J.Score(ジェイスコア)で即日融資は受けられる?融資を受けられる時間と最短融資の成功のコツ

J.Score(ジェイスコア)で即日融資

J.Score(ジェイスコア)はみずほ銀行とソフトバンクが共同で創設した比較的新しい消費者金融で、銀行並の低金利さと審査にAIを活用していることから注目を集めています。

またJ.Score(ジェイスコア)は即日融資に対応しており、利用を検討している人も多いでしょう。

このページでは、J.Score(ジェイスコア)で即日融資を受けられる時間帯や、即日融資を成功させるコツを解説していきます。

J.Score(ジェイスコア)への申込みを検討している人は、ぜひ参考にしてください!

J.Score(ジェイスコア)は最短30分で即日融資できる!土日もすぐ借りれる?

J.Score(ジェイスコア)で即日融資を受けられる時間帯

最初に説明したとおり、J.Score(ジェイスコア)は即日融資に対応していますが、24時間審査と融資をおこなっているわけではありません。

そのため、J.Score(ジェイスコア)から即日融資を受けるためには、融資実施時間を踏まえた上で審査を申込む必要があります。

融資実施時間は平日・土曜日・日曜日・祝日で異なります。

詳しくは次から見ていきましょう。

平日8:00~22:55までなら即日融資可能

J.Score(ジェイスコア)は平日は8:00~22:55まで、融資を実施しています。

なお、平日の22:56~7:59の間に審査や融資を申込むと、実施されるのは翌営業日になるため注意しましょう。

土日は夕方までなら即日融資可能

J.Score(ジェイスコア)は土日も融資を実施していますが、それぞれ時間が異なります。

土曜日は8:00~21:40まで、日曜日は9:00~16:40までです。

以前までJ.Score(ジェイスコア)は土日の審査や融資を実施していませんでしたが、2019年5月30日より即日融資に対応し始めました。

土曜日と日曜日で時間が違うため、注意しましょう!

祝日の即日融資に対応していないので注意

J.Score(ジェイスコア)は祝日の即日融資に対応していません。

祝日は審査も融資も実施していないため、審査を申込んでも実施されるのは翌営業日の9:00からです。

祝日中に即日融資を受けたい場合は、プロミスなどの消費者金融を利用することをおすすめします。

J.Score(ジェイスコア)の即日融資を成功させる方法

ジェイスコア

ここまではJ.Score(ジェイスコア)の即日融資に対応している時間帯を解説してきましたが、時間にさえ気をつければ即日融資が受けられる訳ではありません。

J.Score(ジェイスコア)で確実に即日融資を受けるためには、いくつかのコツが必要です。

詳しくは次から説明していくので、J.Score(ジェイスコア)から早く融資を受けたい人は必ずチェックしましょう!

審査基準を確認しよう

まずJ.Score(ジェイスコア)の審査を申込む前に、審査基準を確認しましょう。

J.Score(ジェイスコア)の審査基準をクリアしていない人は、即日融資はもちろん、審査を申込むことができないためです。

J.Score(ジェイスコア)の審査基準は、契約時に満20歳以上70歳以下・国内に居住している・安定かつ継続した収入が見込めるの3点です。

なお上記の条件さえクリアしていれば、学生や留学生、アルバイトでもJ.Score(ジェイスコア)から即日融資を受けられます。

J.Score(ジェイスコア)の審査を申込む前に、自身が審査基準をクリアしているかチェックしましょう!

審査受付時間を確認しよう

このページの前半に紹介したとおり、J.Score(ジェイスコア)で即日融資を受けられる時間帯は限られています。

一般的にJ.Score(ジェイスコア)の審査は1~2時間程かかるため、融資実施時間の1~2時間前には審査を申込む必要があります。

なおJ.Score(ジェイスコア)の審査を受けるためには、AIスコア診断を受ける必要があるのですが、スコア診断は本審査と同時に申込むことが可能です。

J.Score(ジェイスコア)から早く融資を受けたい人は、スコア診断と本審査を同時に申込みましょう!

必要書類を早めにそろえよう

本人確認書類※いずれか1点を提出
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
収入証明書類※いずれか1点以上を提出
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税通知書
  • 確定申告書
  • 所得(課税)証明書
  • 給与明細書 

J.Score(ジェイスコア)の審査では本人確認書類を提出する必要があるのですが、本審査の結果が出てから準備をすると時間が掛かってしまいます。

そのためJ.Score(ジェイスコア)で即日融資を受けたい人は、審査結果を待っている間に必要な書類を準備しておきましょう。

J.Score(ジェイスコア)の審査で本人確認書類として利用できるものとしては、運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・在留カード・特別永住証明書などが挙げられます。

なお、J.Score(ジェイスコア)の借入金額が50万円を超える・J.Score(ジェイスコア)と他の金融機関の借入が100万円を超える場合は、本人確認書類に加えて収入証明書の提出が必要になります。

J.Score(ジェイスコア)の審査で収入証明書として利用できるものとしては、源泉徴収票・住民税決定通知書・納税通知書・確定申告書・所得(課税)証明書などが挙げられます。

なお収入証明書として利用できるのは、前年度(直近分)の書類のみであるため、注意しましょう。

また提出書類に個人番号の記載がある場合は、見えないようにマスキングの上提出する必要があります。

在籍確認の対応をしよう

J.Score(ジェイスコア)では審査の最終段階で、申込者が申告したとおりの職場に勤めているかを確認する在籍確認がおこなわれます。

在籍確認は主に審査担当者が申込者の職場に直接電話を掛けることでおこなわれ、平日の19時までには実施されます。

J.Score(ジェイスコア)で即日融資を受けたい場合は、19時までに在籍確認が実施されるように審査を申込みましょう。

なお土日中にJ.Score(ジェイスコア)から即日融資を受けたい場合は、土日中に在籍確認を受ける必要があります。

土日は会社が閉まっている人は、SMBCモビットなど在籍確認の電話をカットできる消費者金融を利用すると良いでしょう。

J.Score(ジェイスコア)の特徴

ここでは改めてJ.Score(ジェイスコア)の特徴について紹介していきます。

審査を申込む前に「本当にJ.Score(ジェイスコア)を利用するのか」を考えてみましょう!

J.Score(ジェイスコア)の金利は消費者金融の中で最安レベル!

J.Score(ジェイスコア)の一番の特徴であり、魅力としては金利の低さが挙げられます。

大手消費者金融が18.0%前後、中小消費者金融が20.0%以下の金利を設定している中、J.Score(ジェイスコア)の金利は15.0%です。

これは銀行系カードローン並みの低金利であり、消費者金融の中では最安レベルと言えます。

なお銀行系カードローンの中にはJ.Score(ジェイスコア)よりも金利が低い商品もありますが、銀行の審査は厳しく、即日融資にも対応していません。

借りやすさと金利の低さを高いレベルで両立しているのがJ.Score(ジェイスコア)と言えるでしょう。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア診断とは?

J.Score(ジェイスコア)の特徴としては、審査にAIを活用している点が挙げられます。

そのAIによって算出されるのがAIスコアであり、審査では申込者の信用能力がチェックされます。

AIスコアは1000点満点で、600点未満の場合は審査を申込むことができません。

またスコアの点数が高くなればなるほど、審査通過率は上がるため、注意する必要があります。

AIスコア診断ではなにが聞かれる?

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア診断では、基本的なプロフィールからお金の使い方など多岐に渡って質問されます。

項目数は160個以上ありますが全てに回答する必要はありませんし、チャット形式で選択肢から選べば良いだけなので、操作に手間取ることはないでしょう。

J.Score(ジェイスコア)で即日融資を受ける前に返済方法を確認

融資を受ける以上、借入金は返済する必要があります。

ここからはJ.Score(ジェイスコア)の3つの返済方法を解説していきます。

即日融資を受ける前に、確認しておきましょう!

J.Score(ジェイスコア)の返済方法①口座振替

カードローンで最も一般的な返済方法が、口座振替です。

当然J.Score(ジェイスコア)も対応しており、毎月26日に登録した口座から引き落とされます。

口座振替は手数料が掛からず、払い忘れる心配ともないため、多くの人におすすめできる借入方法です。

ただし取扱銀行によって、引き落とされる時間は異なるため、注意しましょう。

J.Score(ジェイスコア)の返済方法②ペイジー決済

J.Score(ジェイスコア)ではペイジーを利用した返済に対応しています。

ATMからペイジー決済を利用して返済することもできますが、会員用ページから登録すれば、インターネットバンキングからの返済が可能です。

また口座振替同様に手数料が掛からないため、無駄な費用を抑えたい人にもおすすめです。

J.Score(ジェイスコア)の返済方法③銀行振込

J.Score(ジェイスコア)は銀行への振込返済に対応していますが、毎回振込手数料が掛かりますし、手続時間によっては翌営業日の返済として処理されます。

そのため積極的な利用はおすすめできませんが、みずほ銀行からの返済であれば振込時間に関わらず即時処理されます。

J.Score(ジェイスコア)で即日融資を受けた・受けられなかった人の口コミ

J.Score(ジェイスコア)の即日融資の口コミ

ここからはJ.Score(ジェイスコア)で即日融資を受けた・受けられなかった人の口コミを紹介していきます。

J.Score(ジェイスコア)での即日融資を希望する人は参考にしましょう!

口コミ➀

お住まい 東京都
年齢 20代
遅延損害金 男性

初めからJ.Score(ジェイスコア)を知っていた訳ではありません。とにかく安い消費者金融を探していたら見つけたという感じですかね。AIの質問?に答えていくのがちょっと面倒でしたが、結果的に30万円を即日借りられました。

口コミ②

お住まい 千葉県
年齢 30代
遅延損害金 男性

J.Score(ジェイスコア)を知ったのはSNSの広告です。AIが審査してくれるなら、他の消費者金融に落ちた自分でも大丈夫かな、と思ったんですが甘かったですね。

J.Score(ジェイスコア)は審査を申し込む前に、スコア診断を受けるのですが、そこで一定の点数を取らないとダメなんです。

やっぱり他社借入が多いと全然点数が稼げません。

J.Score(ジェイスコア)は即日融資対応かつ低金利!19時までに申込むのがおすすめ

このページでは、J.Score(ジェイスコア)で即日融資を受けられる時間帯や、即日融資を受けやすくする方法について解説してきました。

J.Score(ジェイスコア)は金利が低く、スピーディーな融資が受けられますが、融資を実施している時間は限られます。

まずは現在時刻を確認して間に合いそうであれば、すぐにJ.Score(ジェイスコア)へ申込みを開始しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする