カードローンの審査時間・期間はどれくらい?銀行と消費者金融の違いと審査時間を早めるコツ

カードローンの審査時間

カードローンの審査は短く、かなり短時間で借りられる可能性もあります。

しかし、審査への対策をしっかり済ませておかないと、借りられない可能性もあるため注意が必要です。

ここではカードローンでも審査の短い会社を中心に紹介するほか、カードローンの審査を短くする方法についても説明します。

すぐに借りたい人は、これから紹介する情報を参考にしてみましょう。

審査の甘い・ゆるいカードローンランキング!おすすめは中小消費者金融!即日融資ですぐ借りれる

審査時間の短いおすすめのカードローン

審査時間の短いおすすめのカードローンとしては、以下などが挙げられます。

  • プロミス
  • アコム
  • レイクALSA
  • ダイレクトワン
  • ノーローン

詳しくは次から見ていきましょう。

プロミス

プロミス公式サイト

商品概要
限度額 500万円まで
金利(実質年率) 4.5%~17.8%(新規契約のみ)

プロミスは大手消費者金融3社(プロミス・アコム・アイフル)の1つであり、利用実績やノウハウの多さからスピーディーな融資が期待できます。

なお公式サイトでは最短1時間で審査が完了するとありますが、実際に30分で完了するケースは非常にまれであり、2〜3時間はかかると見積もっておきましょう。

またプロミスは新規契約から30日間は利息がかからない・利用明細などの郵送物を全てカットできるなど、審査速度以外の利便性も魅力的です。

申し込むカードローンに迷ったらプロミスを選べば間違いないでしょう。

アコム

アコム

限度額 1万円~800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%

アコムもプロミス同様の超大手消費者金融であり、審査速度には期待できます。

またアコムは日本全国に多くの自動契約機を設置しており、ローンカードの発行がしやすい点も魅力的です。

申し込んだその日にATMから融資を受けたい場合は、アコムの利用を検討しましょう!

レイクALSA

レイクALSA

商品概要
限度額 1〜500万円
金利(実質年率) 4.5〜18.0%

レイクALSAはプロミスやアコムほどのスピード融資は期待できませんが、それでも平日21時(日曜日は18時)までに契約手続きを完了させれば、即日融資が可能です。

またレイクALSAは無利息期間の長さが一番の魅力であり、WEBから申し込めば60日間、最大で180日間無利息で利用できます。

今日中に融資が受けられれば良い場合は、プロミスやアコムよりもお得に利用できるレイクALSAへの申し込みを検討しましょう!

ダイレクトワン

ダイレクトワン

商品概要
限度額 1万円~300万円
金利(実質年率) 4.8%~18.0%

スルガ銀行系列のダイレクトワンは、審査時間が短いというメリットに加えて、審査の難易度も比較的優しい会社です。

借りやすさを重視する場合は、ダイレクトワンを検討するといいでしょう。

ダイレクトワンの審査は甘い?利用者の口コミを調べてみた

ノーローン

ノーローン

商品概要
限度額 1〜300万円
金利(実質年率) 4.9〜18.0%

ノーローンも短時間で借りられますが、自動契約機があまり多くないため、カードを発行して借りる方法は難しくなっています。

ただ、無利息期間が毎回得られるため、どの借入でも無利息を実現したいと考えているなら、ノーローンを使ったほうがいいでしょう。

ノーローンの審査は厳しい・甘い?審査落ちする7つの原因を紹介

カードローンごとの審査時間

カードローンの種類によって審査にかかる時間は異なります。

以下に消費者金融系カードローンと銀行系カードローンの審査時間をまとめました。

消費者金融系カードローンは最短30分

大手消費者金融系のカードローンの審査時間は最短30分を目指しており、短時間で審査が完了します。

なぜならば、審査は仮審査と本審査に分けられ、仮審査はコンピューターが採点システムによって数分で結果が出るためです。

早く審査を受けたい方は消費者金融系カードローンを利用しましょう!

銀行系カードローンは最短でも2日かかる

イオン銀行や楽天銀行などの銀行系カードローンは、消費者金融系カードローンと大きく審査のプロセスが変わることはありません。

消費者金融と同じく申し込み者の属性(年齢・職業・借入状況)などをスコアリングした上で、本審査(在籍確認・情報の確認)は人の手でおこなわれています。

しかし、2018年から銀行系カードローンは即日融資ができなくなりました。

なぜならば2018年から銀行は融資の際に申し込み者を警視庁のデータベースを照会するようになったためです。

データベース照会には最短でも1日以上の時間がかかり、該当する可能性がある場合は2週間程度かかることも珍しくありません。

銀行系カードローンは消費者金融系カードローンと比べ、金利が低い・総量規制以上の額を借りられるなどのメリットがありますが、早い融資を希望する際は消費者金融系カードローンを利用しましょう!

カードローンの審査に時間がかからない人の特徴

カードローンの審査に時間がかからない人の特徴としては、以下などが挙げられます。

  • 収入が安定している
  • 勤続年数が半年以上ある

詳しくは次から見ていきましょう。

収入が安定している

余裕で審査に通る人の特徴としては、収入が安定していることが挙げられます。

例えば、代表的な大手消費者金融系カードローンであるアコムは利用者条件について、以下の通りホームページに記載しています。

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

そのため、安定した収入と返済能力があると判断されやすい、公務員や上場企業の正社員などは余裕で審査に通りやすいと言えるでしょう。

勤続年数が半年以上ある

勤続年数が長ければ長いほど、離職の確率は低いと判断されるため、勤続年数が長い人も審査に通りやすいと言えます。

以下に勤続年数毎のカードローン会社の審査時間をまとめました。

勤続年数 審査時間への影響
入社~3ヶ月 やや審査に時間がかかる
3ヶ月~半年 審査時間に影響はない
半年~ やや審査が早くなる

アルバイトや派遣社員の方で、掛け持ちをしている場合は勤続年数が長い方を勤務先として申請しましょう!

カードローンの審査に時間がかかる人の特徴

カードローンの審査に時間がかかる人の特徴としては、以下などが挙げられます。

  • 希望借入額が高い
  • 他社借入が多い
  • 信用情報に傷がある

また上記に当てはまる場合は審査に時間がかかるどころか、審査に落ちる可能性も高いため注意しましょう。

詳しくは次から見ていきます。

希望借入額が高い

カードローン会社にとって高額の融資をおこなうことは、貸し倒れの際の損失額を上げることに他なりません。

そのため希望借入額を高く設定している申込者は慎重に審査されるため、審査に時間が掛かります。

一方、希望借入額を10〜30万円程度に抑えている場合は、スピーディな融資が期待できるでしょう。

早くカードローンから融資を受けたい場合はできるだけ希望借入額を抑えて申し込みましょう!

他社借入が多い

他社借入件数や残高が多いとその分チェックが必要になるため、審査に時間がかかります。

また、以下の当てはまる場合はそもそも審査に通らない可能性が高いです。

  • カードローンを4件以上利用している
  • カードローンで年収の3分の1まで借りている

詳しくは次から見ていきましょう。

カードローンを4件以上利用している

カードローンの借入件数が多いと以下などの理由で審査に通りづらくなります。

  • ローンの管理能力が低いと判断される
  • 新規契約したローンの返済に回せる額が少なくなる
  • 債務整理をする可能性が高いと判断される

明確に「借入件数が4件を超えている場合は利用できない」と審査基準を公表しているカードローンは多くありませんが、債務整理をする多重債務者が平均4件のカードローンを利用していることを考えると、4件という借入件数は審査の可否を決める1つのボーダーラインだと予想できます。

現在4件以上のカードローンを利用している場合は、おまとめローンを利用するか返済を進めてから新規のカードローンの審査を申し込みましょう!

カードローンで年収の3分の1まで借りている

消費者金融系カードローンは法律によって年収の3分の1(総量規制)以上の融資を禁止されており、違反した場合はカードローン会社に罰則が課せられます。

そのため、既に年収の3分の1を借りている場合は融資をおこなうことができないため、審査に落ちてしまいます。

既にカードローンを利用している場合は、借入残高と年収を計算してから新規のカードローンの審査を申し込みましょう!

信用情報に傷がある

カードローンの審査では信用情報が確認されるため、過去に以下などの金融事故を起こして信用情報に傷がある場合は審査に落ちてしまいます。

  • 月収8万円以上
  • 月々の収入に大きなバラつきがない
  • 今後も収入が得られる見込みがある
  • 連続して3ヶ月以上収入を得ている

しかし金融事故の記録には保存期間が設定されているため、金融事故の解消から一定期間が経過していればカードローンの審査に通る可能性はあります。

上記の金融事故に心当たりにある場合は、カードローンの審査を申し込む前に信用情報を確認することをおすすめします。

まずはCICとJICCの公式サイトにて手順を確認することから始めましょう。

カードローンの審査時間を短縮するコツ

カードローンの審査時間を短縮するコツとしては、以下などが挙げられます。

  • WEBから審査を申込む
  • 平日の午前中に申込む
  • カードローン会社に急いでいる旨を伝える

詳しくは次から見ていきましょう。

WEBから審査を申込む

ネットから申し込むほうが、短時間で審査を終えられる傾向があります。

他にも電話や自動契約機といった方法が用意されていますが、ネットのほうが圧倒的に短く、すぐに審査を完了させられます。

スムーズに申し込みから審査が受けられるのは、ネットから申し込む場合です。

他の方法では、どうしても審査にかかる時間は長くなってしまう、もしくはスムーズに手続きが進まないため、どこかで時間がかかります。

ネットを利用して短くする方法も考えましょう。

平日の午前中に申込む

カードローンに申し込む時間帯も審査時間に影響があります。

例えば、多くのカードローン会社はWebを利用すれば24時間審査を申し込むことができますが、審査を実施しているのは時間は限られています。

以下にこのページで紹介したカードローンの審査実施時間をまとめました。

金融機関 審査実施時間
プロミス 9:00~21:00(土日祝日対応)
アコム 9:00~21:00(土日祝日対応)
レイクALSA 8:10~21:50※1(土日祝日対応)
ダイレクトワン 9:00~18:00(平日のみ)
ノーローン 10:30~19:30※2(土日祝日対応)

※1レイクALSAは毎月第3日曜日に限り、審査実施の時間は8:10~19:00になります。

※2ノーローンは毎週日曜日に限り、審査実施の時間は10:30~19:00になります。

カードローンの審査時間について、最短30分!とうたっているものもありますが、実際のところは審査に1~2時間程度かかることも珍しくありません。

そのため、即日融資を受けるためには遅くとも審査実施時間締め切りの2時間前に、申し込みを終わらせる必要があります。

しかし、平日の夕方はサラリーマンなどが勤務終わりに慌てて申し込む時間帯であり、申し込みが殺到している場合が多いです。

そのため、スピーディに審査を受けるためには平日の午前中に申し込むと良いでしょう。

カードローン会社に急いでいる旨を伝える

申込み後、少しでも審査を早く終えてもらうために、スピーディな審査を希望するよう伝えておきましょう。

短時間で審査を終えてほしいと告げておけば、審査の時間を短縮できる場合があります。

ただ、混雑している場合は、他の申込を優先する傾向もあります。

その場合は、時間が少しかかってしまう点に注意してください。

無人契約機を設置しているカードローン会社を選ぶ

無人契約機、もしくは自動契約機と呼ばれるものを持つカードローンへ申し込むといいでしょう。

これは、速やかにカードを発行するために必要となります。

審査に影響するわけではありませんが、自動契約機を提供している会社の場合、カードを発行してすぐに借りられるメリットがあります。

借入までの時間を短くするなら、必ず自動契約機の有無は確認してください。

カードローンから最短の審査時間で借りる流れ

ここからは、カードローンからすぐに借りる方法について紹介します。

基本的にはネットを利用した申込み、手続きを進めていくのですが、借りるまでの手順は契約機を利用することになります。

借りるまでの流れをしっかり理解しておかないと、短時間で審査を完了させられない場合も多々あります。

すぐに借りたいと思っている時は、契約後の流れについてもしっかりと理解してください。

①Web申込

まずはWeb申込を利用してください。他にもいろいろな方法を持っているカードローンですが、審査時間を短くするだけならネットを利用したほうがいいでしょう。

短時間で申込みが完了するほか、必要な情報を確認しながら情報を入力できるため、ミスを減らせるという利点もあります。

②書類はWebからアップロード提出

審査の前に書類をアップロードするように求められますが、ここではWebを採用してください。

メールによる送信を提供している会社もありますが、近年はアップローダーを使った方法が主体となっています。

アップローダーに必要な書類を提出し、申込みを正式に完了させましょう。

③審査結果が出る前に無人契約機へ入室

審査結果が出る前に、無人契約機へ移動してください。

無人契約機は、日本全国に置かれていますが、一部の地域は置かれている会社が少ないため、事前に情報を調べておくといいでしょう。

なお、無人契約機は、入店できる人が制限されています。誰かが利用していた場合、しばらく待たなければなりません。

来店する時間によっては、スムーズに契約できない場合もあるので注意しましょう。

④発券機からカードを受け取る

最後に発券機からカードを受け取ります。発券機の手続きには、まずカードローンとの契約が必要です。

契約書を送付する手続きを完了させ、カード発行の手続きを進められるようにしましょう。

次に、カードを発行する手続きを無人契約機で実施します。手続きが完了すると、その場でカードが発行され、同時に借入も可能となります。

借入は用意されているATMでも可能ですし、コンビニなどのATMへ行って借りるという方法もあります。

カードさえ発行できれば、後は借入の場所を考えるだけです。

消費者金融カードローンは審査時間が短い!スピーディにお金を借りよう

銀行のカードローンと違い、消費者金融カードローンは短時間で審査を終えられるメリットを持っています。

金利の数字はどうしても気になるかもしれませんが、少しでも借りやすい状況を作りたいのであれば、消費者金融を利用するといいでしょう。

また、消費者金融は即日融資も比較的簡単にできるため、お金が必要だと思ったその日に行動できるメリットがあります。

すぐに借りなければならない事情があれば、紹介した方法を使ってすぐに借りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする