借入審査の仕組みとおすすめのカードローンを初心者にも分かりやすく解説

借入審査

「お金を借りたいけれど、どこで借りればいいのかわからない。」
「テレビCMなどでよく見かけるカードローンに申し込みをしたいけれど、本当に即日融資してもらえるのか不安。」
「審査があるって聞いたけど、どんな審査で何を聞かれるのか不安。」
「審査に通るかどうかも不安。」

直ぐにでもまとまったお金が必要で、カードローンを利用しようかと検討している方の多くが、上記のような不安や疑問を持っています。

特に「審査」と聞くと、チョット構えてしまいますよね。「何かすごいことを聞かれたりするのかも」なんて考えてしまいます。

実際、カードローンに申し込みをすると借り入れ審査というものが行われ、融資をするかどうかの判断をしているのです。

そこで、今回はこの借入審査について詳しくご説明します。

銀行借入する方法と失敗しないためのポイント6選

借入審査は2つの内容に分かれるのが一般的

多くの金融機関のカードローンでは、「仮審査」と「本審査」の2つの審査があります。

Webなどで申し込みをすると、まず仮審査が行われます。申し込みのタイミングによって差はありますが、早ければ30分程度で仮審査の結果連絡が来ます。

この仮審査に通過できると、本審査に進みます。一般的に仮審査に通過することが出来れば本審査に落ちることはありません。本審査終了後に契約となり、融資開始となります。

では、それぞれの審査ではどのような審査が行われているのでしょうか?

仮審査は申込み内容をそのままチェックする

仮審査では、申込内容を機械的に点数付けしています。

また、同時に信用情報機関というところに申し込み者の情報を照会し、現在の他社での借入状況などを確認します。

基本的に全てパソコンなどで出来てしまう作業でもありますので、審査時間が短く審査結果が出るまでに最短でも30分程度なのです。

これら点数付けや紹介業ではどのようなことが重視されているのかについては後でご説明しますが、申込内容の点数と信用情報の内容から判断して、貸付をするのかしないのか、また貸し付けるなら限度額を幾らにするのかを決定します。

仮審査に通過すると、メールなどで連絡があり本人確認書類や収入証明書類などの提出を求められます。

本審査は申込み内容の真偽を主にチェックする

本審査では、主に申込内容に嘘や間違いなどがないかをチェックします。

送付した本人確認書類や企業への在籍確認電話によって、その真偽を確かめているのです。

これらの作業を全て人的に行っていますので、1件1件時間がかかります。そのため、本審査には時間がかかり、カード発行までに1週間以上かかるのです。

借入の仮審査で見られるポイント

借入の仮審査では、機械的に点数付けを行っているだけです。ですが、ただポイントをつけているわけではありません。

年収が借入の返済に十分な額か

年収に対する点数付けは、年収が高いかどうかと移転だけでなく、借入希望額に対して返済が出来るかどうかも併せて判断しています。

例えば年収が十分にあったとしても、就学児童や学生などの扶養家族がいたり、持ち家ではなく毎月家賃を支払っている状態だったりすると、返済以外にも定期的に決まった金額の支出があるということになり、借入希望額に応じた返済額を準備できないかもしれないと判断されてしまう可能性もあるのです。

点数は、年収に対してつけられる点数と、それ以外の扶養家族の有無や家賃支出などの有無などにも点数が付きます。つまり、十分な年収があってもそれ以外の項目で点数を下げてしまうこともあり、総合的に判断されているのです。

とはいえ、やはり希望額に対して年収が低いよりは高いほうが、全体的に点数が高くなります。

信用情報に問題はないか

次にみられているのが信用情報です。

多くの金融関係企業が登録している信用情報会社は、以下の3社です。

  • 日本信用情報機構…JICC
  • 割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関…CIC
  • 全国銀行個人信用情報センター…JBA

これら3つの信用情報会社は、お互いに情報共有をしており、例えば銀行のみが登録をしているJBAの情報を本来であればJBAの登録会員ではない消費者金融がCICなどを通じてその情報を知ることが出来るのです。

その為、どの金融機関のカードローンに登録しようと、クレジットカード利用、現在契約中のローン、スマホや携帯電話などの分割払い、その他の分割払い契約など、全ての情報を知ることが出来るのです。

登録されている情報としては、以下のようなものがあります。

  • 個人情報(氏名、年齢、生年月日、住所、電話番号等)
  • 契約中のローンなどの契約内容
  • クレジットカード契約の情報
  • 利用サービスそれぞれの返済状況
  • 過去1か月に申し込みをしたカードローンなどの申し込み情報
  • 債務整理・自己破産などの情報

これらの情報は、ある一定期間を過ぎると情報が抹消されます。しかし、例えば1回でも遅延や延滞があればその情報は記録され、最低でも5年は消えることがありません。

例えば、ローン契約や分割払い契約などの情報は、完済していればいずれその情報は消えてなくなります。

ですが、完済しないで債務整理などを行えば最長10年はその記録が残ってしまうのです。

もし、申込時に「他社への借入はない」「現在の借金は〇〇円程度」と申告したとしても、これらの情報を見ればその申告内容が本当かウソかが判るのです。

また同時に複数社へのローンの申し込みをした場合には、ブラック情報の1つとして半年間はその記録が残り、審査落ちの原因となる可能性もあるのです。

これら信用情報を厳しくチェックする背景には、多重債務の防止と企業として損をしないためでもあります。

返済できるのか、返済に対する責任感があるのか、これら信用情報などから判断し、貸付をするかどうかの判断をしなければならないのです。

お金を貸しても返してもらえなければ企業としては損失となるだけです。この貸し倒れが続いてしまうと、企業として成り立ちません。

その為、信用情報などは特に厳しく審査するのです。

他にも借りているローンはないか

ここまでにご説明した2点にかぶる内容なのですが、例えば年収が高くても今現在他社に対して借り入れがあるかどうかという点は、返済能力にかかわってきますので、しっかりと確認をします。

また、信用情報を確認すれば他社とのカードローン契約やクレジットカードのキャッシング枠利用、その他ローン契約については、契約日、借入残高、利率、現在の返済状況など、全てが情報として開示され、カードローンを申し込んだ消費者金融に知られてしまいます。

実は、住宅ローンなどの有担保高額ローン契約やクレジットカードのショッピング枠利用に関する情報などは、総量規制の対象にはなりません。

つまり、クレジットカードで現在数十万円のショッピング利用が残っていたとしても、年収の1/3には含まれないのです。

しかしながら、これら住宅ローン返済やクレジットカード利用に対する返済などは、毎月の支出にかかわる内容で、特にクレジットカードなどで毎月収入の半分以上を利用しているようなら、いずれ返済に滞るようになるのではないかと判断されてしまいます。

他社での借入残高は、総量規制の制限を受けるだけでなく返済能力の判断材料にもなり、金融機関としても無視できない内容なのです。

他社から借り入れ中はカードローンの審査は不利?審査に影響する借り入れ先を解説

職業・職種は安定しているか

カードローン申し込み時に企業の規模や在籍年数なども申告しますが、これは本当に収入があるのかどうかを調べるためだけでなく、「安定した収入」を得られるかどうかの判断材料にもしているのです。

個人の信用情報を扱っている信用情報起業のほかに、企業の信用情報などを扱っている企業もあり、それらの情報から倒産間近ではないのか、企業耐力はあるのかなどを判断しているのです。

同時に、年齢と勤続年数から転職組か新卒で長期間その企業に勤務しているのかも判断しています。

これは、短期で転職を繰り返す方の場合、安定した収入を得ることが難しかったり、収入のない時期が数か月続く可能性があったりと、返済が滞る可能性があるかどうかを判断しているのです。

借入の本審査でみられるポイント

では、本審査ではどこを重点的にみられているのでしょうか?

特に、仮審査とは違い人の手によって審査が行われています。

本来、仮審査を通過した時点で融資は決定しているのですが、最終的に本審査で以下の2点について重点的に確認をし、問題があれば本審査で落ちてしまう可能性もあるのです。

申込内容に嘘がないか

仮審査に通過すると本人確認書類が送られてきます。

この本人確認書類と申込内容に間違いがないかどうかを確認しています。

例えば、番地などの数字で明らかに入力ミスと思われるものや、変換ミスを見過ごしたと思われる内容なども含め、申込内容と本人確認書類に齟齬があれば、「本人確認が出来ない」として本審査で落ちる可能性があります。

また、申告されている企業の電話番号に電話をかけて、本当にその企業に在籍しているのかどうかを確認しています。

勿論、金融機関名を名乗ることはありませんし、ただ「〇〇さんいらっしゃいますか?」と聞くだけです。

もしここで、「そのような方はこの会社にはいません」や「先日辞めました」など、在籍確認が出来なかった場合にも審査に落ちてしまいます。

申告内容に虚偽があったということだけでなく、安定した収入を得ているという証明が出来ないということでもあり、金融機関としては油脂が出来ないと判断するのです。

また、申し込みをしたという事実は信用情報に残るのですが、虚偽内容による申し込みという事実も残ってしまうので注意しましょう。

社内ブラックかどうか

先ほど、信用情報会社に登録されている情報について少しご紹介しました。

例えば延滞や遅延などの情報や債務整理の情報など、いわゆる「ブラック」と言われるような情報でも最長10年で記録から消されてしまいます。

例えば延滞や遅延を繰り返していたという情報も、5年たてば消えてしまい、現在ローン契約やクレジット利用などがなければ、情報はきれいな状態です。

このように、信用情報に傷がなければ本来なら融資が出来ると判断されます。その為、仮審査にも通過できるのですが、実は「社内ブラック」というものがあり、金融機関には消えない情報というものがあるのです。

例えばA社でカードローンを作ったことがある方が、遅延や延滞を繰り返しながら債務整理を行ったとします。

債務整理の情報は、官報の情報などを除けば5年で消滅します。

その為、5年以上たってからまた同じA社にカードローンの申し込みをすると、信用情報会社には昔の情報はありませんので問題はないと判断されますが、A社のデータベースには契約していた当時の情報がすべて残っているのです。

このデータベースに残っている情報に問題がなければ、このまま本審査も通過できます。

ですが、過去に遅延・延滞を繰り返していたとか債務整理をしたなどの情報が残っている場合には、残念ながらA社の本審査に通過することはありません。

このように、社内に残っている情報が基となり本審査で落ちてしまうこともあるのです。

借入審査時は限度額を下げておくのがおすすめ

信用情報に特に問題がなくても、借入希望金額が大きすぎると審査落ちしてしまう可能性があります。

取り敢えず審査に通過して融資を受けたいと考えるなら、借入希望額を必要最小限に抑えておくことです。

例えば、10万円今すぐ必要で借入希望額に10万円と書いたとしても、申込者の年収やそのほかの情報から、金融機関側で融資可能額を判断し、限度額や金利を設定しますので、希望額以上の限度額になる可能性もあるのです。

最初から高額を希望していると審査に落ちてしまう可能性はありますが、少額なら審査に通過する可能性が高くなります。

利用中に限度額を増額することもできる

カードローンの場合、完済前に融資額の増額を申し込むことが出来ます。

例えば、最初の契約時に限度額を50万円だったとしても、毎月遅延することなくまじめに返済し続け、返済能力と返済への責任感があると態度で示していれば、増額審査に通過する可能性が高くなります。

特に、他社への借入を既に完済していたり、クレジットカード利用がそれほど多くなければ、毎月の返済額が増えたとしても返済できると判断してもらえる可能性があるのです。

いきなり高額な融資額を希望するよりも、最初は小額から借り入れて返済をしながら増額を申し込んだほうが、高額融資を受けられやすくなります。

但し、何度も言いますが年収の1/3以下しか融資は受けられませんし、返済能力がない、返済への意識が低いと判断されれば増額でいませんので注意してください。

初心者の借入におすすめのカードローン

ここまで、カードローン審査について長々とご説明してきました。

ここからは、初心者の方におススメのカードローンをご紹介します。

消費者金融にも大手と中小があり、また残念ながら未だに違法すれすれの融資を行っている危ない消費者金融もあります。

今回ご紹介するのは、消費者金融でも大手の消費者金融で、多くが大手メガバンクなどの傘下に入っている銀行のグループ企業ばかりです。

ですので、安心してご利用いただけるカードローンばかりです。

プロミス

プロミス

【商品情報】
融資額 ~500万円
金利(実質年利) 4.5%~17.8%
遅延金利 20.0%
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済日 5日、15日、25日、末日から自由に選択
返済期間・回数 最終借入後最長6年9か月/1~80回
利用条件
  • 20歳以上69歳以下で本人に安定した収入がある
  • 主婦(主夫)・学生でもパート・アルバイト収入があればOK
資金用途 生計費※個人事業主のみ、生計費と事業費
担保・保証人 不要
申込方法
  • Web完結
  • Web+電話

三井住友銀行グループのプロミスなら、テレビCMでもお馴染みですので名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

インターネット環境があればスマホやパソコンから指定口座にお金を振り込んでもらえますし、その口座から返済が出来ますので、カードレスのカードローンとして注目を集めています。

カードレスということは、自宅にカードが届くことはありませんし、お金を借りたり返済したりという姿を他人に見られることもなく、カードローン利用を人に知られることもありません。

セブン銀行ATMならスマホATM取引に対応していますので、スマホをカード代わりに借り入れや返済も出来ます。

金利は、融資限度額に応じてプロミス側で金利を設定されます。

また返済額は借入残高に決められた割合をかけた値となりますので、毎月返済額が変動します。

本人確認書類のほか、借入希望額が50万円を超える方の場合また、他社との借入残高と希望額を合わせて100万円を超える方の場合には、収入証明書の提出も必要となります。

申込方法は、ネットで行うことが出来ます。すべての項目をネット上で入力する方法なら24時間いつでも申し込みが出来て、最短30分で審査結果の連絡が届きます。

審査に通過できれば、その時点から融資可能です。セブンイレブンのATMからスマホを使って借り入れることも出来ますし、自分の銀行口座に振り込んでもらうことも出来ます。

但し、申し込みをした曜日や日付、時間帯によっては銀行振り込みに通日かかることもあるので気を付けましょう。

Web+電話という方法の場合、ネットでの入力項目は少ないのですが、ネット申し込み後に電話で回答する必要があり、結構面倒です。

しかも、24時間OKではなく、9時~21時と時間が決められています。申込みをするなら全てWebで行うほうが実は簡単です。

プロミスのカードローンを大手8社と徹底比較!メリット・デメリット

アコム

アコム

【商品情報】
融資額 1万円~800万円
金利(実質年利) 3.0%~18.0%
遅延金利 20.0%
返済方式 定率リボルビング方式
返済日
  • 35日ごと
  • 指定期日(自由選択)
  • 6日(口座振替)
返済期間・回数 最終借入後最長9年7か月/1回~100回
利用条件
  • 20歳以上69歳以下で本人に安定した収入がある
  • 主婦(主夫)・学生でもパート・アルバイト収入があればOK
資金用途
担保・保証人 不要
申込方法
  • Web
  • 自動契約機「むじんくん」/店舗窓口

三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の消費者金融です。消費者金融としては実は結構老舗です。

こちらもテレビCMでお馴染みですので、名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

多くのカードローンでは、返済日が決められ毎月決まった金額を返済します。

アコムには返済方法が3種類あり、毎月指定期日に返済する方法と、毎月6日に指定口座から自動引き落としされる方法のほか、35日ごとの返済というものもあります。

35日ごとの返済は返済日が毎月一定ではなく、管理が大変ですが自分のペースで返済をしたいという方におススメです。

毎月の指定日で返済する場合は、返済日を自分で選ぶことが出来ます。

プロミスのように決まっている日にちから選ぶ必要はなく、例えば毎月10日が給料日なら10日や11日を返済日として指定することも出来ます。

返済額は、リボルビング方式ですので借入残高に応じて変わります。

審査は最短30分で即日融資も可能です。

Web申し込みの場合は24時間いつでも申し込み可能ですし、振込口座を指定しておけば即日融資も可能です。カードは後日郵送です。

自動契約機の場合は、営業時間があり8時~22時ですので深夜の申し込みは出来ません。

但し、会社帰りなどに立ち寄って申し込むことが出来ますし、この方法なら即日カードを受け取ることも出来ます。

返済は、コンビニATMからでもできますので、店舗やアコムATMなどを探す必要もなまたいつでも返済可能です。

アコムのカードローンを大手8社と徹底比較!メリット・デメリット

アイフル

アイフル

【商品情報】
融資額 ~800万円
金利(実質年利) 3.0%~18.0%
遅延金利 20.0%
返済方式 借入残高スライド元利定額リボルビング方式
返済日 35日ごと・指定期日(自由選択)
返済期間・回数 最終借入後最長14年6か月/1回~151回
利用条件
  • 20歳以上69歳以下で本人に安定した収入がある
  • 主婦(主夫)・学生でもパート・アルバイト収入があればOK
資金用途
担保・保証人 不要
申込方法 Web、店舗、電話

消費者金融としてはかなり大手のアイフルもテレビCMでお馴染みです。

アイフルもプロミスと同じようにアプリを導入していますので、カードレス契約が可能です。

スマホを持っていればセブン銀行ATMで取引が出来ますので、カードがなくても借入・返済が可能です。

また、指定口座に振り込みをしてもらえますし、返済も引き落としや振り替えで出来ますので他人に知られることなく利用することが出来ます。

カードレス契約の場合には、カードが送られてくることもありません。

アイフルも、ネットで申し込みをすれば最短30分で審査をし、即日融資が可能となります。

アイフルのカードローンを大手8社と徹底比較!メリット・デメリット

SMBCモビット

SMBCモビット

【商品情報】
融資額 1万円~800万円
金利(実質年利) 3.0%~18.0%
遅延金利 20.0%
返済方式 借入残高スライド元利定額返済方式※ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)
返済日 5日、15日、25日、末日
返済期間・回数 最終借入後最長5年/1回~60回
利用条件
  • 20歳以上69歳以下で本人に安定した収入がある
  • 主婦(主夫)・学生でもパート・アルバイト収入があればOK
資金用途
担保・保証人 不要
申込方法 Web、郵送、電話、ローン申込機

SMBCグループの消費者金融です。テレビCMでもお馴染みです。

SMBCモビットもカードレス契約に対応していますので、スマホアプリを使ってセブン銀行ATMから借入と返済が出来ます。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに銀行口座を持っていると、すべてネットで簡単に申し込みが出来てしまいます。

本人確認のための電話連絡もありませんので、会社の方にばれる心配もありません。

本人確認書類として社会保険証や組合保険証を提出することで企業の在籍確認も行います。

3行に口座を持っていない場合には、Web、郵送、電話、ローン申込機などで申し込みを行い、本人確認書類などを送信した後、ネットや電話による契約手続きを行います。

審査完了には最短で30分、カード受け取りを申込機とすれば即日カード受け取りも可能です。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

SMBCモビットの審査難易度を他社と徹底比較

レイクALSA

レイクALSA

【商品情報】
融資額 1万円~500万円
金利(実質年利) 4.5%~18.0%
遅延金利 20.0%
返済方式
  • 残高スライドリボルビング方式
  • 元利定額リボルビング方式
返済日 指定期日(自由選択)
返済期間・回数 最終借入後最長5年/1回~60回
利用条件
  • 満20歳~70歳
  • 国内居住の方、日本永住権を取得している方
資金用途
担保・保証人 不要
申込方法 Web、自動契約機、電話

新生銀行グループの消費者金融新生フィナンシャルカードローンは、レイクALSAに名称変更しました。

テレビCMでもレイクALSAの名前が聞かれるようになりましたので、ご存知の方もいるのではないでしょうか?

アコムやアイフル、プロミスなどで「30日間無利息」というサービスを行っていますが、レイクALSAではこの無利息サービスを2種類から選択できます。

  • 借入額の内5万円まで180日間無利息➝例えば10万円借り入れの内、5万円は180日間無利息ですが、残り5万円は利息が付きます。
  • 全額60日間無利息(期間限定サービス)➝例えば10万円借り入れたら、その10万円分が60日間無利息となります
    初めての契約で契約額が200万円までの方のみ利用できるサービスです。

審査は最短60分かかります。ほかの消費者金融から見ると審査に時間がかかります。即日融資はほかの消費者金融と同じです。

自動契約機を使えば申し込みからカード発行まで最短30分ですので一番早く利用できるようになります。

レイクALSAのカードローンを大手8社と徹底比較!メリット・デメリット

まずは借入審査に通ることが大切!

どの消費者金融に申し込みをしたとしても、審査に通過できなければ意味がありません。

先ほどご紹介した審査内容などを参考に、審査に通りやすい状態になっていることが重要です。

信用情報に傷がないこと、自分自身の年収や雇用形態などのスペックを上げておくことなども審査に通りやすくなる条件の1つです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする