます。

プロミスから確実に即日融資を受けたい場合は、できるだけ希望借入額を抑えて審査を申し込みましょう!

正確な情報を申告する

審査を申込む際に申告した情報に誤りがあると、確認や訂正の分だけ時間が掛かり、即日融資を受けづらくなります。

また、年収や他社借入残高についての誤りがあると「意図的にごまかしてるのではないか」と判断され、審査に落ちる可能性があります。

即日融資を受けたい場合は、できるだけ正確な情報の申告を心がけましょう!

書類を不備なく提出する

提出した書類に不備があると再提出の分だけ時間が掛かり、即日融資を受けづらくなります。

プロミスの審査を受けるにあたって提出が必要な書類は説明した通りですが、書類の種類によっては2点の提出が求められます。

プロミスから届くメールをしっかりと確認して、不備のないように書類を提出しましょう!

急いでいる旨を伝える

プロミスで即日融資を受けるにあたって、急いでいる旨を電話で伝えるのも効果的です。

なぜならプロミスでは、スピーディーな融資を希望する人を優先的に審査する体制が整っているためです。

プロミスの審査を申込み次第、下記の電話番号に掛けて急いでいる旨を伝えましょう!

【プロミスコール】
0120-24-0365

在籍確認の対策をする

プロミスの在籍確認をスムーズにクリアするためには、以下などの対策が効果的です。

  • プロミスへ相談する
  • 職場の人間に電話対応を頼む

詳しくは次から見ていきましょう。

プロミスへ相談する

まずはプロミスへ電話を掛けて在籍確認についての相談をしましょう。

場合によっては、以下などの特別対応が受けられます。

  1. 在籍確認を実施する前に申込者に連絡する
  2. 申込者が指定した時間帯に在籍確認を実施する
  3. 在籍確認の電話を書類提出で代替する

③の対応を受けるためには相当の理由が必要ですが、①や②の対応に関しては希望すれば受けられる可能性が高いです。

また、在籍確認について相談をする際は審査担当者(在籍確認の電話を掛けてくる人)の名前を聞いておきましょう。

在籍確認の電話を掛けてくる人の名前を把握していると、職場の人間に電話対応を頼みやすくなるためです。

職場の人間に電話対応を頼む

プロミスへの相談が完了次第、職場の人間に電話対応を頼みましょう。

その際は以下のように頼むと、プロミスの利用が職場の人間にバレません。

「用件や社名を話さない〇〇(審査担当者)さんから電話が掛かってきたら、個人的なクレジットカードの件だから自分に回すか『後で本人から折り返させる』って伝えて欲しい」

在籍確認の対策をしっかりと整えて、確実にプロミスから即日融資を受けましょう!

プロミスの審査が遅れる原因

先ほども説明したとおり、プロミスの審査はスムーズに進めば最短30分で完了しますが、以下などの場合は審査に時間がかかります。

  • 繁忙期や休暇前に申込んだ
  • 申込者の属性が低い
  • 臨時メンテナンスを実施している

詳しくは次から見ていきましょう。

繁忙期や休暇前に申込んだ

繁忙期や休暇前はイベントが多くお金が足りなくなってしまいます。

したがって、このタイミングだと審査の申し込みが集中し、審査待ちの件数が多くて審査に時間がかかってしまう可能性が高いです。

そのため、この時期に申し込む場合は審査に時間がかかることを理解したうえで申し込みましょう。

平日の午前中であれば基本的に審査がスムーズに終わります。したがって、繁忙期・休暇前にお金が足りなくなりそうなら平日のうちに申し込み・契約を済ませ、お金が必要になった場面ですぐにプロミスを利用できる状態にしておきましょう。

申込者の属性が低い

先ほど解説したように、プロミスの審査は自動与信システムによるスコアリング方式ですが、審査結果の最終判断に関しては人の手で行われます。

そのため、申込者のスペックが審査基準ギリギリだと担当者が審査に通さず、一旦保留扱いとしていることから審査結果が出るのに時間がかかってしまっているという可能性もあり得ます。

消費者金融には総量規制というルールが適用されています。

このルールは年収の3分の1以上のお金を借りることができないというものであり、例えば30万円を借りたいと考えているなら90万円以上の年収が必要です。

プロミスは限度額を最低10万円から設定できます。そのため、プロミスでお金を借りるには最低でも年に30万円以上稼いでいなければいけません。

ただ、30万円を借りようとしていて年収が90万円ちょうどだと、総量規制ギリギリのラインなので、審査に時間がかかってしまう可能性が高いです。

臨時メンテナンスを実施している

消費者金融のシステムはとても複雑なうえに、システム改変も頻繁に行われています。

しかし、システム改変の中でも利用者に影響がないものに関しては利用者に対してその内容を通知しないことが一般的です。

プロミスの自動与信システムなど審査に関わるシステムも利用者が使うものではないことから、通知されません。

プロミスの審査にかかる時間は「最短」30分であり、それ以上時間がかかることも公式サイトに明記されているので、これに関しては了承するしかありません。

ただ、いつになっても審査結果を通知する連絡が来ない場合、プロミスに審査結果を問い合わせることで審査結果を教えてもらえる可能性があります。

審査に時間がかかってしまっている場合はそのことを説明してもらえるので、気長に待ちましょう。

プロミスから即日融資を受けるためには何時までに申し込めばいいかチェックしよう!

プロミスに申し込む場合、何時まで審査できるかチェックをし、なるべく当日中に審査を終えるためにも時間に余裕を持って申し込むことが大切です。

また、申し込みの時間だけでなく、申込者本人の信用情報なども審査時間に大きく影響します。

そのため、毎月の支払いをしっかり行い、信用情報がクリーンな状態にしたうえ、審査窓口の営業終了まで時間に余裕を持って申し込みましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする