審査の早いカードローン比較ランキング!審査時間が短く即日で借りられる

審査の早いカードローン

「とにかく早くお金が必要」「家族や友人からは借りられない」

こんなピンチに直面したとき、消費者金融のカードローンが役に立ちます。

簡単なコツを押さえれば、申込から最短30分ですぐ現金を手にすることができますよ。

「本当に自分でもすぐ借りられるのか」と不安に思っているかたへ、スピード審査に定評のある会社&審査時間を短縮するコツを専門家視点で解説します。

本当に即日融資ができる!おすすめ消費者金融カードローンランキング

審査の早いおすすめのカードローン

審査の早いおすすめのカードローンとしては、以下などが挙げられます。

  • ノーローン
  • プロミス
  • アコム
  • レイクALSA
  • ダイレクトワン
  • アイフル

オススメできるポイントなど詳しくは次から見ていきましょう。

ノーローンなら最短20分で審査完了!

ノーローン

商品概要
限度額 1〜300万円
金利(実質年率) 4.9〜18.0%

業界最速クラスの審査時間を誇る「ノーローン」では、申込み後にいつでもネットから状況を確認できる嬉しいメリットがあります。

何度借りても無利息期間(1週間)がある点も、他の会社にはない独特の強みです。

スピード融資もお得さも両立できる、バランスのよいカードローンと評価できます。

ノーローンは即日融資できる!審査の平均時間は?土日も借入可能?

プロミスならアプリから融資可能!

プロミス

商品概要
限度額 500万円まで
金利(実質年率) 4.5%~17.8%(新規契約のみ)

プロミスの審査時間は極めて短く、公式サイト記載よりも「20分前後の時間で振込融資を受けられた」という口コミ・体験談もあります。

専用アプリ+セブン銀行ATMで現金借入できる「アプリローン」にも対応しており、ローンカード郵送も振込の入金反映時間も待てないという人におすすめできます。

プロミスの審査基準を徹底解説!審査に落ちる人と通る人の違いとは?

アコムなら自動契約機でカードを受け取りやすい!

アコム公式サイト

限度額 1万円~800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%

消費者金融の最大手「アコム」は、業界No.1の審査通過率(47%~49%)を誇る会社です。

パートかアルバイト収入があれば主婦・学生でも申込み可能で、限度額10万円からの柔軟な審査に応じてくれます。

ゆうちょ銀行を含む大手3行の口座があれば、平日18時までのWeb申込で当日中の振込融資に間に合います。

自動契約機の設置台数も全国トップクラスで、近場ですぐATM借入用のローンカードを発行してもらいたい人にもおすすめできます。

アコムの即日融資は土日も可能!無人契約機「むじんくん」を活用しよう

レイクALSAは即日融資の対応に定評がある!

レイクALSA

商品概要
限度額 1〜500万円
金利(実質年率) 4.5〜18.0%

即日融資に対応する大手消費者金融として、当日中の振込融資対応が最も優れた会社です。

Web完結+カードレス借入に対応しているだけでなく、21時以降のリアルタイム振込による融資の場合も、全国100行以上の金融機関に対応しています。

審査AI・即時仮審査システムの導入など、審査時間についても最新の手法でスピードアップが図られているのも特徴です。

レイクALSAから最短即日融資を受ける方法!土日も即日振込はできる?

ダイレクトワンは審査が早い上に甘い!

ダイレクトワン

商品概要
限度額 1万円~300万円
金利(実質年率) 4.9%~18.0%

消費者金融でありながらスルガ銀行グループ傘下であり、ネットバンクならではのスピーディな審査システムが特徴です。

20代~30代の学生・主婦の審査通過率が高い点も見逃せません。

審査期間の短さと同時に「審査の甘さ」を重視したい人におすすめできます。

ダイレクトワンで即日融資を受ける方法!一番早く借りるには口座が必要

アイフルはノンバンクで審査にとおりやすい!

アイフル

商品概要
限度額 1000円~800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%

大手消費者金融の中では唯一「ノンバンク系(銀行資本の入っていないローン会社)」であり、審査に通りやすいことで人気があります。

アプリを使ったカードレス契約に対応し、事業資金として当日中に借りられる「事業サポートプラン」が用意されていることで、さまざまな用途で便利に使えます。

アイフルから即日融資を受ける方法と審査の流れ

カードローンの審査が早い人の特徴

カードローンの審査が早い人の特徴としては、以下などが挙げられます。

  • 希望借入額が低い
  • 収入が安定している
  • 他社借入が少ない

詳しくは次から見ていきましょう。

希望借入額が低い

カードローンにとって高額の融資をおこなうことは、貸し倒れの際の損失額を上げることに他なりません。

そのため希望借入額を高く設定している申込者は時間を掛けて厳しく審査されます。

一方希望借入額を10〜30万円程度と低く設定している場合は、貸し倒れの際のリスクが低いと判断され、スピーディな融資が期待できます。

早くカードローンから融資を受けたい場合は、できる限り希望借入額を抑えて申し込みましょう!

収入が安定している

カードローンの審査とは、定期的に安定してお金を返済できるかどうかの審査であり、収入の安定性は審査速度に大きく関わってきます。

なおカードローンの審査担当者から、収入が安定していると判断されるためには、少なくとも以下の条件を全て満たしている必要があります。

  • 月収8万円以上
  • 月々の収入に大きなバラつきがない
  • 今後も収入が得られる見込みがある
  • 連続して3ヶ月以上収入を得ている

カードローンの審査を申込む前に、給与明細などで自身の収入状況をよく確認しておきましょう!

他社借入が少ない

他社借入が多いと確認が必要になるため、審査に時間が掛かります。

また以下に当てはまる場合は、審査に時間が掛かるどころか審査に落ちる可能性が高いです。

  • 他社借入件数が4件以上ある
  • 他社から年収の3分の1の額を借りている

詳しくは次から見ていきましょう。

他社借入件数が4件以上ある

他社の借入件数が多いと以下などの理由で審査にとおりづらくなります。

  • ローンの管理能力が低いと判断される
  • 新規のカードローンの返済に回せる額が少なくなる
  • 今後債務整理をする可能性が高いと判断される

明確に「他社借入件数が4件以上ある場合は、カードローンは利用できない」と審査基準を公表しているカードローン会社は少ないですが、債務整理をする多重債務者が平均4件以上のカードローンを利用していることを考えると、4件という数字は審査の成否を分ける1つのボーダーラインだと予想できます。

現在4件以上のカードローンを利用している場合は、返済を進めるかおまとめローンを利用した上で新規のカードローンの審査を申し込みましょう!

他社から年収の3分の1の額を借りている

消費者金融は貸金業法という法律によって、年収の3分の1(総量規制)以上の額の融資を禁止されています。

そのため現在他社から年収の3分の1の額を借りている場合、融資ができず、審査に落ちてしまいます。

現在他にカードローンを利用している場合は、借入残高と年収を確認した上で新規のカードローン審査を申し込みましょう!

カードローンの審査を早めるコツ

カードローンの審査を早めるコツとしては、以下などが挙げられます。

  • WEB完結を利用する
  • 本審査連絡が来る前に無人契約機へ向かう
  • 正確な情報を申告する
  • 在籍確認を取れる体制を整える
  • 急いでいる旨を伝える
  • 平日の午前中に申込む

詳しくは次から見ていきましょう。

WEB完結を利用する

大手カードローン会社なら、個人情報記入から必要書類提出までネットで出来る「Web完結申込」に対応しています。

どこにいても迅速に受付をしてもらうなら、Web完結を利用しない手はありません。

Web完結のメリット

  • 仕事中でも家事の間でも申し込める
  • すぐに仮審査を始めてもらえる
  • 郵送物なしの手続きに対応してもらえる

スマホやPCから入力した申込情報は、ほとんどの会社で審査の最初のステップである「仮審査」用のコンピュータにすぐ取り込まれます。

審査開始までのタイムラグがほとんどありません。

さらに、Web完結申込を受け付ける会社の多くは「郵送物レス契約」にも対応しています。

審査が完了次第すぐに借りられるだけでなく、同居家族に絶対に秘密にしておきたい人でも安心して利用できるのがメリットです。

本審査連絡が来る前に無人契約機へ向かう

無人契約機であれば、本審査通過後の契約手続き+ローンカード発行をその場で済ませることが出来ます。

カードさえ受け取れば、郵送物の到着や振込入金の反映を待つ必要はありません。

事前に最寄りの設置場所を調べておき、仮審査結果のメールを受け取り次第、早めに最寄りの無人契約機の場所を調べて向かっておきましょう。

無人契約機(自動契約機)とは?設置場所・利用方法・審査の注意点

本人確認書類+印鑑の持参を忘れずに

無人契約機で手続きする際、必ずテレビ電話担当者による本人確認が行われます。

移動する際は「申込の際に提出した身分証+印鑑」を持参しましょう。

万が一自宅に忘れてしまうと、ローンカード発行に対応してもらえず二度手間になります。

正確な情報を申告する

カードローンの申し込み時に申請した情報が誤っていると、その分訂正に時間がかかります。

そのため、なるべく正確な情報の入力をおすすめします。

カードローンの申し込み時に入力が必要な項目としては以下などを挙げることができます。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 家族構成
  • 子供の有無
  • 電話番号
  • 自宅電話の有無
  • 運転免許証交付の有無
  • 郵便番号
  • 自宅住所
  • 居住形態(持ち家・賃貸住宅・社宅など・公営住宅)
  • 雇用形態
  • 勤務先名
  • 郵便番号
  • 勤務先所在地
  • 所属部署(任意)
  • 電話番号
  • 社員数
  • 最終学歴
  • 入社年月
  • 税込年収
  • 健康保険証の種類
  • 業種
  • 職種
  • 希望の契約方法
  • 他社借入件数
  • 他社借入残高
  • 今回の希望借入額
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 審査結果の連絡方法
  • 書面の受取方法

※クレジットカードでのショッピング・銀行カードローン・住宅ローン・自動車ローンなどは借入に含まれない

情報に誤りがあると特に時間のかかる項目としては、本人や勤務先への連絡先です。

メールアドレスや電話番号が間違っていると、審査の連絡が取れず他の方法で連絡を取らなければならないためです。

また税込年収や他社の借入状況は審査で最もチェックされるポイントですが、意図して年収を水増ししたり、他社の借入件数を少なく申請するのは絶対に止めましょう。

虚偽の申告で多額を借りようとしていると判断され、審査に落ちるためです。

カードローンを申し込む際は正確な情報の申請を心がけましょう!

在籍確認を取れる体制を整える

カードローンの審査では原則在籍確認が実施されます。

在籍確認とは申込者が申告したとおりの職場に勤めているか確認する審査のことで、多くの場合は審査担当者が申込者の職場に直接電話を掛けることでおこなわれます。

在籍確認が完了しない限りカードローンの審査は終わらないため、スピーディに融資を受けたい場合は、以下などの対策は必須です。

  • カードローン会社に相談する
  • 職場の人間に電話対応を頼む

詳しくは次から見ていきましょう。

カードローン会社に相談する

まずはカードローン会社へ在籍確認について相談の電話を掛けましょう。

場合によっては以下などの対応が受けられます。

  1. 在籍確認を実施する前に申込者に連絡する
  2. 申込者が指定した時間帯に在籍確認を実施する
  3. 在籍確認の電話を書類提出で代替する

③の対応を受けるためには相当の理由が必要ですが、①・②に関しては希望すれば受けられる可能性が高いでしょう。

また在籍確認について相談をする場合は、審査担当者(在籍確認の電話を掛けてくる人)の名前を聞いておきましょう。

次から説明しますが、職場の人間に電話対応を頼みやすくなります。

職場の人間に電話対応を頼む

在籍確認についての相談が完了次第、職場の人間に電話対応を頼みましょう。

その際は以下のように頼むと、職場の人間にカードローンの利用がバレません。

「用件や社名を話さない〇〇(審査担当者)さんから電話が掛かってきたら、個人的なクレジットカードの件だから自分に回すか『後で本人から折り返させる』って伝えて欲しい」

在籍確認の対策をしっかりと整えて、スピーディーにカードローンの融資を受けましょう!

急いでいる旨を伝える

カードローンの審査を早めるために「早く審査を受けたい」と電話で伝えることも効果的です。

早く審査を受けたい旨を伝えることで、優先的に早く審査が受けられます。

申し込みが完了したらそのまま金融機関に電話を掛けましょう!

平日の午前中に申込む

カードローンの審査を早く受けるためには、申し込み者が少ない時間帯に申し込みをするのが効果的です。

多くの利用者は仕事終わりにカードローンの審査を申し込むため、平日の夕方などは申し込み者が殺到し、審査に時間がかかります。

そのため、申し込み者が少ない平日の午前中に申し込めばスピーディーに審査を受けることができます。

通勤前の電車内など午前中の隙間時間を利用してカードローンの審査を申し込みましょう!

カードローンの審査が遅い時は問合せよう!

ローン新規申込者向けのコールセンターに問い合わせれば、簡単に審査状況を教えてもらうことが出来ます。

急ぎで借りたいことも併せて伝えておくことで、対応を早めてもらうことも可能です。

カードローン会社と審査状況により、在籍確認の方法・提出書類の種類について特別な案内を望めます。

スピード融資の確実性を向上させるなら、積極的に問い合わせるのも良いでしょう。

コツを踏まえてスピーディーにカードローンの審査を受けよう!

「今日中にお金が必要」というピンチに直面したときは、まずは冷静にスピード審査に対応するカードローンを選びましょう。

紹介した各社は、いずれも平均して30分程度・遅くとも3時間以内の借入実績を多数持ちます。

スピード借入の確実性を上げるなら、申込み前の準備も欠かせません。

審査状況や申込時間しだいでは、本審査終了までに3時間以上かかる場合もあります。

どうしても連絡がこない場合はコールセンターに連絡し、借入をなるべく早めたいと伝えてみましょう。

ここで紹介したコツを押さえれば、1時間以内で必要なお金を手にすることは難しくありません。早速活用して、快適なキャッシング生活を始めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする