プロミスの年齢制限と年齢毎のおすすめ借入方法を徹底紹介!

プロミスの年齢制限

「自身の年齢でプロミスを利用できるか」気になっている人も多いでしょう。

結論から言うとプロミスは20~69歳の人のみ利用が可能です。

しかし、未成年や70歳以上でもお金を借りる方法はあります。

また年齢以外の利用するための条件についても解説するので、プロミスへの申し込みを検討している人は参考にしてください。

プロミスの対象年齢は20~69歳

最初に説明した通り、プロミスの対象年齢は20~69歳です。

Q:年齢制限はありますか?
A:20~69歳までの方であればお申込みいただけます。
(プロミス公式ホームページより引用)

対象年齢外の場合はカードローンを申込む時点ではじかれてしまうため、注意しましょう。

年齢が19歳以下の人がプロミスに申込めない理由

未成年者がプロミスを利用できない理由は、法律に基づいて親がカードローン契約を自由に取り消せるためです。

民法第5条には未成年の法律行為についての記載があります。

1.未成年者が法律行為をするには、その法定代理人(親であるケースが多い)の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。
2.前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。
3.省略

カードローン契約が取り消しになると審査にかかったコストが全て無駄になることから、プロミスは未成年にカードローンの融資をおこないません。

仮に親の同意があった場合でも返済能力の低さから、利用を断られるでしょう。

また、未成年が利用できないのはプロミスに限ったことではなく、全てのカードローンに共通する年齢制限です。

未成年の方はこのページの年齢が19歳以下の人がお金を借りる方法を確認しましょう!

年齢が20代60代の人はプロミスの審査に通りづらい

20代60代であればプロミスの審査に申し込むことができます。

しかし20代60代は働き始めて間もないまたは定年退職前後の年齢であり、返済能力が低いことからプロミスの審査に通りづらいです。

そのため20代60代の方は、次から紹介するコツを実践することをおすすめします。

年齢が20代60代の人がプロミスの審査に通りやすくするコツ

年齢が20代60代の人がプロミスの審査に通りやすくするコツは、以下の2点です。

  • 希望借入額を低く設定する
  • 収入証明書を自主的に提出

プロミスを含むカードローン会社にとって、高額の融資をおこなうことは貸し倒れのリスクを上げることに他なりません。

そのため、希望借入額を高く設定している申し込み者は厳しく審査されます。

一方希望借入額が10~30万円程度に低く設定している申し込み者は貸し倒れのリスクが少ないと判断され、甘く審査される傾向にあります。

また、収入証明書を自主的に提出するのもおすすめです。

収入証明書とはその名前の通り収入を証明する書類のことで、2~3ヶ月分の給与明細書や源泉徴収票などが該当します。

プロミスの場合は、借入額が50万円を超える場合に収入証明書の提出が必要になりますが、自主的に提出することで、返済能力をアピールすることができます。

審査に通りやすくするコツを上手く使って、プロミスのカードローンを利用しましょう!

プロミスの審査で年齢をごまかすのはNGである理由

20~69歳以外はプロミスのカードローンを申し込めないことは説明した通りです。

しかしだからといって、年齢をごまかしてプロミスの審査を申し込むのは絶対にやめましょう。

理由としては以下の2点が挙げられます。

  • 本人確認書類の提出でバレる
  • 発覚した場合に強制解約を受ける

詳しくは次から見ていきましょう。

年齢の詐称は本人確認書類で絶対にバレる

プロミスは審査の際に必ず本人確認書類の提出を求められます。

そのため、年齢を偽って申し込んだとしても絶対にバレてしまいます。

年齢をごまかすのはやめましょう。

バレたら強制解約を受ける

本人確認書類の偽造や、他人の身分証を借りればプロミスの審査に通ることはあるでしょう。

しかし偽造やなりすまし行為は悪質な虚偽申告と判断され、契約後に発覚した場合はカードローンを強制解約させられます。

その際は借りていたお金を一括で返す必要があり、信用情報にも傷がつきます。

信用情報に傷がつくと賃貸物件や携帯電話の契約ができなくなるなど、今後の人生に大きな影響が及びます。

年齢をごまかしてカードローンの審査へ申し込むのは絶対にやめましょう!

年齢が19歳以下の人がお金を借りる方法

先ほども説明した通り、未成年者はプロミスを含むカードローンを利用することができません。

しかし以下などの方法であれば、未成年でもお金を借りることができます。

  • 学生ローン
  • クレジットカードのキャッシング

詳しくは次から見ていきましょう。

学生ローン

学生ローンとはその名前の通り、学生を対処としているローンのことです。

一部の学生ローンは未成年でも融資を受けることが可能です。

ただし、学生ローンはプロミスなどのカードローンと比べて以下などのデメリットがあります。

  • 無利息期間がない
  • 融資限度額が10~50万円程度と低い
  • 申込・借入・返済方法が少ない

多くの学生ローンは中小企業が提供しているため、メガバンクが後ろにあるプロミスと比べるとどうしてもサービス面に劣ります。

学生ローンを利用する際は、利用方法などをよく確認しておきましょう!

クレジットカードのキャッシング

現在利用しているクレジットカードにキャッシング枠が設定されていれば、未成年でもその範囲内でお金を借りることが可能です。

クレジットカードのキャッシングは原則24時間365日ATMから融資を受けられるなど、利便性の高さが魅力的ですが、金利は年15%と決して低くありません。

くれぐれも借り過ぎには注意しましょう!

年齢が70歳以上の人がお金を借りる方法

年齢が70歳以上の人がお金を借りる方法としては、以下の2点が挙げられます。

  • 年金担保貸付制度
  • ベルーナノーティス

詳しくは次から見ていきましょう。

年金担保貸付制度

年金担保貸付制度とはその名前の通り、年金を担保にして融資を受ける制度のことです。

国民年金を受給している人が対象で、返済は年金受給の際に天引きされるため、返済が遅れる心配はありません。

限度額は最大200万円、金利も3%程度と非常に好条件である借入方法ですが、年金担保貸付制度は2022年の5月末に制度の廃止が決定しています。

年金担保貸付制度の利用を検討している人は急いで申し込みましょう!

78歳まで借りられるベルーナノーティス!

ベルーナノーティス

商品概要
利用対象 20~78歳までの安定した収入がありベルーナノーティスの基準を満たす人
利用用途 記載なし
限度額 記載なし
借入期間 最長9年ヶ月
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
遅延損害金(実質年率) 20.0%
返済方法 借入残高スライドリボルビング方式
返済金額 別表記載
担保・保証人 不要
手数料 なし
借入金額 返済金額(月)
5万円以下 2000円
5万円超~10万円以下 4000円
10万円超~20万円以下 8000円
20万円超~30万円以下 1万2000円
30万円超~40万円以下 1万3000円
40万円超~50万円以下 1万4000円
50万円超~60万円以下 1万7000円
60万円超~70万円以下 2万円
70万円超~80万円以下 2万3000円
80万円超~90万円以下 2万6000円
90万円超~100万円以下 2万9000円
100万円超~300万円 10万円ごとに1000円加算

見ての通り、ベルーナノーティスは78歳まで利用できるカードローンです。

また14日間の無利息期間サービスが利用できる点も魅力的です。

70歳以上の人はベルーナノーティスの利用を検討しましょう!

プロミスの対象年齢でも求められる条件

プロミスの対象年齢でも求められる条件は以下の3点です。

  • 収入が安定している
  • 他社から年収の3分の1以上を借りていない
  • 信用情報に傷がない

詳しくは次から見ていきましょう。

収入が安定している

プロミスを利用するために、収入の安定性が不可欠です。

お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。
主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。(プロミスのホームページより引用)

具体的に収入が安定しているとは、以下の条件を全て満たしていることを指します。

  • 月々の収入が8万円以上ある
  • 毎月1回以上収入がある
  • 今後も収入が得られる見込みがある
  • 連続して3ヶ月以上収入がある

プロミスへ申し込む前に、自身の収入状況を確認しておきましょう!

他社から年収の3分の1以上を借りていない

プロミスは消費者金融系カードローンであるため、総量規制(年収の3分の1)以上の融資を貸金業法にて禁止されています。

そして総量規制はカードローン毎に設定される訳ではなく、利用しているカードローン全てを合わせた残高に適用されます。

そのため、現在利用しているカードローン
の借入残高の合計が年収の3分の1程度ある場合、プロミスを利用することはできません。

プロミスへ申し込む前に、現在の借入状況をよく確認しておきましょう。

信用情報に傷がない

プロミスの審査では信用情報がチェックされます。

そのため過去に以下などの金融自己を起こして信用情報に傷が付いている場合は、プロミスの審査に100%落ちます。

  • クレジットカード支払いの滞納
  • カードローン返済の滞納
  • 携帯電話料金の滞納
  • 奨学金返済の滞納
  • クレジットカードの強制解約

上記の金融事故に心当たりがある場合は、プロミスへ申し込む前に、信用情報機関へ信用情報の照会を依頼しましょう!

プロミスの対象年齢は20~69歳!年齢に合った方法でお金を借りよう!

このページではプロミスの年齢制限と年齢毎のおすすめの借入方法を紹介してきました。

今回の内容をまとめると以下の通りになります。

  • プロミスの対象年齢は20~69歳
  • プロミスの審査で年齢をごまかすのはNG
  • 未成年者は学生ローンやクレカのキャッシングを利用しよう!
  • 70歳以上は年金担保貸付制度やベルーナノーティスを利用しよう!
  • 20~69歳でも収入の安定性・他社の借入残高・信用情報はチェックされる

自身の年齢に合った方法でお金を借りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする