アコム スペック!アコムのスペックは本当に高い?競合カードローンと比較して分かった特徴

アコムのスペック

カードローンを利用する際に気になるのが商品のスペックですよね。

超大手消費者金融であるアコムのスペックは他のカードローンと比べて高いのでしょうか。

このページではアコムの基本スペックや、金利や限度額などを他のカードローンと比較していきます。

アコムのカードローンを大手8社と徹底比較!メリット・デメリット

アコムのスペック

アコム

まずはアコムの基本的なスペックを確認しましょう。

商品概要
限度額 1〜800万円
金利(実質年率) 3.0%〜18.0%

アコムのスペックを比較!金利は平均的!

最初に確認した通り、アコムの金利は18.0%に設定されており、消費者金融系カードローンの中では平均的と言えます。

以下に代表的な消費者金融系カードローンの金利をまとめました。

カードローン 金利(実質年率)
J.Score(ジェイスコア) 0.8〜15.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
キャッシングエイワ 17.9507%〜19.9436%
セントラル 4.8%~18.0%
フクホー 7.30%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
ベルーナノーティス 4.5%〜18.0%
レイクALSA 4.5〜18.0%

上記の通りアコムより低い消費者金融系カードローンはありますし、銀行系カードローンであればさらに低い金利で利用できます。

「できるだけ返済額を抑えたい!」という場合は、アコム以外のカードローンも検討しましょう。

アコムのスペックを比較!限度額は高め!

最初に確認した通り、アコムの限度額は800万円に設定されており、消費者金融系カードローンの中では高めと言えます。

以下に代表的な消費者金融系カードローンの金利をまとめました。

カードローン 限度額
J.Score 10万円~1000万円(10万円単位)
SMBCモビット 800万円
アイフル 1000円~800万円
キャッシングエイワ 1〜50万円
セントラル 1万円~300万円
フクホー 50万円
プロミス 500万円まで
ベルーナノーティス 1万円~300万円
レイクALSA 1〜500万円

ただし消費者金融系カードローンには総量規制が適用されるため、年収の3分の1以上の融資を受けることはできません。

アコムでお金を借りる際には注意しましょう。

アコムのスペックを比較!無利息期間の長さは一般的!

アコムでは新規契約者限定で30日間の無利息期間サービスが利用できます。

以下に代表的な消費者金融系カードローンの無利息期間をまとめました。

カードローン 無利息期間
J.Score なし
SMBCモビット なし
アイフル 30日間
キャッシングエイワ なし
セントラル 30日間
フクホー なし
プロミス 30日間
ベルーナノーティス 14日間※
レイクALSA 60〜180日間

※ベルーナノーティスは完済する度に14日間の無利息期間が付与されます。

またアコムの無利息期間は実際の利用日ではなく、契約日の翌日からカウントが進みます。

そのため自身の利用したいタイミングで無利息期間サービスを使う、といったことはできない点を覚えておきましょう。

アコムのスペックを比較!申込方法は豊富!

アコムは以下の方法で審査を申込むことができます。

申込み方法 メリット デメリット
Web
  • 24時間申込める
  • Web限定のサービスを利用できる
スマートフォンやPCの扱いに慣れている必要がある
電話 遠方でも相談しながら申込める 営業時間内に申込む必要がある
郵送 スマートフォンやPCの操作に不慣れでも申込める 申込みから融資まで1週間近くかかる
自動契約機 即日ローンカードを受け取れる 態度や言動をカメラでチェックされる
店頭窓口 直接相談しながら申込める 営業時間内に来店する必要がある

5つの申込み方法に対応しているカードローンは大手消費者金融の中でも限られており、アコムの申込み方法は豊富に用意されていると言えます。

自身のニーズに合った方法で、アコムのカードローンの審査を申込みましょう!

アコムのスペックを比較!必要書類を多くない!

アコムの審査で提出が必要になるのは、以下の書類の内1点ずつです。

本人確認書類 収入証明書
運転免許証 源泉徴収票(最新版)
パスポート 確定申告書(最新版)
マイナンバーカード 税額通知書(最新版)
健康保険証+住民票 給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)
【注意】
本人確認書類や収入証明書を提出する際は、個人番号(マイナンバー)が見えないようにしましょう。

なお希望借入額が50万円以下の場合は、収入証明書の提出は不要です。

スムーズにアコムから融資を受けたい場合は、できるだけ希望借入額を抑えて審査を申込みましょう!

アコムのスペックを比較!アコムは他のカードローンよりも審査に通りやすい!

カードローンの審査の通りやすさは以下のポイントでチェックすることができます。

  • 金利
  • 提供している金融機関の事業規模
  • 融資対象者
  • 審査通過率
  • 提携している信用情報機関の数

詳しくは次から見ていきましょう。

アコムのスペック(審査の通りやすさ)を検証!金利から見る審査の通りやすさは普通!

金融機関にとって金利の低いカードローンを提供することは貸し倒れの際の損失を増やすことに他なりません。

一方金利が高くなればなるほど貸し倒れの損失を抑えることができるため、多くの人へ積極的に融資がおこなえます。

そしてアコムの金利は先ほど見てきた通り、高い訳でもなければ低い訳でもありません。

つまり金利から見るアコムの審査難易度は普通と言えます。

アコムのスペック(審査の通りやすさ)を検証!事業規模から見る審査の通りやすさは平均的!

カードローンの審査難易度は提供している金融機関の事業規模から確認できます。

例えば事業規模の大きい銀行などは、毎日多くの申込者を審査する必然から機械的なチェックになりやすく、審査に通りづらいと言えます。

一方中小消費者金融など事業規模の小さいカードローン会社は申込数が少ないため、申込者一人一人に寄り添った柔軟な審査が期待できます。

そしてアコムは消費者金融の中では大手ですが、銀行並の事業規模がある訳ではありません。

つまり事業規模から見るアコムの審査難易度は平均的と言えるでしょう。

アコムのスペック(審査の通りやすさ)を検証!融資対象者から見るとアコムは審査に通りやすい!

カードローンの審査難易度は融資対象者から判断できます。

アコムでは安定した収入さえあれば、パートやアルバイト・学生でも利用できる旨が公式ホームページの記載されており、多くの人へ積極的に融資をおこなっていることが分かります。

そのため融資対象者から見るとアコムは審査に通りやすいと言えるでしょう。

アコムのスペック(審査の通りやすさ)を検証!審査通過率は約50%!

アイフル・アコム・プロミスの大手消費者金融3社は審査通過率を公表しており、3社とも月ごとの増減はありますが、おおむね50%程度をキープしています。

50%を高いと見るか低いと見るかは人次第ですが、大抵の人が審査に落ちるほど審査難易度が高い訳ではありません。

アコムのスペック(審査の通りやすさ)を検証!提携している信用情報機関は少なめ!

カードローンの審査難易度は提携している信用情報機関の数から判断できます。

例えば提携している信用情報機関が多ければ多いほど、チェックされる項目が多く審査に通りづらくなります。

そしてアコムの場合はJICCとCICの2機関と提携を結んでおり、この数はカードローン会社の中では少なめと言えます。

そのため提携している信用情報機関の数から見ると、アコムは審査に通りやすいと言えるでしょう。

アコムのスペックに関する口コミ

アコムは大手の消費者金融会社であるため、多くの人が利用しています。

では、アコム会員はどのようなスペックを気に入っているのでしょうか。

アコムを実際に利用した人の口コミを以下より2つ紹介します。

スペックが高くて利用しやすい

まず、審査が早かったのがありがたかったです。普段は仕事で忙しいため平日に窓口に行く時間がなかったのですが、無人契約で簡単に契約ができると聞いて、さっそく最寄りのむじんくんへ行きました。

電話でのアナウンスやタッチパネルの指示通りに記入を行い、ほんの数十分で契約は終了、その日に現金を入手できました。

キャッシングや返済も、最寄りのコンビニのATMでできて、返済日が近づけばメールで知らせてくれます。とにかく使いやすさがアコムの魅力です。

10万円を無金利で利用できた!派遣のスペックでも問題なし

今まで消費者金融を利用した経験がなかったのでアコム会員になるのは少し抵抗があったのですが、契約の申し込みから説明までわかりやすく、スムーズに契約することができました。そして、なんといってもアコムの素晴らしい点は最初の30日だけ金利ゼロという点です。消費者金融は、利子の返済に追われてキャッシング額が減らないというイメージがありました。

でも、アコムは最初だけ金利が1年もかからないため、無利息で10万円を借りることができました。

利息払いだけでも馬鹿にならないのでありがたいサービスです。

アコムのスペックは高め!しっかりと審査対策をしよう!

このページではアコムのスペックについて解説してきました。

アコムのスペックは平均からやや高めであり、誰でも審査に通るほど甘いカードローンではありません。

しっかりと対策を立てた上で審査を申し込みましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする