学生がお金をカンタンに稼ぐバイト以外の方法を総まとめ!

お金がない学生

アルバイトは面倒くさいですよね。

そこで当ページではバイト以外で、簡単に楽に稼げる方法を紹介していきます。

高収入化への道のりは険しいですが、お金が欲しい学生の皆さんの参考になれば幸いです。

お金を稼ぐ方法20選!今すぐ簡単に稼げる副業・アプリ

クラウドソーシングを使ってお金を稼ぐ方法

クラウドソーシングというのはご存知でしょうか。

クラウドソーシングというのは、企業や個人が特定のお仕事を個人に委託する業務形態の事を言います。

簡単な文章を書いてお金を稼ぐ

世の中文章を書く業務は意外と多いものです。

例えば、ブログ記事の修正、場合によっては記事自体の執筆、音声データの書き起こし等が挙げられます、

最近はスマートフォンでも文書の作成がしやすくなりましたし、クラウドソーシングの中ではかなりお手軽だと言えるのでは無いでしょうか。

さくっとイラストを作ってお金を稼ぐ

イラストも多くの業務に必要な物です。

重要な物でいったら、ロゴやPRの為のチラシ等が挙げられます。

こういった物は素人が中々手が出しづらいですが、簡単に文章を説明する、グラフを作る、等であれば簡単に作ることができます。

「絵心が無いんだよなぁ」という人も一度求人を見てみてはいかがでしょうか。

おすすめのクラウドソーシングサービスとしては、手軽な案件の多いクラウドワークス、Yahoo!と定形を結んでいるランサーズ等が挙げられます。

YouTubeを使ってお金を稼ぐ方法

トップYouTuberとなれば視聴による広告で月に数千万円を稼いでいることも珍しくありません。

そこまでの額を稼ぐには、並大抵の苦労では足りませんが、月数千円程度ならば比較的簡単に稼ぐことができます。

今学校で勉強している内容を解説する

動画を投稿するにしても、人が見てくれなければお金を稼ぐ事は出来ません。

そこで、学生の方は「今勉強をしている事」を解説動画として投稿する事をおすすめします。

高校や大学で学ぶ事は高等教育なので、世の中には理由があって高校や大学に進学出来ない人もいます。

また、同じ学生からは学習を理解する為の補助として、社会人からは学び直しの教材としてと、学校で学んでいる事は意外に需要があるものです。

更に、勉強していることを分かりやすく説明する事は自身の勉強の助けにもなります。

サイトの文字を流すだけの動画を作る

YouTuberで非常に手軽に稼ぐ方法として、「WEBサイトの文字を流すだけの動画を作る」というのがあります。

「サイトの文字を読むのも億劫」という層は一定層存在している為です。

多くの人がアクセスをしているサイトの文章をそのまま動画に貼り付け、ただ文字を流していくというだけで一定の視聴率を見込めます。

また、文章を読み上げるソフトウェアを使ったり、自身で読み上げる等をすれば、目が見えない方からの需要も見込めます。

ブログのアフェリエイトを使って稼ぐ方法

既にお馴染みになっている方法ですが、アフェリエイトを使った収益を上げる方法も人気です

検索の上位に出やすい記事を作る

こちらも動画と同じく、閲覧者の数が収益を上げるのに何よりも、大事だと言えます。

そこで、検索の上位に出やすくする為の手法としてSEOが挙げられます。

SEOとは、検索エンジンの最適化を意味し、ニーズに沿ったキーワードを入れる事や見出しを活用した読みやすい記事の作成等が主な方法として挙げられます。

世の中にある数多あるブログの中で、一般人が収益を上げる為には必須の手法だと言えるでしょう。

Googleアナリティクスを活用する

ブログでの収益を上げる為にはGoogleアナリティクスという、閲覧者の属性を調べることが出来るサービスを活用するのがおすすめです。

ブログというのは多かれ少なかれ閲覧者を意識して作成するものですが、「作成者が思い浮かべるターゲットと実際の閲覧者が全く違う者であった」というのは珍しくありません。

ニーズに答えたブログを作る為にも是非活用してください。

本や靴等をスマホで転売して稼ぐ方法

転売というキーワードにはマイナスイメージがありますが、小売業は基本的に転売を主としていますし、「どんなに高額であっても欲しい!」というニーズを応えるものです。

また、リターンが大きいのも転売の強みであり、人気のある商品の見極めが出来れば月に数十万から数百万程稼ぐことも可能です。

狙い目としては、あまり刷られない貴重な本や、限定販売のスポーツブランドのスニーカー等でしょうか。

SNSやメルカリやオークションアプリを活用する

個人で転売をする以上、自分から買いたい人を探さなければなりません。

そうした場合、SNSを利用した方が良いです。

TwitterやInstagram、Facebook等で商品名を検索すれば、「どれくらいの人がその商品を欲しいと思っているのか」が分かります。

そうして直接DM等で売買の交渉を持ちかけても良いですし、値段の釣り上げをしたい場合はメルカリ等のオークションアプリを利用しても良いでしょう。

上手くサービスを使えば、物を右から左に流すだけで、お金を稼ぐことが出来ます。

物を保管する場所に注意する

本やスニーカーは特にそうですが、「たくさん儲けよう!」と考えて多くの在庫を仕入れるのは考えものです。

学生であれば、広大な保管場所を有している事は珍しいですし、何より在庫が捌けなかった時のリスクが大きいです。

学生の転売は「自分でも使うけれど、欲しい人がいれば高く売る物を数個」というのが、理想的なのかもしれませせん。

美容院やレストランのモニターをして稼ぐ方法

無料でサービスを受けながら稼げる

学生が手早く簡単にお金を稼ぐ方法としては、モニター業務もおすすめです。

モニターとは、一般客のフリをして、その店を利用しサービス等を報告する仕事です。

サービスを無料若しくはお得に受けられるという形なので、稼ぐというよりは節約術に近いです。

また、契約に抵触しない範囲で、そのサービスを受けた店の情報を発信して収益を出すという方法もあります、

調査からポイントの受け取りまでスマホで完結出来る

モニター業務も調査からポイントの受け取りまでスマートフォンで終わらせることが出来るので、お手軽と言えます。

しかし、欠点として報酬はサイトのポイント等で行われる場合が多いので、現金報酬が欲しいという場合はあまりおすすめできません。

学生がバイト以外でお金を稼ぐ時に注意したいこと

契約内容をきちんと確認すること

これまで学生がバイト以外でお金を稼ぐ方法を紹介してきました。

しかし、どこかの企業に所属をして、給与を貰うという形では無いので、業態的にはフリーランスと言えます。

当然、契約の締結から交渉迄全て自分で行わなければなりません。

案件の中には不当に値段が安い、過酷な業務を課されるといった物もあります。

また、どういった業務であっても、お金を介す以上、責任と義務が生じます。

以上の事から、案件先との請負契約や、買いたい人との売買契約、YouTubeの約款等をしっかりと確認をする事が必要だと言えます。

税金について知っておくこと

バイトであれば、企業が源泉徴収をしてくれるので、個人の税務申告や納税は必要ありません。

しかし、上記で稼いだお金は雑所得というのに分類され、年間20万円以上の利益が出た場合は確定申告が必要になるケースがあります。

もし、年間20万円を超える額を稼ぎたい場合は、面倒であっても納税や控除、申請方法等について調べてから稼ぎ出すのを強くおすすめします。

お金を稼ぎ出す前に先ず始めること

お金を稼ぐ前に、先ず始めるべきことは「何にお金を使いたいか明確にすること」です。

目的があった方がモチベーションが続きますし、お金は使う為にあるものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする