アコムはATMを使って便利に借入・返済できる!利用手数料・営業時間まとめ

アコムのATM

アコム株式会社は、三菱UFJフィナンシャルグループに属する貸金業者で、初めて自動契約機を開発した会社です。

貸付や返済がATMを使って行えるため、誰かに借金がばれるということもなく最短1時間ほどで融資が可能となっています。

この記事では、どのATMが使えるのか、またATMを使った際の手数料や営業時間などをまとめてご紹介します。

アコムのカードローンを大手8社と徹底比較!メリット・デメリット

アコムの借入・返済ができる3つのATM

カードローンの利用の際に気になるのは、使用できるATMがどのくらいあるのかということではないでしょうか。

借入の際はもちろん、返済の時も利用できるATMが多いほど、ATMを探す手間がかかりません。

アコムで使用できるATMは大きく分けて3つです。

1つめは、アコムが自社で設置している「アコムATM」です。

2つめは提携先のコンビニに設置してある「コンビニATM」、そして3つめが提携の金融機関で設置している「銀行ATM」です。

それぞれに特徴がありますので詳しく説明していきましょう。

アコムの自社ATM

アコムATMは全国にあるアコムの実店舗や自動契約機である「むじんくん」に併設されています。

公式ホームページから住所などが検索でき、その際に条件の絞り込みが行えますので、駐車場の有無など自分に合った店舗を探すことができます。

また、ローンの申し込み方法も店頭で行うことができる場所やむじんくんで行うことができる場所と、ATMが併設されている施設によって異なります。

提携しているコンビニATM

アコムATMよりも多くの場所に設置されているのがコンビニATMです。

セブンイレブンに設置されているセブン銀行、ファミリーマートなどに設置されているE-net、ローソンやナチュラルローソンに設置されているローソン銀行、ミニストップに設置されているイオン銀行と主要なコンビニにあるATMすべてが提携ATMです。

急にお金が必要になった場合や出先にいる場合、他人にローンの利用を知られたくない場合など幅広いシーンで利用することができます。

提携している銀行ATM

金融機関が設置しているATMもアコムと提携しているものがあります。

もっとも利用しやすいのはアコム株式会社と同グループでもある三菱UFJ銀行のATMです。

その他北海道銀行や北陸銀行、八十二銀行や西日本シティ銀行などのATMを提携ATMとして利用することができます。

ただし、八十二銀行だけは借入のみの利用となっていますので、返済の場合は別のATMなどを利用する必要があります。

また、銀行ではありませんが信販会社のクレディセゾンも提携を行っており、ATMで借入・返済ともに可能です。

自社ATMを利用すると手数料無料!

アコムATMを利用した場合、借入・返済共に取引額にかかわらず手数料は24時間365日いつでも無料です。

1回あたりの手数料は100円から200円程度と少額ではありますが、何度も取引を行っているのであれば、どうしても手数料がかさんでしまいます。

特に返済などが長期にわたってしまうと、利息や手数料などでローンのコストがどんどん高くなってきてしまいますので、あらかじめ長期化するとわかっている場合や何度も取引を繰り返す可能性が高いのであればアコムが設置している自社ATMを利用する方がよりお得に取引を行うことができます。

ただし、アコムATMは街中に設置されている場合が多いですので、周囲に利用がばれてしまう可能性があります。

提携ATMを利用すると108~216円の手数料がかかる

コンビニATMであっても金融機関のATMであっても、アコムが自社で設置を行っていない提携ATMの場合、手数料がかかります。

取引金額に応じて手数料が異なり、1万円以下の取引の場合は1回あたり108円、1万1円以上の取引の場合は1回あたり216円です。

この手数料は曜日や時間にかかわらず一律です。

提携ATMの利用手数料は、毎月の返済日に利息と合わせて計算が行われ、返済額から自動的に支払われます。

利用者がその場で支払う必要はありません。他人にカードローンの利用がばれることなく借入や返済ができるのが提携ATMの強みです。

営業時間もATMによって異なる

ATMの種類 営業時間
アコムATM 24時間営業(店舗の営業時間に準ずる)
セブン銀行ATM 毎日0:10~23:50
E-netATM 24時間営業
ローソン銀行ATM 24時間営業
イオン銀行ATM コンビニ・商業施設の営業時間に準ずる
金融機関ATM 設置場所の営業時間に準ずる

アコムATMは年中無休で稼働しており、ATMも多くの場所では24時間営業を行っていますが、場所によっては7時から22時30分、あるいは24時までの営業のATMもあります。

24時間営業のATMでも夜間から早朝にかけてはセキュリティ上扉が施錠され、ドアにカードでロック解除ができる装置が取り付けられており、ローンカードをカードリーダーに通すことでドアが開きます。

コンビニATMはコンビニの営業時間に準じますが、24時間利用できる場所が多いです。

他金融機関ATMも設置場所の営業時間に準じて稼働を行っていますが、メンテナンス時間は利用することができません。

またアコムは毎週月曜の1時から5時まで定期点検を行っているため、自社ATMも提携ATMも利用することができないので注意が必要です。

コンビニATMを利用する際はメンテナンス時間に注意

コンビニATMは基本24時間営業ですが、セブン銀行ATMでは毎日23時50分から翌0時10分と、第4月曜日の0時30分から5時30分まで定期メンテナンスを行っており、

その間は利用できません。E-netATM、ローソンATMは毎日3時から5時の間の15分間がメンテナンス時間にあてられています。

イオン銀行は毎日23時45分から翌0時10分までがメンテナンス時間です。

また、年末年始やゴールデンウィークなどの長期休暇は営業時間が異なる場合や稼働していない場合がありますので、あらかじめ注意が必要です。

愛知県および岐阜県にあるゼロバンクも提携ATMとして利用可能で、メンテナンス時間は毎週日曜の21時から翌7時までと平日及び土曜の23時から翌0時5分までです。

なお、他府県に設置されているゼロバンクは提携ATMではありませんので、借入や返済を行うことはできません。

ATMで借入をする流れ

では、実際にATMで借入を行う際の流れについてご紹介します。

ATMの種類にかかわらず同様の流れで借入を行うことができます。ただし、ATMではローンの申し込みや増額申請、契約内容の変更、カードの再発行手続きを行うことはできませんので、窓口やむじんくんなど別の方法で申請を行う必要があります。

アコムのメンテナンス時間である毎週月曜日の1時から5時までは利用することができませんが、借入の場合楽天銀行に口座を持っていればインターネットキャッシングを通じてお金を借りることができます。

借入を行うためにはローンカードを作成する必要があります。インターネットやむじんくんで申し込み手続きを行うことができます。

審査は最短30分で行えますので、最速で即日のカード発行も可能です。

カードをATMに挿入

アコムカードをカード入口に挿入します。

利用可能時間内であればそのまま取引が始まりますが、カードの故障などにより利用できない場合があります。

カードは磁気カードですので、強い磁気を発する家電やマグネットの近くには置かないようにしましょう。

故障した場合再発行が必要となり、手数料324円がかかります。

また、提携ATMであっても本体にアコムステッカーが貼られていないものは利用できないATMです。

利用できるATMには必ずステッカーが貼られていますので、使用不可能な場合はステッカーの有無を確認しましょう。

希望の取引の中から「ご出金(借入)」を選択

取引内容の一覧が画面上に表示されます。

アコムATMであれば「ご融資」ボタンを、提携ATMであれば「ご出金(借入)」ボタンを押します。

ATMの機種によっては取引内容が次のページにまたがっているものもありますので、注意が必要です。

暗証番号・取引金額を入力

アコムATMの場合は、取引内容の決定の前に暗証番号の入力を行います。

いずれのATMであっても、4ケタの暗証番号を入力後に取引金額を入力します。

借入の最小単位は、アコムATMとセブン銀行のみ1000円単位で行えますが、その他の提携ATMでは1万円単位です。

また、セブン銀行ATMでは1日最大50万円まで、E-netATMとローソン銀行ATMでは1回あたり20万円までの上限金額が設定されています。

ATMの上限を超える高額の取引を行いたい場合などは、窓口などに出向く必要があります。

提携ATMで取引を行うと手数料がかかります。

そのため、1万円の借入の場合は10000円+108円(手数料)で10108円、3万円の場合は30000円+216円で30216円がローンの残高となります。

もちろん端数は手数料ですので、ATMから出てくるお金はそれぞれ1万円と3万円です。

入力内容をチェックして「確認」ボタンを押す

取引内容に間違いがなければ確認ボタンを押します。

金額が異なっている場合は訂正を行い、確認ボタンを押すことで取引が成立します。

アコムATMの場合は確認ボタンではなく円ボタンで確定します。

カードと明細を受け取る

取引が確定するとカードと明細がATMから出てきますので、それをとります。

明細には、取引内容や残高、利用可能な額とともに会員番号などの個人情報や次回の返済日と返済金額が記載されていますのでなくしたり捨てないようにしましょう。

明細を提出してお金を受け取る

カードと明細をとると、入力した金額がATMから出てきますのでそれを受け取ります。お金をとり忘れないように注意しましょう。

ATMで返済をする流れ

次はATMを利用した返済の流れです。アコムは返済もATMで行うことができます。

返済の場合はすべてのATMで1000円単位の取引が可能です。

借入残高が999円以下になった場合の返済方法についても併せてご紹介します。

基本的な流れはどのATMでも同様です。この流れは約定返済という毎月決められた額を返済する場合の流れです。

ATMでも一括返済や繰り上げ返済が可能ですが、一括返済の場合でも基本的には1000円単位ですので999円以下の端数が出る場合があります。

また、返済は実際に処理を行った日を返済日として取り扱われるため、返済期日当日までに手続きが完了していれば期日内に返済ができているとみなされます。

そのため、ATMが稼働してさえいれば、23時59分とぎりぎりであっても遅滞扱いとはなりません。

ですが、余裕をもって返済できるように計画しておきましょう。

希望の取引の中から「ご入金(返済)」を選択

ATMにカードを挿入すると取引が始まります。

画面上に表示されるご返済あるいはご入金(返済)ボタンを押します。

借入時と同様、機種によっては1ページ目に表示されないことがありますので注意が必要です。

暗証番号の入力・入金口座の選択

4ケタの暗証番号を入力後、画面に表示されるカードローンのボタンを押し、入金を行う口座を確定します。

ATMで返済を行う場合は、自分のカードローン口座へ入金という形で返済を行うため、振込手数料がかかることはありません。

お金をATMに入れる

返済するためのお金を入れます。

基本的にATMで返済する場合は紙幣しか受け付けていませんが、三菱UFJ銀行ATMなど一部のATMは小銭での支払いを受け付けています。

その他のATMは紙幣のみの取り扱いとなりますので、返済できるのは1000円単位です。

利息などによって発生した端数はインターネットや振込、店頭窓口に出向いて返済を行う必要があります。

2019年5月現在、999円以下の端数は無利息残高として取り扱いが行われており、利息や手数料が発生せずまた支払期間も設定されていません。

そのため督促が行われることもありませんが、完済するまではアコムとの取引が行われているという扱いとなりますので、解約を考えている方は端数もすべて完済する必要があります。

入金内訳を確認して「確認」ボタンを押す

入金を行うと、残高や支払いのうち元金がいくらか、利息や手数料はいくらかという内訳が表示されますので、間違いがなければ確認ボタンを押します。

提携ATMの場合、10000円の返済であれば、10000円ー108円(手数料)で9892円、30000円であれば29784円が残高から返済されます。

自社ATMであれば手数料がないので、返済額がそのまま残高から返済されます。

明細書とカードを受け取る

取引が終了すれば、明細書とカードが出てきます。

明細書には、取引が行われた日付や取引内容、残高などの金額のほかに会員番号などの個人情報も記載されていますので、忘れずに持ち帰りましょう。

また、次回の返済日、返済額が併記されています。

なるべく自社ATMを使うのがおすすめ

アコムは提携を行っているATMも多く、ほとんどのコンビニATMが対応していますので借入のハードルが低く、出先などでも簡単に借入や返済を行うことができます。

その反面、提携ATMでは少なからず手数料が発生しますので、取引回数が増えるとその分手数料として返済金をより多く支払う必要があります。

アコムは自社ATMの多くが24時間手数料なしで利用可能です。

また、アコムATMの利点は1000円単位での借入が可能な点も挙げられます。

たとえば2万5千円が必要な場合、多くの提携ATMでは3万円借入をする必要があるため、3万円に利息が発生します。

しかし、自社ATMであれば2万5千円ぴったり借入することができるため、余分な利息が発生しません。

ですので、緊急を要さない場合や1000円単位のお金が必要な場合、取引回数が多くなり手数料が心配な場合は可能な限りアコムATMを利用することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする