フリーター・バイト・パートでも通る審査の甘いカードローンランキング!通過のカギは勤続年数

フリーター用の審査が甘いカードローン

フリーターやバイト、パートでもカードローンは使えます。

ただ、カードローンの限度額を高くするのは難しいですし、勤続年数があまり長くないと審査に落とされやすい問題もあります。

しっかりと審査を通過する対策をしておきましょう。

また、審査を通過するポイントをしっかり確認しておきましょう。

フリーターは会社員と違い、審査を通過するために必要なポイントがより厳しく見られる場合もあります。

審査を確実に通過させられる方法などを確認してから申込むといいでしょう。

ここではフリーターやバイト、パートでも審査を通過できるカードローンについて紹介します。

審査の甘いカードローンランキング!即日融資可能な審査の緩い・通りやすいカードローンの特徴

フリーター・バイト・パートにおすすめ!審査の甘いカードローンランキング

まずはフリーターやバイト、パートの人でも審査を通過できるカードローンを紹介します。

どのカードローンも審査があまり厳しいわけではなく、比較的かりやすい傾向にあります。

どの会社で借りようか迷っている場合は、これから紹介する会社を中心に検討するといいでしょう。

1位 ダイレクトワン

ダイレクトワン

限度額 1万円~300万円
金利 4.9%~20.0%
審査 甘い

スルガ銀行系列のカードローンです。

多少金利は高く設定されているものの、銀行カードローンに比べても審査を通過しやすいメリットがあります。

借りやすい傾向があるので比較的狙いやすいでしょう。

ダイレクトワンの審査は甘い?利用者の口コミを調べてみた

2位 アコム

アコム

限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%
審査 甘め

カードローンの中でも審査基準が甘めの会社です。

審査を通過しやすいほか、自動契約機を利用してすぐに借りられる利点もあります。

早期の借入が必要だと考えているならアコムを検討してもいいでしょう。

アコムの審査を徹底解説!審査に落ちる人の7つの共通点

3位 レイクALSA

レイクALSAの公式サイト

限度額 1万円~500万円
金利 4.5%~18.0%
審査 甘め

審査基準は甘いものの、自動契約機を利用してカードを発行させられる場所が少ないため、アコムやプロミスよりもカード発行の利便性が薄くなっています。

ただ、無利息期間がかなり長く設定されているメリットを持っています。

レイクALSAの審査は厳しい?甘い?審査基準と審査に落ちる人の特徴

フリーター・バイト・パートでも審査の甘いカードローンに通る

フリーターやバイト、パートでもカードローンの審査は通過できます。

収入が少ないため、審査を通過できないのではないかと考える人もいますが、カードローンというのは収入によって限度額を調整できる商品です。

従って収入面で多少不安を抱えていたとしても、審査を通過できるのです。

もちろん審査を通過するには、安定した収入が何よりも大事です。

まずは安定して収入を得られるように仕事を続けておきましょう。

仕事を続けて安定して収入を得られていると判断されなければ審査に落とされます。

とにかく収入の信頼性を中心に信用させられる状況を作りましょう。

審査を通過しやすいカードローンであれば、あまり多くの収入を持っていない場合も審査を通過できます。

また、限度額を調整し、あまり多くの限度額を得ないように調整しておけば審査を通過しやすい場合もあります。

審査通過のためには様々な部分で信用させられるように努力し、その上で安定した収入で確実に審査を通過できるようにしましょう。

安定収入があれば正社員以外もカードローン審査に通る

安定した収入は正社員の方が得やすいように感じられますが、パートやアルバイトのようにフリーターでも収入を安定させられればカードローンの審査を通過できます。

逆に言えば、安定した収入さえ得られていれば、どのような職業でも審査を通過できるのです。

仕事をして得られた収入があれば問題なく審査は通過できます。

少しでも審査を通過できるように安定性のある収入を得るように心がけるほか、なるべく収入額も増やしておきましょう。

安定性のある収入さえあれば、多少他の部分で問題視されたとしても借りられる場合があります。

フリーター・バイト・パートがカードローン審査で通りにくい理由

安定した収入を持っていたとしても、フリータに該当するバイトやパートの審査が通りづらい理由はあります。

一番の問題は安定して収入を得られるのか微妙と判断されやすいからです。

特に非正規雇用の場合、どのタイミングで解雇や契約満了となるかわからないため、継続して返済させられる要素が足りないと思われてしまうのです。

実際に非正規雇用と正規雇用では安定性がかなり変わっており、正社員の場合は審査を通過できる条件で非正規雇用に該当するフリーターは審査に落とされる場合があります。

とにかく安心して審査を通過できる状況を作らなければ、フリーターでは審査を通過できない場合もあるのです。

将来性や収入に波が生じているなどの問題もあり、フリーターはカードローンの審査を通過できない場合もあります。

審査を通過したいと考えるなら、審査で通りにくい理由を解消し、少しでも審査通過の確率を高めるように心がけてください。

収入の波や将来性で審査に落とされることが多い

フリーターは収入を安定して得られないのではないかと考えられるため、安定した収入という部分で審査に落とされやすくなっています。

収入を安定して得られている状況でも、いつかは収入が途切れるのではないかと思われるなど、安定性という部分で悪い判断を受けるケースがあります。

また、将来性がフリーターは不足しているという部分もあります。

フリーターはどのタイミングで契約を切られるかわかりません。

また仕事が変わるなどの影響で、将来的には厳しい収入状況に陥る可能性があると判断され、審査に落とされる場合もあります。

離職率が高く返済が滞る可能性が高い

フリーターは離職率が正社員に比べると圧倒的に高い状況となっていますので、安定性という部分でも審査に落とされやすくなります。

この安定した仕事を続けるという部分で、審査に落とされる確率がフリーターは高くなっています。

仕事を辞めてしまえば収入が途切れてしまい、返済されないリスクが高くなってしまいます。

リスクを高めるような状況は絶対に作りたくないカードローン会社は、怪しいと思われる状況では審査を通過させないようにしています。

仕事の継続性という部分が見られなければ、フリーターが審査を通過するのは難しいでしょう。

フリーター・バイト・パートがカードローン審査で見られるポイント

フリーターに該当するバイトやパートがカードローン審査で見られるポイントは正社員の人とあまり変わりません。

しかし、基準は多少変わっている傾向にあるので、これからカードローン審査を受けるなら確実に対策を済ませ、審査を通過できるようにしましょう。

特に収入や勤続年数という部分には注意してください。

この2つの状況が悪いと審査に落とされやすい傾向が高くなります。

少しでも安定性を確保し、返済できる能力を示さなければなりません。

ここからはカードローン審査で見られるポイントを紹介します。

収入・返済負担率

収入はとても重要なポイントです。この部分がしっかり確保されていないと審査に落とされてしまいます。

また、収入を多く持っていたとしても、返済負担があまりにも大きすぎるような借入を希望する場合は審査に落とされる可能性があります。

まずは返済負担率を下げられるほどの収入を確保しておき、返済の負担が大きくなっても返済できる状況をしっかり作っておきましょう。

カードローンの審査は収入いくらあれば大丈夫?低収入でも融資は可能?

信用情報

信用情報は過去のカードローンや金融に関連する商品を利用した情報が記載されています。

審査を通過したいと考えているなら、基本的に信用情報を悪化させてはいけません。

信用情報が悪いと、返済されないと判断されて審査に落とされやすくなります。

信用情報はいますぐ情報を改善させる手法がないため、過去に問題を起こしている場合は厳しい判断を受けられるものと考え、しばらく申込みを控えたほうがいいでしょう。

勤続年数

勤続年数は仕事を続けて何年程度経過しているか示すポイントです。

フリーターはこの部分がかなり重要となっていますので、年数についてはしっかりと確保したほうがいいでしょう。

短期間で離職を続けているより、同じ仕事を何年も続けているほうが安定性は高いと判断されます。

より案している状況を作るためにも、勤続年数はなるべく多くした方がいいのです。

他社借り入れの有無

他社借入を持っていると返済できないと判断されてしまい、審査に落とされやすくなります。

特にフリーターは返済できる能力が不足する傾向にあると判断され、審査落ちの可能性が大きく上昇します。

できる限り他社借入を持っていない状況で審査を受けるようにしましょう。

フリーター・バイト・パートのカードローン審査は勤続年数の長さがカギ!

フリーターは仕事を継続している年数が不足する傾向にあるため、どうしても勤続年数が足りない状態で審査を受けやすくなります。

しかし、勤続年数が少ない状況で審査を受けても審査は通過できません。

審査を通過したいならしっかりと勤続年数を増やしたほうがいいのです。

勤続年数を増やしておけば、多少収入が足りないと思われても安定しているという判断により、審査を通過できる場合があります。

審査を通過したい場合は少しでも仕事をしている年数を増やし、より安定性を示したほうがいいでしょう。

勤続年数が長いほど離職率が低く給与も安定する傾向

勤続年数が長ければ長いほど、離職率はそこまで高くないと判断されます。

短期間の勤続年数では離職する可能性が高いのではないかと思われますが、長期的に仕事をしているとなれば離職するリスクはあまり高くないと判断されます。

その結果、審査を通過しやすくなります。

離職しないと思われれば、多少収入が少ない状態でも審査を通過してカードローンで借りられるケースがあります。

それだけ安定性という部分は信用させられるポイントとなっていますので、まずは仕事の年数を増やしておきましょう。

勤続年数が長いとステータスが低い人も審査に通りやすい

勤続年数が多い場合、他のステータスが低くて審査を通過できないような人も審査に通る場合があります。

勤続年数により安定性が高いと判断され、少ない限度額なら貸しても問題なしと判断されるのです。

ステータスが低くて審査を通過させられないと思っているなら、まずは勤続年数を増やしてより高い安定性を示すといいでしょう。

フリーター・バイト・パートがカードローン審査に通るコツ

フリーターがカードローン審査に通るなら、まずは勤続年数を増やしてください。

勤続年数が増えない場合は審査に落とされてしまうため、最低でも1年以上は仕事を続けたほうがいいでしょう。

次に収入面の安定性を確保します。

収入を増やすための取り組みを実施して、少しでも返済能力が多いように示したほうがいいでしょう。

収入の安定性を示せば審査を通過しやすくなります。

他にも限度額を下げる、他社借入を持たないようにするなどの対策をしてから審査を受けてください。

安定性という部分に加えて、返済されるという信用性をしっかり確保できるような申込内容を作り上げましょう。

勤続年数は最低1年以上

勤続年数ですが、最低でも1年以上は確保しなければなりません。

1年未満だと信用性はないと判断され、審査に落とされる可能性が急激に高くなってしまいます。

まずは審査を通過できるほどの勤続年数を持ちましょう。

1年以上であれば審査を通過できる可能性は高くなりますが、より安定して審査を通過したいなら2年以上の勤続年数を持ったほうがいいでしょう。

年数が多ければ多いほど安定性は高くなり、審査を通過しやすくなります。

直近の月は多めにシフトを入れる

収入面の問題を解消させるために、直近の月に多めにシフトを入れ、少しでも収入を増やしておきましょう。

これにより提出する給与明細の情報を改善させ、審査を通過しやすくするのです。

本来は年収に関連する書類を提出しなければなりませんが、こうした書類がないと告げれば給与明細でも審査を通過できます。

給与明細の情報をいいものにしておけば、かなり審査を通過できる可能性は高くなります。

できれば直近2ヶ月程度は仕事を増やし、収入を多めに見せておきましょう。

希望借り入れ額をできるだけ低く設定する

希望する限度額を増やしすぎると審査に落とされてしまいます。

審査に落とされないように心がけるためには、希望する限度額はできる限り低くしてください。

まずは10万円程度でも大丈夫なのか考えて、なるべく大きな限度額にならないように調整しましょう。

なお、1万円から借りられる会社が多くなっていますが、1万円だと金利が上昇する場合もあります。

できれば10万円程度の限度額を設定しておきましょう。

他社借り入れを減らして同時申込をなくす

他社借入は審査に影響する項目ですので、なるべく返済して審査を通過しやすくしましょう。

また、他社借入が完済できるなら完済し、安心して借りられる状況を作ってください。

また、同時申込みは審査に落とされる原因となりますので、絶対に行わないでください。

審査を通過するなら1つのカードローンに限って申し込むようにしましょう。

申込時にウソをつかない

申込時に嘘をつくと審査に落とされてしまいます。

バレないように思われても色々な情報をチェックすれば簡単に嘘はバレてしまいます。

虚偽の記載は1つでも審査に落とされる原因となりますので、絶対に作らないように心がけましょう。

なお、嘘が多すぎる場合はブラックリストに掲載されてしまい、今後同じカードローンの審査を受けられない場合があります。

フリーター・バイト・パートはカードローン審査の対策をしっかりやろう

審査の対策をしっかり進めないと、フリーターはカードローンを利用できないケースが多くなります。

まずは勤続年数を増やすように心がけて、審査を通過できる安定性を示すようにしましょう。

同時に収入面での安定性もしっかり確保してください。

安定した収入と勤続年数を持っていれば、フリーターであるバイトやパートも審査を通過できます。

できれば消費者金融系の会社へ申込んだほうが審査は甘くなるため、金利が多少高いとしても消費者金融のカードローンを使いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする